« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

今日、出会った樹木~紅葉してる多肉植物~

Img_1377_kouyoutaniku

多肉植物たちも、紅葉しています。

自由自在に伸びて、アートな感じが気に入っているの。

友達が撮ってくれた写真です。

今年も、素敵な出会いがたくさんありました。

思わず微笑んでしまう出来事も、いろいろ思い出します。

あなたにとって、2009年はどんな年でしたか?

2010年が、光降り注ぐ一年になりますように・・・。

みなさま、よいお年をお迎えください。

明日からちょっと旅に出るので、ブログは少しお休みします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

今日、出会った樹木~イチゴの紅葉~

Rimg3983_ichigo_murasaki

イチゴが紅葉してる!?

家で育てているワイルドストロベリーが、こんなに真っ赤に紅葉しました。

イチゴって、葉っぱが赤く染まるんですね。初めて見ました。しかも、私の大切に育ててるイチゴで。

上の写真は、朝6時くらい。冷たい風がささやく時間に撮りました。下の写真は太陽の陽射しが強くなり始めた、朝10時くらい。

光でこんなに、紅葉の色は違って見えることにも感動。

寒さに当たれば当たるほど、初夏、甘いイチゴを実らせてくれるそうです。今から、とても楽しみ。

そうそう、イチゴだけじゃなくて、セロームもマザーリーフもクラッスラもハカラメも、みんなみんな、紅葉して、私のベランダは今、“真っかっか”です。

Rimg3985_syuiro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

今日、出会った樹木~灯り並木~

Rimg3969akarinokki

この季節は、美しい光に彩られた木々がたくさん見られますね。

灯り並木・・・・・・今日も歩きました。

童話の世界に迷いこんだようで、いつまでも散歩していたくなります。

寒いから、つい建物の中に引っ込んでしまうのだけど。

下の写真は、ちょっと遅いけど、クリスマス・リース。

お花好きの大家さんが今年のクリスマスのために、12月初めから、エントランスに飾ってくれていました。

やっと、うまく撮れたので、載せました。

Riis

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

今日、出会った樹木~クラッスラの根元~

Rimg3962_katabami 

ここは一体、どこでしょう?

まるでジャングルみたいに、鉢はカタバミでいっぱいになっていました。

クラッスラの鉢なのに・・・。

ときどき行く図書館で会いました。

Rimg3964_kurassura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

今日、出会った樹木~都心のオリーブ~

Merry Christmas!

と、書きかけて、今日はもう26日だと気づきました。

クリスマスの25日、恵比寿ガーデンプレイスの風景。

ここには、大きなオリーブの樹木がいくつも立っています。

オリーブが立つ位置から撮りました。

バカラのシャンデリアの前には人、人、人。きっと多くは、男と女との組み合わせ。

幸せがいっぱいのクリスマスの空間をオリーブの木々が見下ろしていました。

銀色がかって、不思議に光る緑の葉をゆらして。

イスラムの神話に、「オリーブの葉の一枚一枚に、聖なる言葉が書かれている」とあります。

一人ひとりの人生に、聖なる言葉が降り注いだかもしれませんRimg3959olive091225_toshin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

小鳥さん、安らかに

今日、出会った小鳥。

電話ボックスのガラスにぶつかって、倒れてました。

目を閉じて、静かに、でも、羽根はふわふわ。

大きな木の根元に、埋めてあげました。

おやすみなさい、小鳥さん。

明日朝、太陽が昇る頃、天からお迎えがやってくるでしょう。Rimg3956_kotori_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

静岡県鷹匠でケルトのセミナーを行います

静岡県の鷹匠という町でセミナーを行うことになりました。

10月末、日本メディカルハーブ協会で研究発表をしたときに、出会った一人の女性から声をかけてもらいました。昨日はその打合せ。

彼女Kさんは、私の本『古代ケルト 聖なる樹の教え』を書店で見かけて、読んでくださっていて、その日も持っていてくださったのです。

Kさんから、鷹匠に住んでいるアロマセラピストSさんへと、お話が伝わり、この度声をかけていただきました。

全く知らなかった人と、一冊の本がつなぐご縁。大切にしたいと思いました。

絵本とおもちゃのお店「百町森」さんで行う予定です。

最近、木の絵本や森の童話が気になって、いろいろ集めていたところだったので、その偶然にびっくり。

鳩時計や木でできた手回しオルゴールなども売ってるそう。絵本屋さんのそばには、ケルトの雑貨屋さんとか、苔玉屋さんとか、いろいろ可愛いお店がいっぱい。

今から楽しみです。どんな人たちと出会えるでしょう。

「古代ケルトの聖なる樹」セミナーは、2010年3月22日(月曜祝日)です。詳しいことが決まったら、お知らせしますね。Rimg0911_akaimi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

胡蝶蘭の妖精

今、3月に出版する本のために、花の写真を集めています。

何年も前に撮ったものから最近のものまで、膨大なファイルを開いて、眺めているのです。

そんな中で、不思議な写真が出てきました。

かたつむり?Rimg0564_1219

いいえ、これは胡蝶蘭。

花芯をアップで撮ったものです。

花は動物みたいな顔をしていたり、虫みたいだったり、人間のパーツに似ていたり、いろいろ・・・・・・。

生物って、おもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

今日、出逢った樹木~フィレンツェのクリスマス・ツリー~

今日は高校時代の恩師と再会しました。

何年ぶりでしょう。

お元気そうで、はつらつとしていらして、幸せな気持ちになりました。

高校時代はほとんど話をしなかったのに、まるでとても仲良しの先生だったみたいにお話しできて、とても楽しいひとときでした。

先生が暮らしたヨーロッパのお話が出て、私も旅した国が懐かしくなって、写真をひっぱり出しました。

そして、見つけた、フィレンツェのウフィツィ美術館にほど近い広場のクリスマスツリー。

メリーゴーランドの中に飾ってありました。Fh000007mirano_tree

聖なるモミの木に感謝しながら、素敵な再会を思い出しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

今日、出逢った樹木~私のバオバブくん~

200806051baobabu0912_2私のバオバブくん。

今日、うっかり蹴飛ばして、土をひっくり返してしまいました。ごめんなさい。

写真は3年前くらい。うちに来て、半年経っても芽が出なくて、心配していたら、出てきて、嬉しかったころ。

それが! 今ではこ~んなに大きくなりました。Rimg0390noppobaobab_2

右は今年の10月くらい。最初は高さ7~8センチくらいだったのに、今は30センチはあるかなあ。

寒くなって、葉っぱを落として、今は茎だけで棒みたいです。だから、鉢が不安定なの・・・蹴飛ばした言い訳。

元気でいてね。大切な、大切な、バオバブくん。

遠い国からやってきた、私の宝物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

今日、出逢った樹木~光のクリスマスツリー~

今日は一日ずっと原稿執筆。家を一歩も出ませんでした。

だから、本当は一本の樹木にも出逢ってないの。

何日か前に、青く光る樹木と同じ場所で撮ったもの。

緑色にライトアップされた、光のクリスマスツリー。

人工的ですけれど、いたるところに光るツリーを飾って、

この季節にこの場所を訪れた、お客様を楽しませたいと願う心が、素敵・・・だと思います。200912111914001midori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

