« セミが生まれた穴  | トップページ | 再生の樹~広島平和公園のハマユウ~ »

2010年8月14日 (土)

再生の樹~白神社のクスノキ in HIROSHIMA~

Sricho10882_225

被爆した木々から芽が出たとき、多くの人が喜び、「私もがんばって生きよう」と勇気をいただいたと語り継がれてきました。

だから、このクスノキが立つ白神社に行ったとき、芽が出たときの様子を知りたいと思い、神主さんにたずねてみました。すると、

「そんなもん、見た人なんかおらんけえ、わからん! だあれも、生きとるもんがおらんようになったんじゃけえ」と、大きな声で言われました。

ハッとし、愚かなことを聞いたものだと自分が恥ずかしくなりました。

「誰もいなくなった・・・」

だから、「芽が出たところを見た人は一人もいない」

それが、原爆の現実。

時が経ち、やがて、このクスノキは原爆で幹もほとんどなくなった状態から、根元のほうから新しい芽が出てきて、ここまでの大きさになったと、あとで資料で知りました。

★被爆樹A-Bombed treeクスノキクスノキ科・常緑高木)場所:広島県中区中町 白神社境内(爆心地から490メートルSricho10882_227

|

« セミが生まれた穴  | トップページ | 再生の樹~広島平和公園のハマユウ~ »

Message メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/36153868

この記事へのトラックバック一覧です: 再生の樹~白神社のクスノキ in HIROSHIMA~:

« セミが生まれた穴  | トップページ | 再生の樹~広島平和公園のハマユウ~ »