« 「北欧神話」出版記念全員プレゼント | トップページ | 日比谷公園の鶴のつらら »

2013年2月18日 (月)

宇宙樹ユグドラシルは北欧のご神木

Srimg0057_2

北欧の古代文字<ルーン文字>を語る上で、欠かせない存在が宇宙樹ユグドラシルです。

 

古代北欧には、「天と地とを貫く大きなトネリコの木がこの宇宙を支えている」という世界観がありました。

 

神さまの国も、人間の国も、神さまの敵・巨人の国も、大きな木が見下ろす世界で繰り広げられるのです。

 

あなたは「宇宙樹」という言葉を聞いたことがありますか?

 

宇宙樹はじつは世界中にあるんです。私の本『いちばんわかりやすい北欧神話』から抜粋すると、

 

「北欧地域に限らず、世界を司る中心軸(世界柱)が宇宙にそびえ立ち、生命の誕生と営みとがこの中心軸の周りで起こるという宇宙樹思想は世界各地にある。~(中略)~『聖書』に登場する生命の樹リンゴ、インドの菩提樹なども宇宙樹のひとつとされるが、これほど明確に描写され、中心的な存在として物語の中に登場するのは北欧神話の特徴である。宇宙樹ユグドラシルは9つの世界を支え、根は3本に分かれ、それぞれ3つの泉へと伸びている」p20より)

 

この宇宙樹ユグドラシルに秘められていたのがルーン文字です。神話にはこんなふうに描かれています。

 

「最高神オーディンが自らの体を傷つけ、九夜九日の間、逆さに吊り下がり、つかみ取った。~(中略)~神秘のルーン文字を手にしたオーディンは知恵と力とを強大にしていった。オーディンはこの文字を神々や才能ある人間たちに伝えたため、現代までルーン呪術が残ったとされている」p176より)

 

今週日曜日、巨石写真家の須田郡司さんと対談トークショーを行うことになりました。私は、日本と世界の巨樹&聖樹の映像をお見せしながら、このヨーロッパに伝わる宇宙樹ユグドラシルのこともお話ししたいと思います。

 

何よりも伝えたいのは、「樹木という命が人間にくれるチカラ」について。わかりやすく、深く優しく、あなたの心と体に届くようにお話しします。

 

224日(日)船井メディア主催「森羅万象-聖なる巨石と巨樹をたずねてー」

 

http://www.funaimedia.com/seminars/seminars_main.html?data_id=283

 

413(土)~14日(日)船井メディア主催 那須高原12日宿泊型セミナー「人生に奇跡を起こすルーン文字講座」

 

http://www.funaimedia.com/seminars/seminars_main.html?data_id=288

 

出版記念 全員プレゼント!「北欧神話ルーン文字鑑定プレゼント」応募方法 私の本を読んで、感想を送ってくださった方には、杉原梨江子が一枚一枚必ず読んで、お名前鑑定書とともにお返事します。応募方法はこちらをご覧ください。http://bit.ly/VhIt4S

Sjchokuocover10973_3『いちばんわかりやすい北欧神話』(800円 実業之日本社刊)アマゾン⇒http://amzn.to/VIZ1mM

 

 

 

 

 

|

« 「北欧神話」出版記念全員プレゼント | トップページ | 日比谷公園の鶴のつらら »

Rune ルーン文字」カテゴリの記事

Seminar セミナー・講演」カテゴリの記事

ご神木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/49495774

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙樹ユグドラシルは北欧のご神木:

« 「北欧神話」出版記念全員プレゼント | トップページ | 日比谷公園の鶴のつらら »