« 昨日、出会った花~バラのエロス~ | トップページ | 嬉しい再会~イチゴのカクテルと松葉~ »

2010年5月16日 (日)

オーロラダンス

Photo

先日、相川七瀬さんにお誘いいただいて、池袋のプラネタリウムでオーロラを見てきました。

オーロラの写真を撮り続けていらっしゃる中垣哲也さんの映像に、相川さんの語りが入ります。アラスカの星空から始まり、オーロラの世界へと移っていきました。それは、とてもとても美しかったです。

オーロラって、思いのほか、“白い”って知っていました?

その白さが、霞(かすみ)のような光の粒子が集まって、白い光が天から降ってくるように、ゆらめていました。

終わった後、中垣さんに、「白い光が降り注いでいるようでした」と話しかけると、「今日見ていただいたのが、本物のオーロラに近いものです」と。写真などでよく見る、緑色や赤い色になるのは特殊な超高感度カメラで写すためだそう。

オーロラですごいのは、“オーロラ爆発”という現象ということも聞きました。光が爆発したかのように、激しく、熱く夜空を焦がし、それはもう、恐ろしいほどだといいます。

それを見た古(いにしえ)の人々は、世紀末がきたと感じ、天変地異の前触れ、悪いことの前兆ではないか、と恐れおののいたそうです。

美しいだけでは終わらないオーロラの魔力をほんの少し感じたように思いました。

オーロラを囲むのは、すっくと立つイトスギの影。天を貫くかのようなイトスギがプラネタリウムの夜空いっぱい360度に広がったのです。

オーロラが光るときも、光らないときも、何事もないかのように、極寒のアラスカに立ち続けるイトスギは、魂の復活を約束してくれる聖なる樹木です。

そうそう、一番驚いたのは中沢さんが写真家としての活動を本格的に始められたのはたった3年前だということ。それまでは放射線技師として三十年近く働いていらしてからの展開。病院に勤めながら、アラスカやカナダ極北に写真を撮りに行き続けて、現在があるのだそうです。

“好き”を続けていれば、夢は叶うことも教えてくれる、ひとときでした。オーロラの夜空と素敵な出会いを、相川さん、ありがとう!

上の本:「オーロラダンス~オーロラに包まれて」(相川七瀬著・中垣哲也写真 小学館)下の本:「オーロラアース~奇跡の地球に輝いて」(中垣哲也著 オーロラダンス出版)41xl8datxl__sl500_aa300_

|

« 昨日、出会った花~バラのエロス~ | トップページ | 嬉しい再会~イチゴのカクテルと松葉~ »

芸術」カテゴリの記事

コメント

糸杉たちは 空を指さし
まだ見ぬ未来 教えているの

Glorious はじめて出会ったきみの瞳に
All my previous 哀しすぎる二人の

運命の道しるべが 蒼い闇照らしてた

群れにはぐれた トナカイのように
鈴を鳴らして 愛を探した

永い時の涯てへ 今夜帰ってゆこう

ポーラースター浮かぶ天空
船に乗って 飛んでゆけば
二人が来た星まですぐ


投稿: TWINSTAR | 2010年12月15日 (水) 05時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/34726228

この記事へのトラックバック一覧です: オーロラダンス:

« 昨日、出会った花~バラのエロス~ | トップページ | 嬉しい再会~イチゴのカクテルと松葉~ »