2017年3月16日 (木)

公式サイト聖樹巡礼 「東根の大ケヤキ(山形県) 」

S1_img_0001

公式サイトの「聖樹巡礼~日本ご神木巡礼」に、
大きな大きなケヤキの木をアップしましたheart04

樹齢約1500年以上! 
東根の大ケヤキ(山形県) 

➡こちらからご覧ください。
http://rieko-sugihara.com/photo_essay/j_tree/akita/20170316Keyaki_zelkova_in_akita.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式サイト「木に咲く花の文様」を更新しました

Simg_4864_2fuji

杉原梨江子オフィシャルサイトのカテゴリーの1つ
「木に咲く花のもよう-藤の花」を更新しました。

花のいのちを身にまとう幸せについて書いています。京都・祇園の友禅作家、齋藤富蔵さん(故人)の思い出とともにconfident

S_2

◎樹種:フジ(マメ科)落葉高木
◎学名:Wisteria floribunda
◎シンボル:男女の絆、長寿


こちらから、「藤の花」の写真をクリックしてください。

➡ http://rieko-sugihara.com/tree_flower/wistera/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

2017.3.1連載エッセイ「ハーブ・樹木の伝承と神話4」

1f30144fbf024c5ba30fe4faf5ba94e9_r

日本メディカルハーブ協会・会報誌 『MEDICAL HERB39』2017Spring号に掲載されました。
 
「 ハーブ・樹木の伝承と神話」
第4回「ダンディライオン(セイヨウタンポポ)」

Img_3903_r

学名:Taraxacum officinale 
キク科・多年草
シンボル:太陽、治癒、笑顔、悲しみ

ハーブや樹木の神話や伝承を調べているとあることに気づきます。薬効が優れたハーブほど伝説の数が多いということです。タンポポもその一つ。世界各地の伝統医学で自然薬として使われてきたこのハーブ。単なる物語ではなく、薬として信頼されてきた歴史を感じさせる伝説がさまざまに残っています。世界の伝説からさまざまに紹介しながら、古代から伝わる薬草の魔法と、科学的に証明された薬効との接点を探ります。

★詳細・お問合せはこちらから
➡ 日本メディカルハーブ協会ホーム―ぺージ 

Fd6f1fa5619e4b8ebc425b2fd20654ed_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

大月市立図書館長さんと「被爆樹」講演会の打合せ

Img_0470_r
ブルーアイスなど、針葉樹の花束をいただきました。おうちの木を伐ってheart04


3月7日。夏、ヒロシマの木についての講演会の打ち合わせ。

山梨県大月市立図書館の館長、仁科幸子さんからお話をいただきました。

仁科さんは絵本作家さんでもあります。木や花、森の動物たちをテーマにした絵本をたくさん出版されています。

木が好き、森が好き、精霊の話もしたりして、ケルト、古代の文字・・・共通の話題がたくさんあって、話がつきなくて、講演会のお話は最後の最後、ランチタイムも終わるころに少しだけ(笑)。

いちばん聞いてみたかったこと。おはなしはどんなふうに生まれるの? 絵が先? 物語が先? 

そして、話してくださった、絵本の中の一つのお話が生まれるエピソードは神秘的で、仁科さんの世界にぐいぐい引き込まれていきました。

木や花が心の救いになってくれること、生きる力をくれること、自然の声に耳を澄ますこと、子供たちに伝えたいねって、心が通い合うひととき。

久しぶりに、初めて会った人に緊張しないで、ほっと安心して、心優しくなって、過ごせた幸せな時間でした。

夏、山梨県大月市立図書館で、子供たちに向けて「原爆からよみがえったヒロシマの木」のお話をする予定です。

写真の花束と絵本は仁科さんからの贈り物。ありがとうございますhappy01


Img_0463_r_2
サイン入りの絵本『なんにも しない いちにち』もいただきました。主人公のハリネズミと、彼の親友ヤマネもいっしょshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

