« チェコ日記6 菩提樹とおばあちゃん | トップページ | チェコ日記8 べナトキ市友好訪問 TV放映 »

2012年6月23日 (土)

チェコ日記7 書と武道

 Diary in Czech 7Calligraphic and Sword Perfomance

Simg_7268

偶然出会ったマイケルさんを連れて行ったのは、べナトキ城で行われた、チェコと日本との友好イベントです。「日本書芸術家による書とオリジナルTシャツ展」と題されて、べナトキ城美術博物館・主催で行われました。

 

書のパフォーマンスあり、剣武あり、華道やヘアメイクの披露ありと、日本の文化を紹介するものでした。プラハから約1時間のこの町に日本人が訪れて、こうしたイベントを行ったのは初めてだそうです。

 

人生の師匠・青木宏之先生(気の武道家、書家)の指導のもと、私たちはお手伝いをしました。べナトキ城の中庭ではこんなパフォーマンスが繰り広げられました。

Simg_7717_2Simg_7556_2

Simg_7786_2

上から、青木宏之先生による書、天真会の吉田倫子さんの二刀流剣武、女流書道家の矢部澄翔先生による書のパフォーマンス。まわりを囲むのはベナトキ市の人達。

マイケルさんはどこかに電話をしています。しばらくすると、おばあちゃんがやってきました。ゆっくり、ゆっくり、杖をつきながら。マイケルさんはどこかからかイスを持ってきて、おばあちゃんを座らせてあげました。とても素敵な光景でしたwink

Simg_7705_2

書のパフォーマンスを見学するおばあちゃん。

Simg_7836

 イベントがすべて終了すると、おばあちゃんは再び、ゆっくりとした足取りで帰って行きました。少し歩いては立ちどまり、少し歩いては立ちどまり、休憩しながら一歩ずつ去っていく後ろ姿を私はずっと見守っていました。

 

Thank you Michal and Grandmather. I am happy to see you.

 

See you again!

 

 

Simg_7840

菩提樹並木を歩いて、去っていくおばあちゃん。かけがえのない時間をありがとうございました。

 

 

 

 

 

|

« チェコ日記6 菩提樹とおばあちゃん | トップページ | チェコ日記8 べナトキ市友好訪問 TV放映 »

心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/45760927

この記事へのトラックバック一覧です: チェコ日記7 書と武道 :

« チェコ日記6 菩提樹とおばあちゃん | トップページ | チェコ日記8 べナトキ市友好訪問 TV放映 »