« 悲しいときに会いに行く樹木 | トップページ | この世の邪悪からあなたの魂を守るために »

2010年10月25日 (月)

誰もが一本の樹木を抱いて生まれてくる

S4rimg0326

たったひとりでいても、私がしっかりと立っていられたのは、大きな樹木が私を支えてくれていたからです。

いつも、天にそびえる大樹とともに、生きてきたからです。

私たち人間よりも遥かに長い歳月を生きる樹木の生命エネルギーが私の魂を救い、肉体に活力を与えてきました。

この樹木の力を多くの人に伝えたい……と思っていたら、神様が願いを叶えてくれました。それが、私と「古代ケルト聖なる樹の暦」との出会いです。

“誰もが、一本の樹木を抱いて生まれてくる”

古代ケルトに伝わる、聖なる樹木の伝説について、昨年8月、本を出しました。『古代ケルト 聖なる樹の教え』(実業之日本社刊)Photo

生まれた月日によって、あなたの人生を守護する樹木が存在すること。

ケルトの人々が聖なる樹木とした21の守護樹<シンボルツリー>があなたの肉体と魂と心とを支えているという事実。

樹木の性質は人間の性質と同調し、樹木の神秘の力をあなたは生まれたときから身につけているということ。

人は、いつもいつも元気でいられるわけではありません。けれど、体がつらいときも、心が叫んでいるときも、絶望してしまうときも、“生きていたい”と願う、いのち輝く存在なのです。

そしてこれから、私があなたに伝えたいのは北欧の<宇宙樹>についてです。

私たちが生きるこの宇宙を支えている大きな大きな樹木。“生命の樹”とか“いのちの樹”とか“家族の樹”と呼んでもいいでしょう。

北欧神話では、人間が生まれる前にいた人々(巨人族)の叡智が宇宙樹に描かれていると伝えています。

その樹木の知恵が、古代文字ルーンとなって、蘇りました。愛のルーン、富のルーン、勝利のルーン……。

一つ一つの文字に神が宿り、この世の邪悪から、あなたを守ります。

あなた自身が、樹木の生命力を秘めた文字神とつながり、神秘の力を手に入れる方法を伝授いたします。

◎船井メディア主催「杉原梨江子の古代北欧ルーン★文字に宿る神々講座」1123日(火・祝)第一部11時~14時、第二部1530分~1830分 会場:東京・中目黒レンタルスペース・さくら(目黒川沿い)詳細・お申し込みhttp://www.semi271.com/rune/

 

→東京・日比谷公園にあるルーン石碑。本物はスウェーデンにあります。Srimg0002

|

« 悲しいときに会いに行く樹木 | トップページ | この世の邪悪からあなたの魂を守るために »

Celts ケルト」カテゴリの記事

Message メッセージ」カテゴリの記事

News ニュース」カテゴリの記事

Rune ルーン文字」カテゴリの記事

Seminar セミナー・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/37378039

この記事へのトラックバック一覧です: 誰もが一本の樹木を抱いて生まれてくる:

« 悲しいときに会いに行く樹木 | トップページ | この世の邪悪からあなたの魂を守るために »