大震災を生き延びたツバキ

Img_0380_r_2

ツバキの木の下で、南三陸町・歌津で出会った男の子と、いっぱい遊びました。

とても、とても、楽しかったhappy01

この辺りは津波ですべてが流された地域です。

だから、この木は津波を生き延びた木。

赤い花が上の方に咲いているよって、教えてくれました。

あの日から、まもなく、6年。

ツバキは、震災の年に生まれた男の子の秘密基地になっています。

Img_0440_r_2









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

南三陸・歌津 整体ボランティアに来ています

20170109_144939_r

昨日3月3日、南三陸・歌津にきました。整体師のS先生がこの地で診療所を開くお手伝い、ふたたび。漁師さんの作業所をお借りしてスタートする診療所。大工仕事が得意なS先生、ベッドも床も、トイレ&その扉など、み〜んな手づくりで、着々と室内が整ってきています。私は、おそうじ、おそうじ。

今日、私のいちばん大事な仕事は看板の位置確認。診療所の名前を書くという重要な仕事をまかせていただきましたhappy02

墨で、 「歌津しんせい接骨院」と書きます。がんばります!

今は、往診にくっついて、ある女性のおうちに来ています。

東日本大震災、発生当時、この辺りは孤立し、支援物資も届かず、住民の皆さんが自力で命をつなぐ復興への道をつくられた地域。避難所から仮説住宅に移行する前後、S先生がボランティアの手が足りない地域を探していて出会い、現在まで活動を続けてこられ、診療所づくりへとつながりました。当初、この辺りを一緒に車でぐるぐる回ったことを思い出しています。

当時はちっちゃな赤ちゃんだった男の子。今は、あそぼ、あそぼっと寄ってくる、抱きつく、背中に登ってくる‼︎  来年は小学1年生です。私も復興への階段を一緒に歩いている気持ちですconfident

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

2月22日大田区雪谷小学校でゲスト・ティーチャー

20170222_090707_r

今日、大田区雪谷小学校の6年生、3クラスのみなさんに、「原爆からよみがえったヒロシマの木-被爆樹」について話してきました。

司書のMさんに声をかけていただき、実現しました。

国語の授業で「平和のとりでを築く」という大牟田稔さんの文章を勉強したみなさんの「発展授業」として呼んでいただいたのです。

小学校の授業で、先生ではない人がお話する場合、<ゲスト・ティーチャー>と言うそうです。

今回、私がみなさんに伝えたかった、いちばんのテーマは「ひと」の思い。

被爆した木のそばで、何が起こったか?

木のそばで生きてきた人がどんな思いをしたか?

焼け野原jから蘇った木があるんだって~、へえ。それだけで終わってほしくない。

だから、被爆者の方々から聴いた被爆体験も伝えながら、被爆樹を紹介しました。

下写真の右は、広島市の地図に紹介した木を記したもの。

20170222_084859_r

☆紹介した木々

被爆樹を知っていますか?

・原爆投下から2か月後に芽吹いたアサガオ
・広島城のユーカリ
・山王神社のクスノキ(福山雅治さんの歌『クスノキ』のモデル)
・広島市役所の被爆サクラ
・安楽寺のイチョウ

被爆樹の特ちょう
ヤケド

・広島城、堀北端のクスノキ
・縮景園のイチョウ
ウロ
・宝勝
院のツバキ
・鶴見橋のシダレヤナギ
傷あとがない
・原爆ドームからすぐのシダレヤナギ
爆心地のほうへ傾いている
・山陽文徳殿のソメイヨシノ
爆心地の反対側の枝や根が生育旺盛
・市営住宅のクスノキ
木を守る人、伝える人がいる
・本きょう寺のボタン

そして、戦火から生き延びた木は広島、長崎だけではありませんと、紹介しました。

「東京大空襲を乗り越えた大田区の木」
・新田神社のケヤキ(樹齢700年以上)
・磐田神社のイチョウ

「東日本大震災を生き延びた木」
・南三陸の太郎坊杉
・陸前高田の天神大杉

1本でも、子供たちの心に残るといいなあと思います。

最後に、ご家族、お友達に伝えてくださいとお願いしました。被爆樹のことは、大人も、子供も、日本中のほとんどの人が知りません。だから、今日、被爆樹を知ったみなさん1人1人から、発信してくださいと。

