« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月28日 (月)

日比谷公園のイチョウとベンチ

Simg_6782_2

久しぶりに日比谷公園の首かけイチョウに会いました。

目の前にあるベンチに座って眺めるのがベストポイントです。

男の子がひとり、イチョウの前で手を広げています。

手のひらを上に向けて、パワーをもらっているような格好・・・。

私もいつも行っていることですが、ハタから冷静にみると、やっぱりちょっと・・・すてきではない情景ですね。

とくにここはレストランの前。ふつうの人々がふつうにランチを楽しんでいるところで、木のパワー・チャージはちょっとイケない感じがしました。

森の中に行きましょう。森では思いっきり木と交信できます。

神宿る木と響き合うことは、木の写真を眺めながら原稿を書いていてもできます。ベランダの鉢植えたちともできます。

あさっては、小淵沢の森へトリップしてきます。楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

金環日食、見た?

金環日食、見なかった。

5月21日朝、世の中が熱狂している頃、私はご神木の原稿を書いていました。

ちょっと前に目が真っ赤になって、病院に行ったら、目がとっても傷ついているっていわれて、すっかりへこんで、「金環日食は見ない」ことに決めてしまっていたのでした。

ああ、でも、前に見られたのは平安時代のことだって、ニュースで聞いて知って、

平安時代の人と同じ体験をすればよかったなんて、今頃くやんでる私です。

大好きなことしてたから、ま、いいか。

その時、向き合っていたご神木はシイノキさんです。樹齢700年、宮城県の称名寺に立っています。

Simg_4424

Simg_4436_2

大きな大きな樹木に寄り添って眠る・・・至福の時間を過ごしたこと、思い出しながら、原稿を書いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

明日は「古代北欧のルーン占い講座」です

Simg_4232


久しぶり、朝日カルチャーセンター湘南教室での「古代北欧のルーン占い講座 上級編」第3回。明日行われます。

みなさん、ルーンひいていらっしゃるかしら。

今、私のまわりで重大な事件が起きていて、「私はどんなスタンスでいればいいのか?」と問いかけ、ルーンを引いてみました。

6つで引く占術「宇宙樹の予言」で引いてみると、チャレンジの配置のところに<馬のルーン>が出ました。

【疲れた人を馬に乗せてスーッと山頂まで連れて行くように、導く人でありなさい】

というメッセージが出ました。今の状況がまさにそうで、もっともっとリードしていく必要性を感じています。

ルーンを引いた順番 

1 現在-贈り物のルーン  2 過去-氷のルーン  3 近未来-火のルーン・リバース 4 この問題が抱える潜在意識-大地のルーン 5 問題解決のためにチャレンジすること-馬のルーン 6 最終結論-剣のルーン

S7_4贈り物 S11_3氷 Ss6_2火のリバース S12大地 S19馬 S17



 









| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

バオバブの赤ちゃん

Sp1010133

バオバブの赤ちゃん、育て始めました。

昨日、日比谷公園で、森林の市をやっていて出会ったんです。

マリ共和国のバオバブで、「星の王子さま」のモデルになった種類だそうです。

種をもらったから、もう少しあたたかくなったら植えてみるつもりです。

バオバブの種、食べてみました。ふしぎ、ふしぎ、ちょっと甘くて、シュワッとラムネみたいな感触でした。

★「サヘルの森」のブースで買いました。マリ共和国のサハラ砂漠南端にあるサヘル地域で、砂漠化を防ぐため植林活動をしている団体だそうです。

HP http://www.jca.apc.org/sahel-no-mori/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

いのちのかぎり

Srimg1579


ともだちがけがをしました。

ともだちがなくなりました。

ともだちがなくなりました。

3人の女性におとずれた大きなできごと。

「いのちのかぎり」とかいて、

いのちにはかぎりがある、と感じるか

いのちのかぎり生きる、と読むか

ひとは一瞬一瞬で、ことばを受けとる意味もかわっていくのだろうと思います。

★埼玉県・真福寺のイチョウ。墓地のなか、ひとびとを見守るように立っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

大地に根ざして、ご縁を結ぶ

Srimg0149

私たちもいつか、大地に還っていきます。

だから今は、広い大地に根をぐんぐん伸ばして伸ばして伸ばして!

