« 杉原梨江子の聲(こえ)第6回 叙事詩『RUNENルーン』 | トップページ | カッパドキアのご神木~目玉の木~ »

2010年12月 7日 (火)

香りの魔法・・・黄金の媚薬 サフラン

Srimg0004

香水を天然香料だけで創ることができるって、知っていますか?

この日、私が最初に創りたいなと思ったのは、スズランの香り。

スズランって、じつは毒草…。

可愛いらしい姿に、毒を秘めた香りに心惹かれてしまうのです。

そう、あの有名なクリスチャン・ディオールの『ディオリッシモ』。これも天然香料だけで創れてしまうのですよ。

ローズウッド、イランイラン、ジャスミンといったアロマ好きにはポピュラーな精油を使って。そして、スズランの精油を少し。

教えてくださったのは、アロマ&ハーバルセラピストの関野朋子さん。

とても美しい方です。

香りの相談をいろいろしながら、最終的には朋子さんから、私に似合いそう…と勧めていただいた、ラルチザン パフュームの『SAFRAN TROUBLAN サフラン トルブラン』を創りました。

サフランの花ことばは“快楽”。

「サフランとバニラの官能的なブレンドです。ラストに香るバラとサンダルウッドがミステリアスに香ります」と朋子さん。

あたたかく、女らしく、妖艶すぎないスパイシーな香り。身にまとうと、サフランは女性の体をあたためてもくれるのですよ。

天然精油を一滴一滴、無水エタノールの中に少しずつ加えていきました。

精油の種類によっては、竹串の先にちょびっとだけつけるという微妙な量を、ドキドキしながら入れました。

レシピどおりに精油をひと通り入れたあとで、バニラをほんの少しプラスして、私だけの『サフラン トルブラン』ができました。

とても気にいっています。

創ってから3日くらい経つのだけど、ニュアンスが少し変わってきたみたい。

市販の香水は一定した香りだけれど、時が経つにつれて、香りが徐々に変化していくのも、天然香料ならではの楽しみですね。

朋子さんとは、この春、静岡での「古代ケルト聖なる樹の教え」セミナーを主催してくださって以来のおつき合い。

久しぶりにお会いして、朋子さんには香水創りを教えていただき、

私からは、ルーン・セッション。とても幸せな時間を過ごしたのでした。

嬉しい再会に、ありがとう。

★香水教室のお問合せ:関野朋子さん主宰のKonohanaナチュラルセラピースクール(静岡市鷹匠)http://homepage1.nifty.com/konohana/

|

« 杉原梨江子の聲(こえ)第6回 叙事詩『RUNENルーン』 | トップページ | カッパドキアのご神木~目玉の木~ »

香り・アロマ」カテゴリの記事

コメント

天然香料だけの香水・・・素敵ですね☆
私はエッセンシャルオイルを香水代わりに使っていますが、自分のオリジナルが作れたら素敵ですね。
静岡ですか・・・でも、チャンスを見つけて是非私も作ってみたいです。

投稿: りりあん | 2010年12月 9日 (木) 22時20分

りりあん様
東京でも月1~2回、香水教室をなさっていますよ。問い合わせてみてはいかがでしょう?
「こんな香りがほしい、この花の香水をつくってみたい」といったお願いも大丈夫。
りりあんさんだけの香水、きっと素敵だと思います。

投稿: 梨江子 | 2010年12月10日 (金) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/37987019

この記事へのトラックバック一覧です: 香りの魔法・・・黄金の媚薬 サフラン:

« 杉原梨江子の聲(こえ)第6回 叙事詩『RUNENルーン』 | トップページ | カッパドキアのご神木~目玉の木~ »