« 対馬の旅 1.声の奉納 | トップページ | 対馬の旅 3.海の音が響きわたる海神神社 »

2009年6月29日 (月)

対馬の旅 2.豊玉姫の森に立つご神木

Rimg3012toyotama_3  

 

 

 

対馬、和多都美神社の本宮の奥には豊玉姫の墳碑があります。

そこに向かって、声を放ったわけですが、墳碑に着くまでは柔らかな光が降り注ぐ森でした。

森には、とても背の高い、大きな樹木がそこかしこに立っていて、紙垂(しで)がつけられたご神木もありました。写真は、本宮と墳碑とのちょうど中間あたりに立っていたご神木。

そして、豊玉姫が眠る石碑のそばには、もっと大きな樹木がそびえていました。

不思議だったのは、根っこが地面の下に完全に隠れていなくて、まるで何本もの足を持っているような姿をして、大地の上に伸びていたことです。

夜になったら、歩き出しているのかもしれない・・・。そんな幻想を抱いてしまう、生命力の強さを感じました。

豊玉姫の眠る場所に立つ、あまりにも神々しいご神木でした。

|

« 対馬の旅 1.声の奉納 | トップページ | 対馬の旅 3.海の音が響きわたる海神神社 »

ご神木」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/30325969

この記事へのトラックバック一覧です: 対馬の旅 2.豊玉姫の森に立つご神木:

« 対馬の旅 1.声の奉納 | トップページ | 対馬の旅 3.海の音が響きわたる海神神社 »