どっしりと人生のど真ん中に立ち、心に決めたことをすべて形にしていきましょう。

もしも、その途中で天から呼ばれても、精いっぱい生きた命のあかしは残るはずです。

あなたの大切な人たちの心の中に、あなたを直接知らない人の心の中にも。

「あなた」という大樹の枝という枝に、この2012年をともに生きる人々の魂がたちどまる・・・。

知らない人同士でも、ご縁は確かにつながっていると思います。

だから、愛し合ったり、喧嘩したりするのはものすごく深いご縁で、

挨拶をしたり、電車の中でいっしょに過ごしたり、道ですれ違ったりするのも、宇宙の歴史という視点から見ると、ご縁があるのだなと、この頃よく考えます。

さまざまな奇跡的なご縁があるからこそ、私たちは“選択”が必要だと強く感じます。

正しい選択、絶対的に自分を信じることです。

★鎌倉・明月院にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

大地に還る樹木

S201205040730000


大地に還ろうとする樹木。

苔むした幹がぼろぼろとくずれ、土と同化し始めていました。

新しい芽生えの栄養となり、命は永遠に繰り返されていくでしょう。

★箱根高原ホテル、野鳥の森あたりの原っぱにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

私のからだは天の依代

S201205040733000


箱根の旅から戻りました。

朝、森を散歩しました。自分の歩く足音と小鳥の鳴き声だけが聴こえる、静かなひととき。

体技の稽古はすばらしく、言葉で言い表すことはとても難しいのですが、

天とつながり、大地とつながる。そして、宇宙と一体となる・・・。

私たちは自然の中で生かされていることを知り、

自分自身の肉体こそが「天の依代(よりしろ)」なのだという確信。

絶対的に自分を信じて突き進むことが、どんな助言よりも確かだということを実感した二日間でした。

この体技はいつかみなさんにもお伝えしたいと思います。

自分が想像した以上の未来へと導いてくれる天真体技です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

「からだは宇宙のメッセージ」を感じる旅に出かけます

これから箱根に小旅行。

雨が降ってます。浄化の雨になるでしょう。

気の武道家、青木宏之先生のご指導で、「からだは宇宙のメッセージ」を感じる旅の始まりです。

何億年も前、私が人間として生まれてくるずっと前の記憶をたどります。

S2010_0910_161647rimg0124


苔むした大地の中から、ぐいっと小さな芽を出したいのち。

私もまた、脈々と続いてきたいのちであることに感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

道場開き

心が変わればカラダが変わる。カラダが変われば心は変わる。

心と肉体とが連動していることを痛感してから何年も経ち、ますます“肉体の力”が導いてくれる真実を信じるようになりました。

大きな木の根元に芽を出してしまった日陰の小さな木も、太陽の光を目指して生きていくように、

私たち人間も、どんなにつらいことが起きようとも、光―嬉しいほうへ、愛する人のほうへ向いて生きていきたいと思います。

本能に忠実に・・・肉体の感覚を信じるようになると、頭で考える前にカラダが教えてくれます。本当に進むべき正しい道を。

それを教えてくれた、気の武道家・青木宏之先生の道場開きが行われました。

道場で、お清めの剣武の後、近くのイタリアンでパーティーでした。

下写真はフランスからも駆けつけてくれた道友たち(私は右から2番目)

Sp1010120_2


空手の演武もありました。Sp1010110

明後日からは箱根で天真体技のセミナーです。自然と溶け合い、宇宙の気を体感する体技。

とても楽しみです。S2010_0910_161317rimg0116


上の写真を見て! 日陰に根ざした小さな木は、木漏れ日の細い光を見上げて伸びていきます。

暗いからって、成長するのをやめたりしません。一生懸命生きていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »