« 今日、出会った樹木~姫りんごの芽~ | トップページ | 今日、出会った樹木~桜とヒマラヤ杉 »

2010年4月 7日 (水)

歌をうたう人とキジムナー

Dh000011gajumaru_tatuki

3月の終わり、歌をうたう人と出会いました。 “音”を仕事にする人というのは、天とつながる力を持っている人なのではないかと思います。モーツァルトが宇宙に漂う音を拾って、すばらしい音楽を作曲したように。

そして、歌をうたう人は、言霊(ことだま)を音にのせて、響かせて、自然の精霊たちと共鳴して、魂を天まで届けてくれる人。“歌をつくって、歌をうたう”人と出会えたことに感謝しています。

感謝・・・そうなのです。その女性から、驚くような写真を見せてもらいました。ガジュマルの樹木に宿るキジムナーの姿です。

キジムナーって、知っていますか?沖縄やバリ島で、神なる樹と呼ばれるガジュマルに宿っている精霊です。背がちいさくて、赤い体をしていて、いたずらっこ。その姿が映っていたのです。

「本当に赤いね!」と思わず言ってしまうくらい、ホントにホントに、小さくて赤いキジムナーが!! おじいさんのような、少年のような・・・ガジュマルの枝に座っているように見えました。彼女が指差したところに、ちょこーんと。

一緒にごはんを食べたみんなでその写真をのぞきこむと、そのまわりにも、いる! こっちの枝にも、そっちの枝にも。小さなキジムナーたち。

ガジュマルは私の魂の恩人。いつも声をかけてくれるガジュマル、いつも抱き締めてくれるガジュマル、いつも救いの手を差し伸べてくれるガジュマル。でも、精霊の姿を写真に撮ったことはありませんでした。

歌をうたう人に、ありがとう。

そのとき、精霊や妖精の世界について、話したことがあります。私がいつも思っていることですが、「精霊や妖精たちは、異世界にいるのではない。私たちと同じ時空の中で生きている」ということ。

けれど、それをほとんどの人は感じることができない。まして、姿を見ることも、声を聴くこともできない。でも、精霊たちは私たちのそばにいつもいて、話しかけたり、いたずらしたり、導いてくれたり・・・。精霊たちとふと、心通い合うときがあって、そのとき、人の目に映り、写真にも写ってくれることがあるんですよね。

上写真は、私が沖縄で出会ったガジュマルの樹木。その頃、体をこわしていた私の細胞の一つ一つをふるわせて、ガジュマルの命の力を与えてくださった、神の樹木ガジュマルです。下写真は、枝にそなえつけられていた鳥の巣。鳥も、キジムナーとお話したかしら。

Dh000005torinosu

|

« 今日、出会った樹木~姫りんごの芽~ | トップページ | 今日、出会った樹木~桜とヒマラヤ杉 »

ご神木」カテゴリの記事

精霊・妖精」カテゴリの記事

コメント

ガジュマルにキジムナー!あ~沖縄に行きたいっ!

投稿: eri | 2010年4月10日 (土) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/34112053

この記事へのトラックバック一覧です: 歌をうたう人とキジムナー:

« 今日、出会った樹木~姫りんごの芽~ | トップページ | 今日、出会った樹木~桜とヒマラヤ杉 »