昨日、出逢った樹木~ヤドリギの花束~

2009121218560yadirigi_miniヤドリギは、古代ケルトの人々にとって、最も神聖な樹木。万能薬としても、崇拝していました。

冬、落葉樹の枝に寄生して、緑色のまんまるい玉をいくつもつけます。

まるで、木々の妖精たちが家をつくっているような可愛いヤドリギ。

だから、このたびのワークショップにいらしてくださった方に、見てほしくなって、用意しました。

ヤドリギをメインに、愛のリンゴ、金を呼ぶ松ぼっくり、赤い情熱のサンキライ、冬も緑を絶やさないヒバ、そして、アボリジニの聖なる樹ユーカリ。

目黒にある和花屋「花坊主」の店長佐藤さんに、「自然のヤドリギのように、丸いアレンジメントを」とお願いしました。

まるで、木の枝から刈り取ってきたみたいに、素敵になりました。

★花坊主 

目黒区鷹番1-4-9

  http://hanabouzu.exblog.jp/

200912121144hanabouzu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

「古代ケルト 聖なる樹の香水づくり」が終わりました

今日、松戸にあるヒーリングスタジオ「真南風マーパイ」でのワークショップが無事に終わりました。

いらしてくださった皆さま、ありがとうございました。

古代ケルトの<シンボルツリー・サイクル>に登場する21の聖なる樹の中から、これからの寒い季節に輝きを増す3つの針葉樹をメインに、香水&香油づくりをしました。

・マツ(パイン)―「勝利の炎」

・イトスギ(サイプレス)―「魂の復活」

・モミ(スプルース)―「魂の戦士」

聖なる樹に彩りを添える果実とハーブの香り、ローズマリー、ベルガモット、マンダリン、オレンジもご用意し、ご自身のブレンディングを楽しんでいただきました。

出来上がった後は、お互いに香りをかいでもらって、それぞれのブレンドの違いにびっくりしたり、感激したり。

同じ針葉樹でも、3つの香りは全然違うし、イギリス生まれの精油とフィンランド生まれの精油ではまた違ったり。

最後に、ご自分でつくられた聖なる香りに浸りながらの瞑想・・・ケルトの森の世界を楽しんでいただけたのではないかしら?と思います。

香水づくりは季節ごとに、これからも行っていく予定です。皆さま、どうぞ、楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日、出逢った樹木~青く光る樹~

青く光っていました。

ひと枝ひと枝に透明なブルーの灯りがともされて。

雨の夕暮れ、樹木の下を傘をさした人々が駆け足で帰って行きます。

品川のホテルの中庭に立っていた、青く光る樹木。

このあたりは毎年、クリスマスシーズンになると照明が美しい。

いつもブルーやグリーン、シルバーなど寒色の光が中心です。

赤やオレンジを見かけることはあまりありません。

クールな大人のクリスマス。

あなたは今年、誰とクリスマスを迎えますか?200912111911000ao

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

今日、出逢った樹木~光降るイチョウ~

今日、出逢った樹木です。

クリスマス前の光り輝く樹木。

たまご色に染まったイチョウの葉っぱがあんまりキラキラ輝いているので、嬉しくなりました。

電飾の光よりも、葉っぱたちのほうがずっと、幸せそうに揺れて、光っていたのです。2009gardenplace1210_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

船井メディア『Just』で私の声を聴いてください

船井メディア『Just12月号の「ワクワク幸運塾」に掲載していただきました。

インタビューを受けたCDがついています。私が古代ケルトの聖なる樹たちからメッセージを得るまでのこと、21のシンボルツリーについて、樹木という生命が見せてくれた奇跡について、話しました。

あなたの耳に、私の声が、どんなふうに届くかな・・・? ぜひ、聴いてみてください。

★雑誌名:貴方の人生に運とツキを運ぶ CD・カセットマガジン月刊『Just12月号

★掲載記事:「ワクワク幸運塾」第33回“古代ケルトから伝わる 21の聖なる樹の言葉”

★出版社・購入申込み:船井メディア TEL0120-271-374 http://www.funaimedia.com/just/Rimg0475_124

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

灯りの樹~ウィーンのクリスマス~

Dh000078_akarinokki  

 

 

クリスマスの季節がやってきましたね。

かつて訪れたウィーン、市庁舎前のクリスマス・イルミネーション。

落葉樹に灯りの飾りがともされています。りんご、サンタクロース、靴下・・・。

この木の下をホットワインを飲みながら、歩いた記憶が蘇ります。

今、東京・六本木の国立新美術館で「ハプスブルク展」を行っていますね。

王宮で見た、赤い壁の中の堂々たるエリザベート皇妃の肖像画を思い出します。

寝室の広いベッド、食卓に飾られた美しい銀器の数々はもちろん、中国製の陶器でできたタイルの壁に花が一面描かれたオリエンタルな一室は忘れられません。

こんな遠くに、東洋の美が飾られているなんて。しかも、部屋中に・・・。

古代ケルトの遺産にも、興味を抱いたエリザベート皇妃。

世界はつながっていることを名家の秘宝が教えてくれる。日本ではどんな展示がなされているのでしょうか。行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »