« 対馬の旅 6. 大楠の上でお昼寝 | トップページ | 皆既日食 »

2009年7月22日 (水)

対馬の旅 7.樹木の中から外界を覗く

Rimg3372_ana

 

 

 

光岡八幡宮の大きなクスノキは、根っこがむき出しになっていて、何本もの足が大地をしっかりとつかんでいます。

初めて、その樹木の前に立ったとき、私はその根っこの中に入ってみたくなりました。

頭で考えるより先に、私の足はそこに向かっていたのです。

写真は根っこの中から撮りました。

樹木の中から覗いた外の光は、神々しい。

私はそのクスノキの胎内にいるような感覚になりました。現実の世界に旅立つ直前の胎児のように。

ごつごつとして少し痛い樹肌と、冷たい土の感触と

樹木の匂いと土の匂いと、光岡八幡宮を流れる風の匂いが溶け込んで、

遠い遠い、樹木が生まれた時代へと還っていくようでした。あるいは、私が生まれる前の魂へ。

それほど優しい、優しい、包み込むようなあたたかさを漂わせるクスノキでした。Rimg3379_anakara1

|

« 対馬の旅 6. 大楠の上でお昼寝 | トップページ | 皆既日食 »

ご神木」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/30647813

この記事へのトラックバック一覧です: 対馬の旅 7.樹木の中から外界を覗く:

« 対馬の旅 6. 大楠の上でお昼寝 | トップページ | 皆既日食 »