« 古代ケルト 聖なる樹の香水づくり | トップページ | 12月12日 聖なる樹の香水づくり »

2009年11月23日 (月)

カッパドキアに行きました。

Rimg3920_1123

岩がどろりと溶けてかたまったような

とんがり形の岩、キノコの形の岩、ソフトクリームみたいな岩。

かつて、ここに人が棲んでいました。

昔、カッパドキアは古代文明時代の核戦争の傷跡だという話を読んで、

いつか必ず行きたいと思っていたのです。

「ついに、来てしまった・・・・・・」

アリの巣のように複雑な地下都市。キノコ岩の洞窟に描かれたマリア様やキリストの姿。

現代の歴史では、キリスト教徒が迫害を受けてつくった地下都市といわれていますが、

遥か遠い昔、今の地球人ではない、

別の誰かがつくったものを利用しただけではないか?という思いが満ちてきました。

かつて栄えた、高度文明の名残りかもしれません・・・。

|

« 古代ケルト 聖なる樹の香水づくり | トップページ | 12月12日 聖なる樹の香水づくり »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/32330187

この記事へのトラックバック一覧です: カッパドキアに行きました。:

« 古代ケルト 聖なる樹の香水づくり | トップページ | 12月12日 聖なる樹の香水づくり »