「被爆樹って、知っている?」

今日、じっくりと聴いてくださったみなさま、ありがとうございましたhappy01

20170222_122727_r

日程:2月22日(水)
時間:9時35分~10時20分・・・6年2組
    10時40分~11時25分・・・6年3組
    11時30分~12時45分・・・6年1組
場所:大田区立雪谷小学校の図書室

嬉しいことに、6年3組のみなさんと給食をご一緒に!6年生のみなさんから、再び質問があったり、ワイワイ楽しくおしゃべりをしているのを聴いたり。とっても楽しかったheart04


20170222_123149_r

ごちそうさまでしたrestaurant








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

東日本大震災 整体ボランティアの今


20170109_121352_r

南三陸の海。

【東日本大震災ボランティア報告】

2月18(土)~19日(日)にかけて、南三陸に行ってきました。

群馬県前橋市を拠点とする「しんせい接骨院」のS先生が、南三陸で診療所を開かれるというので、部屋づくり、おそうじなど、お手伝いにhappy01

診療所は、漁師のSさんのご好意で借りられることになったそうです。ここ↓
20170109_135507_r

震災直後から整体&マッサージのボランティアで福島に入り、やがては南三陸・歌津町で行ってきた、S先生。

S先生をリーダーに、約30名で活動してきた整体ボランティアグループ「チーム天真」。6年目を迎えようとする2017年、形を変えて活動を続けていくのですね。。。。

S先生のリーダーシップはすごかった。

大玉村(福島)の仮設住宅で、月2回の「健康体操&整体ボランティア」。毎回3~4名を引き連れて、仮設のみなさんとお茶飲み会も楽しみました。
Ssp1000934_2 Ssp1000928
大玉村での健康体操


南三陸・歌津では、約2か月に1度ペースの整体。S先生ほぼ1人で!

あ、私も、整体しました。マッサージもしましたhappy02 当たり前ですが、プロにはかないません。そう、「チーム天真」って、整体師、エステティシャンなど、体を扱うプロがそろっていたんですよね。だから、みんな、うまい!私はプロのようにはいきませんが、おばあちゃんたちの手をとると、「手があったか~い。手を握っててくれるだけで気持ちいい」って、すやすや眠られたことが今でも忘れられません。

「それでいいんですよ」と言ってくれたS先生の言葉もconfident

_r

だから、そのご恩返しというか、南三陸までくっついて、私にできること、させていただいています。役に立ってるのかどうか・・・coldsweats01

2月18日、わかめ漁がスタートしたばかり。小屋の外では、めかぶの作業をなさっていました。雪がちらつくなかです。

20170219_092255_r_2

今週末はいよいよ「歌津 しんせい接骨院」がスタートします。

保険診療、腕がよくて、やさしい整体師 S先生がお待ちしています。

南三陸・歌津地域に住んでいらっしゃる方、南三陸にお仕事に行かれる方。体調が不安なとき、体がしんどいとき、ぜひいらしてください。

くわしい住所などは、また報告しますheart04

20170109_120924_r_2
「ここまで津波がきました」という表示。


Simg_6548

初めて、S先生と南三陸を訪れたときの歌津の海。この美しい夕焼けを今でも覚えています。この海が多くの人の命を奪ったことも忘れてはいけないことです。















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

『花のシンボル事典』初夏出版予定

Img_1658_r_3

ここしばらく、向き合ってきた「花」たちの神話、伝説、古代文明の神秘……。

昨日、編集者Sさんに最終原稿を渡して、少しほっとしたところです。

この企画を出版社に持ち込んだのは2013年、出版までに長い時間がかかってしまいました。

やっと、やっと、1冊の本という形になります。

ずっと「木」を見つめてきた私に、花たちがささやいてくれたからでしょうか。

「花」に目をとめ、心を向けて、書き始めました。

タイトルは、『花のシンボル事典』 (説話社より)。

内容は、古代エジプト、古代ギリシャ・ローマなどの花の誕生伝説や神話、古代文明におけるシンボル、歴史上の人物の花のエピソードなど、古代から現代まで受け継がれる「花のシンボル」を集めた事典。

