« 初めての収穫 | トップページ | のぞく犬 »

2009年7月17日 (金)

盆栽のニュース

715日付の新聞に、「盆栽5鉢 7200万円分枯れる」の記事が載っていました。

来春に開館する予定だった大宮盆栽美術館のために、さいたま市が買った盆栽がいくつか枯れてしまったのだそうです。

しかも、誰かが薬品をかけるなどした可能性が大きいんだって。ひどいです。

樹齢100年~350年のクロマツやモミジ。葉が真っ茶色になった写真は痛々しい。

今年のゴールデンウィークに行った盆栽町の人々を思い出します。

今頃、どんなに心痛めていらっしゃることでしょう。

鉢の中の木々は、それぞれがひとつの宇宙をつくり出すように、巨樹の姿をして堂々と立っていました。

大切に、大切に、育てられていた樹木たちが、人の悪意によって、あっという間に死んでしまうなんて。

今、この世に生きている人がほとんどいない時代から生きていた樹木。

その魂は今、どこを彷徨っているでしょうか。

威風堂々たる、鉢の中の巨樹のいのち。蘇るものなら、蘇ってほしいです。

|

« 初めての収穫 | トップページ | のぞく犬 »

News ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/30580248

この記事へのトラックバック一覧です: 盆栽のニュース:

« 初めての収穫 | トップページ | のぞく犬 »