« チェコ日記8 べナトキ市友好訪問 TV放映 | トップページ | チェコ日記10  大空に贈り物のルーン »

2012年6月25日 (月)

チェコ日記9 小学生に書を教える


Diary in Czech9
I teach chirdren calligraphy.

Sp1010349_2

 

翌日、68日は小学校に行って、子供たちに書道を教えました。

 

子供たちは筆を持つのも、墨を見るのも、もちろん初めて! 

 

最初に、線の引き方、筆の持ち方などを教えて、半紙に横線と縦線、斜めの線を引く練習をしてもらいました。次は漢字を書いてもらう練習です。

 

たとえば、木―STOROM 友―KAMARAD 父―TATA 母―MAMA 山―HORA 

それから自分の名前を書く練習。「名前は縦書きがいい?横書きがいい?」と聞きながら、両方を練習してもらいました。

Sp1010352

 

そして、いよいよ本番! 好きな文字をTシャツに書くのです。

 

私が教えたのは2人の女の子、ペットラちゃんとニコルちゃん。

 

通訳のミーシャさんに「何の字を教えてほしい?」と聞かれると、ニコルちゃんはちっちゃな声で「しあわせ」と答えました。ペットラちゃんの返事も「しあわせ」。

 

そこで、「幸」という漢字を書くことにしました。二人とも英語が話せないので手ぶり身ぶりで教えます。 

Sp1010355

筆を使い慣れてないから、線がふにゃふにゃの字になっちゃったり、線が太すぎたり細すぎたり、いろいろ苦心しながらも、なんとか「幸」という字が書けるようになったところで、Tシャツにトライ! 最後に落款(らっかん 印のことです)を押してできあがり。

 

そして、完成したのがこちら!

Sp1010357_2

子供たちが書いたTシャツにはいろんな字がいっぱい。自由な発想で文字を選んでいました。「太陽」「花」「未来」「友」「天使」「猫」。他にも「白虎」って言葉、どこで覚えたのかしら? という文字や、「オニ」なんて男の子も!

 

自分の名前を書くのも楽しかったみたい!

Sp1010363_4

Sp1010359_3

Sp1010365_2

 

ベナトキ小学校のみんな、ありがとう!!

Sp1010369

廊下には子供たちが書いた木の絵が貼ってありました。緑色の葉っぱはあまりなくて、ピンクやオレンジなどきれいな色がいっぱいでした。

Sp1010336

 

|

« チェコ日記8 べナトキ市友好訪問 TV放映 | トップページ | チェコ日記10  大空に贈り物のルーン »

」カテゴリの記事

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/45848499

この記事へのトラックバック一覧です: チェコ日記9 小学生に書を教える:

« チェコ日記8 べナトキ市友好訪問 TV放映 | トップページ | チェコ日記10  大空に贈り物のルーン »