« 昨日、出会った花~蘭!蘭!蘭!~ | トップページ | Konohana特別セミナー「古代ケルト 聖なる樹の教え」 »

2010年2月15日 (月)

パフィオペデイラムは“貴女”という女かもしれない

Rimg0050pafi_2

パフィオペデイラム、再び。

いっしょに世界らん展に行った友人に、「パフィオペデイラムが好きだなんて、女性では珍しいね」と言われました。

「男性は夢中になる人が多いけれど」と。

それを聞いて、思わず納得してしまいました。

やっぱり、男の人は「どうしようもなく女が好きなんだなあ」って。

女、そう、パフィオペデイラムは、どうしようもなく女のかたちに似ているから。

妖艶で、危なげで、色香を漂わせて、存在するひとりの女に。

パフィオペデイラムを見るたびに思うのです。

女は、こんな生き物でなくては。

エロティックでありながら、純粋無垢に、天の神様が与えてくれたかたちのままに、存在する女として。

美しく見せようとか、色っぽく感じてもらいたいとか、エゴイスティックな自信過剰は一切なく、

ただ、ひたすら、愛する男の前にいるだけで幸せで、したたり落ちてくるあなたという女で。

そんなあなたでいられるならば、

もしも、男が離れていこうとしようが、男のまわりに何人の女性がいようが

パフィオペデイラムのように堂々と、

愛する男の人生に、決して枯れない、あなたの花を咲かせ続けることができるのです。

パフィオペデイラムは、あなたの“内なる女”を目覚めさせる一輪です。Rimg0017_pafio_syuugou_2

|

« 昨日、出会った花~蘭!蘭!蘭!~ | トップページ | Konohana特別セミナー「古代ケルト 聖なる樹の教え」 »

Message メッセージ」カテゴリの記事

今日、出会った花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/33379450

この記事へのトラックバック一覧です: パフィオペデイラムは“貴女”という女かもしれない:

« 昨日、出会った花~蘭!蘭!蘭!~ | トップページ | Konohana特別セミナー「古代ケルト 聖なる樹の教え」 »