バラ、ユリ、スミレなど身近な花から、日本ではなじみがなくても、世界では聖なる花とされるギンバイカ、クサノオウなどまで、約220種類の花を紹介しますheart04

初夏5月頃、出版予定です。

少し先ですが、お楽しみに待っていてくださいネhappy01

 







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

TOKYO聖樹巡礼1「都立図書館前のイチョウ」

20170130_123803_r_3

TOKYO聖樹巡礼 1 】
「都立中央図書館前のイチョウ」

▼樹種:イチョウ(イチョウ科)落葉高木 
▼学名:Ginkgo biloba
 
▼シンボル:長寿、生命力 
▼所在地:東京都都立中央図書館の前

大好きな木に久しぶりに会いに行きました。都立図書館前に立つ、大きなイチョウの木。巨樹が好きな人には、こんな小さな木じゃつまんないってことになるのでしょうが、私のお気に入りの木。

天然記念物に指定されるような「巨樹」じゃなくても、ご利益をうたう「ご神木」でなくても、すばらしい木は世の中にたくさんあるのですhappy01

このイチョウもその1本。堂々とした幹。美しい樹冠は宇宙の法則を守ったように、正確に、枝々が広がっています。(落葉樹の枝のデザインは、人間の肺の血管の形とそっくりなのです。海のサンゴもね)。秋には黄金色に染まり、それはそれは美しい。

何よりも、この木を好きなのは、苦しむ人をあたたかく迎えてくれるからです。

10年以上前のことですが、この木に会いに通ったなあ。泣きに……。ちょうど裏側にまわると、幹は女性1人のカラダがすっぽりと隠れるくらいの太さがあって、誰にも見つからずに、この木の下にずっといられるのです。

イチョウの下に立っていると、自然と涙があふれてきました。ほろほろ、ほろほろ、いくらでも流れてきます。木は、静かに、静かに、私の涙を受けとめてくれました。いつまでも、いつまでも。

あなたも……
悲しいとき、誰にも言えない迷いがあるとき、自分を信じられなくなったとき、このイチョウに会いに行ってみてください。きっと、あなたの心に、いのちの灯をともしてくれると思います。

新しい時を刻む、小さな種を心に蒔いてくれると思いますconfident


当時、つくった詩があります。


樹木よ
目に見える悲しみ
目に見えない悲しみ

目に見える苦しみ
目に見えない苦しみ

根っこの果てまで
人とわかち合うのはむずかしい

けれど、だれの人生にも
悲しみや苦しみはあって
樹木は目に見えない
痛みも受けとめてくれる



原点に戻ろう。2016年の終わりに思ったことでした。

「木はひとの魂を救ってくれる」―そのことを伝えたいと思って、「木」のことを書き始めたことを。

本の木のなかに、多くの人の人生がつまっています。

今日、紹介したイチョウはTOKYOの歴史を見つめてきた木です。この地域に生きる人々の暮らしを見てきたのです。それぞれの土地でともに生きてきた、「ひとの心」と「木のこころ」のふれあいを書いていきたいと思います。私たち人間よりも遥かに長い歳月を生きる、木が見てきたものを。

ここ数年は故郷ヒロシマの被爆樹(Atomic Bomved Trees)を中心に巡ってきました。

2017年、日本全国の、人とともに生きる木々と、出会う旅を再スタートします。

地域に根ざした、木々の声を聴く旅へ。

美しい木、びっくりするほど大きな木、不思議な形の木、精霊や妖怪のウワサがある木、歴史的な謂れのある木ナドナド。

何よりも、私と木との心がふっと通い合えた瞬間のことをお話ししたいと思います。

あなたの街にも訪ねるかもしれません。そのときは、素敵な「木」のことを教えてください。

20170130_123915_r


今、執筆中の本のため、昨日はこの図書館にこもっていました。久しぶりに来たら、カフェもあって、過ごしやすくなっていましたheart04


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«花のいのちを身にまとう幸せ