« 図書館前のイチョウ | トップページ | 対馬の旅 5.樹木の中で眠る »

2009年7月 2日 (木)

対馬の旅 4.青白く光る、琴の大イチョウ

Rimg3186_9071

上対馬にある琴の大イチョウ。  

琴と書いて「きん」と読みます。

幹に空洞ができている、不思議なイチョウ。

1798年(寛政10年)の落雷で幹に空洞ができ、さらに1950年の台風で主木が折れ、現在のような形になったようです。

思い出すと、落雷の後らしい黒焦げがいくつもありました。黒焦げの跡はところどころがなぜか、青白く光っていて、そこだけ何か別の生き物が生息しているような妖艶さを放っていました。

樹齢はなんと1500年。日本最古のイチョウともいわれています。(事実は今のところ、わかりません)

おじいさんだと思いますが(おばあさんかもしれない)、その荒々しい、というかダイナミックというか、生命エネルギーみなぎる姿に圧倒されました。

葉っぱの緑も生き生きとして美しく、まだまだ長生きしそうです。

もしかしたら、今この世に生きている私たちよりも永く・・・。

Rimg3155_9071_2 私は空洞のなかに入ったっきり、ずっとずーっと遊んでいました。

Rimg3198_0971 ●琴の大イチョウ

樹高40m、幹周り12.5

推定樹齢1500年 県指定天然記念物

住所/長崎県上対馬町琴

|

« 図書館前のイチョウ | トップページ | 対馬の旅 5.樹木の中で眠る »

ご神木」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/30365362

この記事へのトラックバック一覧です: 対馬の旅 4.青白く光る、琴の大イチョウ:

« 図書館前のイチョウ | トップページ | 対馬の旅 5.樹木の中で眠る »