« 『女殺油地獄』を観に行きました | トップページ | 魔除けの花もよう~つばき~ »

2011年2月18日 (金)

「ミスティ」3月号に掲載されました―魔除けの花もよう

Sdh000098   

いつもお伝えしているように、花や樹木は“人を幸せにする力”を秘めています。

日本女性はその花や樹木の魔力を身にまとうということを自然に行ってきました。

着物に描かれる植物文様はまさに、吉祥の意味をもつものばかり。

愛の魔除け効果が高いのは、梅、椿、牡丹。

対人関係の魔除け効果が高いのは、菖蒲、百合、桐。

こうした草花の絵を身につけることで、幸せと繁栄、魔除けの力を得られるのです。

着物を着るのはちょっと難しい…というあなたのために、「魔除けの花もようの護符」を作りました。

花もようの護符を持っていると、草花のもつ幸運エネルギーがあなたの肉体にしみこみます。

草花の日本古来の意味を知ることで、内面からの知的な美しさもまとえます。

外見的な美しさだけでなく、気品と優雅さとを放つ女性、幸せをつかむ女性に変身してください。

★『ミスティ』3月号(実業之日本社刊)に特集「魔除けのお守り 花もよう」が掲載しています。切り取れば、そのまま使える、花の護符(カード)つきです。Smisty1103_cover

上写真:蘭はエロスの力を高めます。春蘭が描かれた、織りの名古屋帯。

|

« 『女殺油地獄』を観に行きました | トップページ | 魔除けの花もよう~つばき~ »

きもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/38913599

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミスティ」3月号に掲載されました―魔除けの花もよう:

« 『女殺油地獄』を観に行きました | トップページ | 魔除けの花もよう~つばき~ »