2019年4月23日 (火)

桐の花さん、ありがとう

1rqtwloyr82i4jkbxtc5a_r

ストロベリーカフェのすぐそばには桐の木があります。ちょうど満開。美しい紫色の花を咲かせていました。昨年も、私たちを待っていてくれたかのように、ちょうどケルト・セミナーのとき、咲きました。

桐は、東洋の聖なる樹です。シンボルは「高貴」。日本では女の子の成長を見守る木ですね。この日、風の杜への行き帰り、皆さんを見守ってくれていたようでした。

桐さん、ありがとう✨




| | コメント (0)

2019.4.20セミナー報告「吉見の森のおはなし会 古代ケルト聖なる樹の教え」第3回

Vtxqsc8yqswbbchzpolqaw_r_1

【ケルト・セミナーの報告】
★日時:2019年420()
★テーマ:光の半年
★キーワード:ドルイドの薬草学
★主催:カフェ「ストロベリー・フィールズ」(埼玉県比企郡吉見町)

I46mu8avrceei8encwb4dq_r

こんにちは!
420日(土)、拙著『古代ケルト聖なる樹の教え』(実業之日本社刊)をテーマにしたセミナーを行いましたので、報告します。

Av5fqhbitvi9fl0nogqt8w

数年前、カフェ・ストロベリー・フィールズのKaoru.Nさん(料理探究人)から声をかけていただいて、スタートしたこのセミナーも第3回目。年2回、10年続けよう!と目標を立ててている私たち。今回は第1回目から参加してくださっているMさんがお友達をたくさん連れてきてくださって、新しい方もいらして、前回の倍の人数でお迎えすることになり、嬉しい叫び声をあげつつ、2人で準備を進めました。

陽ざしが美しい季節の始まり。ケルトの暦でいうと「光の半年(5月1日~1030日)」のためのヒントをちりばめて、みなさまと楽しい1日を過ごしました。くわしい内容は参加してくださったみなさまとのヒミツ♪ 写真とともに少しだけご紹介します。

K5bodyvqvamdnpoezckdw_r
セミナーの始まりは森の中で。カフェから歩いて15分くらいのところに「風の杜(もり)という名前の素敵な森があります。風の音しかしない。ふわ~っと包み込むような風が吹いてきて、時々、小鳥の鳴き声。あ、うぐいす。喧騒から離れて、木々の声に耳を傾けるひととき。。。

58049047_344639152690701_868710720916475

森の中で、自然とたわむれるボディワーク。1本の大きな木になったつもりで。左がKaoruさん。photo by Y.S.



Cvchbvzqps0rskyv3xm_q_r-2

風の杜から散歩しながら、カフェに戻ってきて、ほっとひと息。サンザシの実のシロップを出しました。

このケルト・セミナーでは毎回1つ、とくに注目してほしい、ケルトの聖なる樹を紹介して、実際に料理やデザートでいただきます。今日は光の半年の始まりを象徴する「サンザシ(ハーブ名/ホーソン)」です。サンザシの実はKaoruさんのお庭から採ったもの。

サンザシを味わいながら、ケルトの聖職者ドルイドが大切にしていたとされる薬草・薬木について話しました。

おまちかねのケルティック・ランチタイム。ケルトの人たちが食べていたかもしれない食材を使ったり、ケルト文化や神話・伝説からのインスピレーションで、料理探究人のKaoruさんが創作しました。

35obmpq0sxgp6qeltv7k1q_r
Gnleewtwtgsgpyqfpmrxig_r
前菜「雪解けサラダの光降るジュレ」

Q0stabiqfa8reyzihqakg_r
メインディッシュ「森の使者のパイ包み~薬草の香りとともに~」

Mfy2un7hrmskbyqjac0thg_r
デザート「妖精のおうち ベリーの庭」&サンザシの花のお茶。

Kg8mbjywshenvhlbzpubma_r-2

そして、午後はみなさまに生まれた月日別「シンボルツリー」からのメッセージをお伝えしました。お1人お1人に伝える前に話したことがあります。
「シンボルツリーのメッセージはすべてが聖なる木々の知恵であり、大切なメッセージ。他人事と思わないで、みなさまへの言葉として受け止めてください」

あのとき、同じ空間にいた皆さま、心に響いた言葉をこれからの半年、毎日の生活で生かしていただけたら嬉しいです。

C2jrgqp4tgmsalste4llnq_r 

最後は皆さまに感想を言っていただきました。その1つ1つの言葉が私の心に深く深く、残りました。

皆さま、ありがとうございました。

次回は10月以降、「闇の半年(11月1日~4月30日)」を迎えるためのセミナーを行います。

みなさま、また秋にお目にかかりましょう。

 



| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

2019.2.16報告「江戸川区・語り部カフェ」で講演しました

Img_8379_r

【被爆樹木に関する講演の報告】

第11回「江戸川・原爆語り部カフェ」

日時:216() 14 時〜15 30
所:レストラン伊太利庵(江戸川区中葛西)


月1度、江戸川区のレストランで開催されている、被爆体験を聴く会に呼んでいただきました。主催は光文社の編集者、K.Murataさん。「原爆の話をもっと聞きたいと思っても、聞く場がないのが現状です。ちゃぶ台を囲む感じで、当時の話を聞いてみませんか?」という呼びかけのもと、20184月にスタートした江戸川区・語り部カフェ。第1部では被爆証言、第2部では原爆について知るミニ講座という2部構成。私は後半30分、「被爆樹木」について話す機会をいただきました。

東京近県で話をすると、「被爆樹木」を知っている人は約3040人のうち1人か2人、全くご存じない方や原爆に関心のない方も多いので、「被爆樹木とは何か?」を話す前に、「原爆とは何か、どんな状況になったのか、放射線を浴びるとどうなるのか」などを話してから木々の話にいきますが、今回は前半で伝承者の方が丁寧に話してくださったので、被爆樹木の話に進みました。代表的な広島城のユーカリ、長崎・山王神社のクスノキの被爆直後と現在の写真をご覧いただき、最も伝えたい「その木の下で何が起こったのか!?」これは木が立つ場所の被爆当時を描いた原爆の絵を用いながら、また、木の所有者である被爆者の方々から聴いた体験を伝えました

「あの焼け野原で芽が出たんだ、すごいね」だけではすまされない、熱線や爆風で傷ついた「被爆樹木」の姿から伝えるべきことを、私は語れたのだろうか?いつも悩みますが、何人かの参加者からエールをいただきました。小学校教諭の男性には「子どもたちにどう戦争・原爆を伝えるか迷ってばかりです。木をテーマに被爆体験を語るのは子どもたちに伝わりやすいかもしれない」と背中を押す言葉をいただきました。

私の前に話されたのは、戦争体験の伝承者、Iさん。いつもの語り部カフェでは被爆者が自ら被爆証言されるのですが、今回は若い女性、Iさんが平田忠道さん(1930 年生まれ・広島で被爆)の被爆体験を語られました。「伝承者」は原爆を経験していません。体験者から話を聞き取り、話し方や朗読技術などの研修を受けて、被爆者の被爆体験を話します。Iさんは国立市が立ち上げた「くにたち原爆・戦争体験伝承者育成プロジェクト」で勉強をなさった方。

戦争、原爆を知らない私たちがどう伝承し、発信していくのか、参考になりました。

語り部カフェのあと、歩いて3分ほどの公園へ、江戸川原爆犠牲者追悼碑にみなさんとお参りしました。ここには被爆アオギリ2世が立っているのです。このアオギリについてはまたの機会に報告します。

主催のMurataさんは『カウンターの向こうの86日』をつくられた編集者さん。著者は広島のバー、スワロウテイルで毎月6日、「被爆体験者の証言の会(語り部の会)」を続けられた冨恵洋次郎さん。この本の出版前に、肺がんにより37歳で亡くなられました。スワロウテイルでの語り部の会は今も続き、Murataさんは東京で、冨恵さんの意思を継ぐように語り部カフェを始められたのです。これからも毎月、葛西駅から徒歩5分のイタリアンで続けられます。私もまた聴きに行きたいと思います。

