« 朝日カルチャーセンター「ルーン占い講座」 開講 | トップページ | 原爆から蘇った木~ヤナギ in Hiroshima »

2011年10月 7日 (金)

10月29日「古代北欧のルーン占い講座」開講します

S2010_0903_154238rimg0006

贈り物のルーン、果実のルーン、富のルーン……。一つ一つの文字が呪力を持つという、北欧の古代文字「ルーン」。

古代北欧の人々は、ルーン文字を木片や石に刻んで、願いを叶える護符にしたり、いくつかのルーン石をランダムに引いて、未来を予言する道具にしました。

「ルーン」とは、古ノルド語で“秘密”“囁き”という意味で、人間が問いかければ、正しい答えを語りかけてくれるといわれていました。

ただし現代人にとって、ルーン占いは難解で、解読しづらいとされ、ルーン石を手に入れたものの、挫折した人も多いのではないでしょうか。

この講座では、ルーン文字の意味を一つ一つわかりやすく、バックボーンとなる北欧神話とともに語っていきます。

24のルーン文字を刻んだ石と、何も刻まれていない石の25個で占う方法を紹介。

初めてルーン占いと出会う人にも読み解きやすいように、1個で占う簡単なものから、数個を使う高度なものまで解説します。

※お持ちの方はルーン石をご用意ください。お持ちでない方にはご自身で作成する方法を伝授します。

「古代北欧のルーン占い講座」開講(全5回)

●場所:朝日カルチャーセンター湘南教室 藤沢市藤沢438-1藤沢ルミネプラザ9F ●日時:10/29,11/5,11/19,12/3,12/17(いずれも土曜日、18時~1930分)●受講料:会員14,700円 一般17,850円(ともに5回分)●問合せ:朝日カルチャーセンターTEL 0466-24-2255 

Srimg0012

 

 

 

|

« 朝日カルチャーセンター「ルーン占い講座」 開講 | トップページ | 原爆から蘇った木~ヤナギ in Hiroshima »

News ニュース」カテゴリの記事

Rune ルーン文字」カテゴリの記事

Seminar セミナー・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/42340486

この記事へのトラックバック一覧です: 10月29日「古代北欧のルーン占い講座」開講します:

« 朝日カルチャーセンター「ルーン占い講座」 開講 | トップページ | 原爆から蘇った木~ヤナギ in Hiroshima »