« 原稿を書き終わる寂しさ | トップページ | 贈るためのグリーン »

2012年12月26日 (水)

南三陸でメリー・クリスマス!

Simg_1655

あなたはどんなクリスマスを送りましたか?

私は宮城県南三陸町で、サンタさんと一緒にプレゼントを配ってきました。

エプロン型のサンタ衣装を着て、頭にはトナカイのカチューシャhappy02

歌津地区の5か所の仮設住宅で、一軒一軒をたずねて、「メリー・クリスマス!」とお菓子やカレンダーをプレゼントpresent

整体ボランティア・チームのしめくくりの活動でした。

朝10時からスタートして、約150軒、終わったのは夕方5時でもう暗くなっていました。

昨夜から降り積もった雪も消えないで、とてもきれいな雪景色のホワイト・クリスマスxmas

でも南三陸では「雪が積もるなんてめずらしい!」って、みなさんおっしゃってました。

夕食は12月24日が誕生日だという漁師さんと一緒に食べて、250キロのカジキマグロを釣り上げた話を聞いたり、来春には仮設住宅を出てお孫さんもいっしょに9人家族で住むことになるんだ…というお話に嬉しくなったり。

「子どものころから、“地震がきたら、沖へ逃げろ!”が鉄則だった。おじいさんたちから学んだことをこれからは私が孫たちに教えることになるのは複雑な思いがする・・・」

この漁師さんは3月11日地震が起きたとき、ちょうど海の上。まさにこの鉄則を守って、命が助かった方なのです。

「この年になって、見ず知らずの人たちと誕生日を迎えることになるなんて思いもしなかった…」としみじみおっしゃったことも心に残っています。

Simg_6352
南三陸町歌津地区の三嶋神社の大杉。

翌朝は5時に起きて帰路に向かいました。私は東京に戻ったのだけど、整体師のS先生は福島で4人と合流して、大玉村仮設住宅へ。

来年もチームで続けたいと思います。Sp1030380_5

Sp1030221

活動の様子が12月26日付の上毛新聞で掲載されました。

|

« 原稿を書き終わる寂しさ | トップページ | 贈るためのグリーン »

東日本大震災ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/48471861

この記事へのトラックバック一覧です: 南三陸でメリー・クリスマス!:

« 原稿を書き終わる寂しさ | トップページ | 贈るためのグリーン »