 

Img_1423_r

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.2.19ラジオ出演「ブック・アンソロジー〈もっと素敵にマイライフ〉」第20回パンジー

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』(説話社刊)から季節の花を紹介しています。 

2月は、「パンジー」です。

シンボルは「愛と希望」。そして、「恋の魔法」。

別名はなんと「Kiss me!」。バレンタイン・デーにふさわしい花なんです。シンボルの由来となったエピソードが世界中にあります。その1つ、愛のキューピッドの物語をギリシャ神話から・・・続きはラジオでどうぞ。


◎番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。

第20回 2019年2月19日(火)放送予定



 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

2019.1.22ラジオ出演「ブック・アンソロジー<もっと素敵にマイライフ>」第19回ウメ

【ラジオ出演のお知らせ】

毎月1度、季節の花についてのおしゃべり。2019年の始まり、1月は「梅」をご紹介します。

松竹梅の梅。お正月にかざる、おめでたい花の代表ですね。まだ寒い時期にいち早く、花を咲かせるため、春を告げる花。

ウメのシンボルは「五福」。"5つの幸福をもたらす花"とされています。それは、長寿、富、無病息災、徳を得ること、天命を全うすること。

今年1年、自分にとって、5つの幸福とは何だろう?と考えながら、ウメの花を飾ってみてはいかがでしょうか・・・続きはラジオでどうぞ。

◎番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。

第18回 2019年1月22日(火)放送
https://www.youtube.com/watch?v=sI6phdaWVQQ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

2019.1.12トークイベント報告「北欧神話を紡ぐ」with仙波るいさん

2019112p1010397_r

【トークイベントの報告】

「仙波るい個展 紡戯ごと~北欧神話を紡ぐ」トークイベント
日時:2019112(土)15:00~

場所:
CASEギャラリー(代々木八幡or代々木公園駅)

1月、アーティストの仙波るいさんと行ったトークイベント、とても楽しい会になりました。

「北欧神話」をテーマにつくられたテキスタイル・アート。るいさんの作品に描かれた女神さまや動物たちの物語を11つご紹介しながらお話ししました。

2019112p1010445_r

写真は、宇宙樹ユグドラシルの枝に、神話に登場する動物たちがのっかっているのですが、どのコにも神秘的な物語があります。食べても食べても蘇るヤギ、馬より早く走る黄金のイノシシ、躊躇する者という名のシカ。指さしているのは、女神フレイヤのネコetc.

Img_1169_r

それから、人間の寿命を決める運命の女神さま等々。

布に絵を描き、染め、さらに、糸をさすという、果てしない工程を経て作られたるいさんの作品は、あたたかで、やさしくて、なんてかわいい世界。「北欧神話」といえば、漫画『進撃の巨人』やゲームなど、神さまVS巨人のようなバトル世界というか、戦闘のイメージが強いけれど、じつはこんなにほのぼの、かわいい世界もあるんです。北欧の自然の色や空気感、北欧の幸福感もちゃんと表現してくださったことが本当に嬉しかったです。

2019112p1010399_r

なんといっても、私が知りたかったのは、どうして、「糸をさす」という表現を選んだの?ということ。「糸」でひと針、ひと針・・・。

質問すると、るいさん、ご自身のアートの始まりや制作過程のことなど、丁寧にお話ししてくださいました。同じ緑色の糸でも濃い緑、淡い緑と色味を変えたり、同じ色でも、糸の太い細い、さす本数を変えて表現しているという制作秘話には感動しちゃいました。パッと見ただけではわかりません。トークのあと、目を近づけて、じーっと見つめる人が続出!

2019112p1010407_r

布の絵本も素敵でした。北欧神話は時系列に並んでなくて、さまざまな物語が集まって、1つの神話になっているのですが、エピソードの1つ「雷神トールの妻シブが丸坊主にされる事件」が、かわいい、かわいいアートになっていました。物語の中でいちばん印象に残ったから、選んだそう。

上の写真は、ノルウェーのオスロ市庁舎前にある北欧神話の木彫り壁画。雷神トールが空を駆けるようすが彫られています。皆さまに、旅したときの写真を見せながら、トールがどんな神さまなのかを話しました。

「ほかにも、いろんな物語が絵本にできるよね、第2弾、第3弾が楽しみね!」とトークは締めくくられました。

蘇るヤギの話とか、若返りのリンゴをもつ女神イズンの話とか、トールが巨人にだまされる話とか、、、。

新しい楽しみが生まれた時間。

2019112p1010435_r_3

るいさん、いらしてくださった皆さま、ありがとうございました

いい1日でした。

主催のCASEギャラリーYukawaさん、ありがとうございました。


2019112p1010400_1_r

2019112p1010458_r
※写真はるいさんのだんな様の撮影です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木)

2018.5水墨画作品の展示報告inチェコ・ノヴァフラディ城

Img_5637_r

今年、嬉しかったことの1つ。

墨で描いた彼岸花、作品名「Lycolis(彼岸花)」が、ベラ・チャスラフスカさんを追悼して行われた「日本を愛してくれてありがとう展」に展示されました。チャスラフスカさんは、1964年の東京オリンピックの金メダリスト、チェコスロバキアの体操選手です。

◎展覧会:ベラ・チャスラフスカさん追悼「日本を愛してくれてありがとう展」
◎作品名「Lycoris(彼岸花)」(写真の左側)
◎会場:ノヴァフラディ城(リトミシェル)
◎会期:2018510日~31
◎主催:ベラ・チャフラスカ基金会
※写真協力:AIACC国際書道文化発展協議会

チャスラフスカさんってどんな人?出会いは? 詳しくは杉原梨江子オフィシャルサイトを読んでください。

http://rieko-sugihara.com/information/2018510-31Suibokuga%20inVera_Lycoris.html

Img_8239_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

2018.12.14「北欧神話」に初めて触れる方のために

【北欧神話のアート】

まもなくCASEギャラリーにて、仙波るいさんの個展「紡戯ごと~北欧神話を紡ぐ」が始まります。

「北欧神話を紡ぐ」と冠された作品展。

神話に登場する神さまや女神さま、動物たちが、美しい色とりどりの糸で、ひと針ひと針、描かれています。布の上で遊んでいます。。。

どんな神さまたちに会えるのか、今から楽しみです。

仙波さんの作品で初めて「北欧神話」に触れるという方々のために、北欧神話入門、ちょこっとお伝えします。

★「北欧神話」とは?
「北欧神話」はスウェーデン、ノルウェ―、デンマークなどスカンジナビア半島で語り継がれてきた神話です。天地創造から最終戦争ラグナロク、世界滅亡までが壮大な物語。

主人公は、最高神オーディン、雷神トール、富と豊穣の神フレイなど、実際に、古代北欧で崇拝されていた神さまたちです。余談ですが、ノルウェーのオスロに「フレイヤ」という名のおいしいチョコレート屋さんがありますが、これは愛の女神フレイヤからとられています。

神々はいたって人間臭く、キャラクターのおもしろさからゲームや漫画のネタに使われていることで有名ですね。最近では漫画『進撃の巨人』『ワンピース』、トールキンの『指輪物語』『ホビット』、古くはワーグナーのオペラ『ニーベルングの指環』まで、様々なエンターテインメントになっています。

「北欧神話」の世界観を象徴する存在は、天と地とを支える大きな1本の木「宇宙樹ユグドラシル」です。「世界樹」といったほうがなじみ深いかもしれません。

個展の案内状に描かれた女神さまはこのユグドラシルに毎朝水をまく運命の女神ノルンでしょうか。トネリコともイチイともいわれる、この木の周りで、神々VS巨人の戦い、人間たちの物語は繰り広げられます。木にはリス、シカ、目の間に鷹をのせたワシ、竜などが棲んでいます。動物たちは個性的で、1匹ずつ紹介したいところですが、それはまた作品を見てからにしましょう。

そうそう、楽しみな作品の1つ、布の絵本には、雷神トールの奥さんシヴをおそったハプニングが描かれています。こちらもまた紹介したいと思います。

★「仙波るい個展 紡戯ごと~北欧神話を紡ぐ」20181214(金)~113()まで。場所:CASEギャラリー(最寄り駅・代々木八幡or代々木公園駅約10)
http://case1823.blogspot.com/2018/12/case-gallery.html 

北欧神話をもっと知りたい方におススメの本

杉原梨江子著『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』(幻冬舎)『いちばんわかりやすい北欧神話』『古代北欧ルーン占い』(ともに実業之日本社)『ゲーム制作者のための北欧神話事典』(翔泳社)etc.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.14仙波るいさん個展「紡戯ごと~北欧神話を紡ぐ」に協力しました

Img_6700_2_r
オーディンの奥様、女神フリッグ(ノルウェー・オスロ市庁舎前の木彫り壁画 2013撮影)

【北欧神話のアート】

「女神ノルンの爪に描かれたルーン文字は何ですか?」

と質問されたのは9月半ば。CASEギャラリーの湯川さんから、作家さんが「北欧神話」をテーマに作品をつくるためにお話を聴かせてほしいと言われて、お目にかかりました。テキスタイル・アーティストの仙波るいさん。

北欧神話のエピソードを教えて!どんな動物が出てくるの? 神さまの服装は? 冒頭の超マニアックなことまで、ビジュアル化するにあたって、質問いろいろ。思いがけない問いかけに答えるの、楽しかったなあ。

仙波さんの独特の感性によって、北欧神話がどんなふうにアレンジされているか、とても楽しみです。

どの神さまが出てくるのかな?
動物はリスのラタトスク?
カラスのフギンとムニン?
オオカミのフェンリル?
宇宙樹の枝にとまるシカ?
あれから着々と作品をつくられてきました。

そして出来上がった
「北欧神話」を描いた、布と糸のアート。北欧神話に登場するノルン(運命の女神)や神さま、動物たちが布に染められて、さらに絵に糸を刺していくという技法でつくられています。この絵のてんてんはじつは針で糸を刺したものなんですよ!ちくちくちくちく、、、不器用な私にはとても想像のできない、丁寧な手仕事です。

今日12月14日(金)から個展がCASEギャラリー(代々木八幡)で開催されます。


★「仙波るい個展 紡戯ごと~北欧神話を紡ぐ」
20181214(金)~113()まで。
場所:CASEギャラリー(最寄り駅・代々木八幡or代々木公園駅約10)
 
↓詳しくはCASEさんのホームページをご覧ください
http://case1823.blogspot.com/2018/12/case-gallery.html 


丁寧でやさしい、心のこもった作品の数々。布と糸によって現代に蘇った、北欧神話の神さまたちに会いに来てください
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

2018.12.18ラジオ出演「ブック・アンソロジー」第18回クリスマスローズ

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

12月は「クリスマスローズ」についてお話しします。

ちょうど今、12月から3月頃まで咲く「クリスマスローズ」。花びらがとても薄くて、透き通るような白や紫色が神秘的な花ですね。この花のシンボルは「慈悲」。アダムとイブの物語がシンボルの由来です。クリスマスローズは、天国の庭園で最初に咲いた花と言われているんですよ・・・。続きはラジオでどうぞ。


◎番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
◎放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。
第17回 2018年12月20日(火)放送
https://www.youtube.com/watch?v=NufM7zWuGS0&t=42s

★クリスマスローズ(キンポウゲ科・常緑多年草)
学名:Helleborus niger
シンボル:慈悲、純粋、救済
裏シンボル:死、中傷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2018.12.1【報告】吉見の森のおはなし会「古代ケルト 聖なる樹の教え2~闇の半年のために」