« 整体ボランティアの講習会 | トップページ | 整体ボランティア in 南三陸 »

2013年1月30日 (水)

巨石写真家・須田郡司さんと対談トークショーします

Simg_9361

 樹木は人の魂を救ってくれる、と信じて、樹木をめぐってきました。

その思い、出会った樹木たちのことを、巨石写真家の須田郡司さんとの対談トークショー「森羅万象 聖なる巨石と巨樹を訪ねて」でお話しすることになりました。

 

見上げるように大きな木の下に立つとき、幹に寄りそうとき、根元で寝てしまったとき、いろんな樹木が私に声をかけてくれました。

 

「生きよう」「前を向いて進もう」「大丈夫、大丈夫」

 

樹木がささやきかけてくれた言葉が、見せてくれた奇跡が、過去の私を支え、現在の私をつくりあげてくれたのだと思っています。

 

何年も前、ただただ夢中でひとり、樹木をめぐっていた頃、ふと寂しくなって、こんなことしていていいんだろうか…と考えてしまったことがあります。

そんなとき、須田郡司さんの石の写真と出会いました。

注連縄のはられた日本の石やケルトの石(ニューグレンジやメンナントール)などの写真を眺めているうちに、

「私は今、須田さんが石で行っていらっしゃることを、樹木で行おうとしているんだな」とハッとして、好きな道を進めばいいのだと勇気づけられた記憶があります。

 

あれから何年も経ち、こうして須田さんと対談ができることは本当に嬉しいことです。当時は全く考えもしないことでした。ただ写真を眺めるだけだった私……。

 

須田さんは、石とどんな話をしてきたんだろう。

 

須田さんは、一つの石に自ら会いに行ったときと、偶然出会ったときと、どんな感覚の違いがあるのだろう。

 

須田さんは、人間がこの世にまだいない時代の“石の声”を、聴いただろうか。

 

たずねたいことが次から次へと心にあふれて、今からお会いするのがとても楽しみです。

 

一本の樹木との出会いが、人生を大きく変えることがある。幸せに向かって進む自分へと変えてくれることがある、と信じてきた私。

 

須田さんにとってはそれが「石」という存在ではないでしょうか。

 

私は日本と世界の聖なる樹木を、須田さんは世界中の巨石を、美しい映像とともに、お話ししたいと思います。

 

人間よりも遥かに長い歳月を生きる自然の存在が授けてくれる生きる力を、あなたとともにわかち合いたいと感じています。

2月24日 巨石写真家・須田郡司×巨樹・聖樹研究家・杉原梨江子「森羅万象 聖なる巨石と巨樹を訪ねて」 詳しくは、船井メディアのホームページをご覧ください。

http://www.funaimedia.com/seminars/seminars_main.html?data_id=283

Simg_9376
群馬県・六合村のモミの木の下で。

 

 

|

« 整体ボランティアの講習会 | トップページ | 整体ボランティア in 南三陸 »

News ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/49050500

この記事へのトラックバック一覧です: 巨石写真家・須田郡司さんと対談トークショーします:

« 整体ボランティアの講習会 | トップページ | 整体ボランティア in 南三陸 »