« 人生に奇跡を起こすルーン文字講座 | トップページ | 木は目に見えない痛みも受けとめてくれる »

2013年3月 8日 (金)

0311知られざる心の闘い

Simg_0079

写真は、宮城・門脇小学校のあたりにあった、錆びた車。きれいな百合とそばにはリンゴ、パンなどが置かれてありました。この車に乗っていた人への思いが伝わって、亡くなった人の命とその人を思う人の命はたしかにつながっていることを感じました。(2011年4月12日撮影)

この写真を久しぶりに出したのは友人に見せようと思ったから。昨日、2年ぶりくらいに会いました。最初に出会ったのはもう20年近くも前のこと、時々会っておしゃべりできる関係は貴重だな、嬉しいなと実感したひとときでした。

 

友人はフジテレビのプロデューサーで、ずっとドキュメンタリーの番組を作ってきた人です。その彼が制作した番組が明日放映されます。ぜひご覧ください。

 

39日(土)13:3015:30 フジテレビ『0311知られざる心の闘い』

 

阪神淡路大震災の23年後、孤独死、自死が増えたという事実を受け、3.112年後の「こころ」の問題に迫ってみたいと取材を始めたそうです。報道も少なくなり、現地に行く人(ボランティア含め)も少なくなり、拒絶感・孤独感を抱える被災者たちの姿。

 

また、震災取材を行った記者、救出・捜索を続けた自衛隊員などが抱える心の傷。

 

 

被災者の方々の告白は顔をぼかすことなく、表情そのままをとらえた映像だそうです。彼曰く、「もう二度と放送できないと思います」

 

311日夜、BSフジ系列ではシンポジウム形式の番組が放映されるそうです。

 

テーマは「東日本大震災、もうひとつの危機に備えて~こころのケアを考える~」。

 

私は行けなかったのですが、このタイトルで、32日にはシンポジウムが行われました。震災直後から取材を続けたフジテレビアナウンサー笠井信輔さんがPTSDを体験した報告や、心のケアセンターの人、南相馬市の精神科医、日本トラウマティック・ストレス学会会長などが震災後の心の問題を考える会でした。

このシンポジウムに似た形式で、笠井さんや精神科医などが震災後のPTSDについて対談する番組。こちらもご覧ください。

オフィシャルサイトでは、震災後、多くの人に生きる勇気を与えた木を紹介しています。今日は「大船渡市の三陸大王杉」http://rieko-sugihara.com/photo_essay/j_tree/iwate/20130308daiosugi_iwate.html

|

« 人生に奇跡を起こすルーン文字講座 | トップページ | 木は目に見えない痛みも受けとめてくれる »

東日本大震災ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/50650486

この記事へのトラックバック一覧です: 0311知られざる心の闘い:

« 人生に奇跡を起こすルーン文字講座 | トップページ | 木は目に見えない痛みも受けとめてくれる »