« 樹木に導かれて本を書く | トップページ | 木に咲く花の文様―さくら »

2013年2月19日 (火)

市川染五郎さんと歌舞伎の桜

Rimg0089siroitama

市川染五郎さん、観に行きました。えっ、また!? と指摘されそうですが、だってまた観たかったんだもん。

初日に観て、2週間後の染五郎さん。昨年のケガから復活の舞台。

復帰第一日目から、どんなふうに変化していらっしゃるんだろう・・・と期待しながら観に行きました。

ちょっとここでは書けない激しくて生々しいシーンがあるのですが、初日のときより、力強くて、なんというか狂気的な美しさが増していて、凄惨な悲劇がよりドラマチックに展開されていました。

髪振り乱して泣く福助さんと怒り狂う染五郎さん・・・。

なによりも素敵だったのは最初の演目「吉野山」の桜、桜、桜!舞台に広がるには心奪われました。優しい桜色の満開の桜と、中央にそびえる桜の大樹。

とくに義太夫さんの裃まで、桜の柄。鬼がわらみたいな顔(失礼!)のおじさんたちが可愛いピンクの衣装をまとってるのが、おちゃめで、おかしくってhappy02

歌舞伎の桜って、どうしてこんなに心躍るんだろう。

とにかく「樹木」に心惹かれる私は、桜の木が立っていると、「その意味は?」「なぜ舞台中央に桜が?」などなど、疑問がふつふつと湧いてきて、ストーリーよりそっちが知りたくなっちゃう。

歌舞伎の衣装に描かれた花の文様の意味とか、扇子の絵とかも、「なぜここで、これが使われるの?」って。

ああまた、樹木探究のテーマが増えてしまった…と歌舞伎を観るたび思うのです。

すばらしかったです。次は新・歌舞伎座の2日目、観に行きます。

新しい「歌舞伎」時代の幕開け、楽しみですshine

日生劇場「二月大歌舞伎」⇒ http://www.nissaytheatre.or.jp/program/2013/02/program-638.html

★上写真は以前の歌舞伎座。

Simg_0661

さくらさくら、どっちのさくらがすき?

Simg_0482_2

|

« 樹木に導かれて本を書く | トップページ | 木に咲く花の文様―さくら »

ご神木」カテゴリの記事

今日、出会った花」カテゴリの記事

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/49518395

この記事へのトラックバック一覧です: 市川染五郎さんと歌舞伎の桜:

« 樹木に導かれて本を書く | トップページ | 木に咲く花の文様―さくら »