« ダブリンをつくったのは北欧ヴァイキング | トップページ | 運命を受け入れる、という生き方 »

2013年3月22日 (金)

北欧 ルーン石碑を訪ねる旅

Srimg0003

 藤沢から次は渋谷へ。旅行代理店BLESSの中嶋美紀さんに会いました。ルーン石碑を訪ねたいとずっと思っていた私。北欧の旅の相談にshine

美紀さんはミュージシャンの海外ツアーなども手掛ける、一流のツアー・コーディネーターです。以前、船井メディアさんのルーン講座にもいらしてくださったことがあるの。

私が行きたいところは一般のツアーではあまり行かない場所ばかり。現地に長く住んでいた人の情報も得て、私のわがままな注文にわかりやすく、ルートを説明してくださいました。ありがとうございますhappy01

行きたいと思っているのは、スウェーデンは、

ウプサラ大聖堂にあるルーン石碑群。
シグトゥーナ博物館のルーン石碑。
ヴェルケ島のビルカ遺跡(トールのハンマーらしきものが発見されたヴァイキングの古代都市跡。世界遺産)。


ノルウェーでは
ウェルネスのスターブ教会。
世界遺産にもなっている木造の教会で、扉には宇宙樹ユグドラシルと動物が彫られているんです。宇宙樹に精通したい私としては絶対行きたい! 今まで写真でしか見たことなかったもん。

でもここ、オスロから遠く、まずプロペラ機で移動。ある場所でタクシーを待たせて、フェリーで15分、さらに歩いて15分という辺鄙な場所。一人で行くのはかなりハードル高く、挫折しそう……。

渡航時期は6月予定。気になる価格は一般的な北欧パッケージツアーより少し安いくらい(HISJTBなどのパンフレットを参考に)。

ストックホルムやオスロ市内もゆっくりと過ごしたいと思います。とくにオスロには北欧神話をモチーフとした壁画がいろいろあるとか。神々が今も息づいている風景を見てきたいと思います。

もしももしも、一緒に行ってくださる方がいたら大歓迎なんだけど。もっと詳しく決まったら報告します。


<これからのルーン文字講座>
413日(土)~14日(日)
船井メディア主催(那須高原 1泊2日宿泊型セミナー)
『人生で奇跡を起こすルーン文字講座~神秘の古代文字を美しい森の中で解き明かす~』
http://www.funaimedia.com/seminars/seminars_main.html?data_id=288

S

 

|

« ダブリンをつくったのは北欧ヴァイキング | トップページ | 運命を受け入れる、という生き方 »

Rune ルーン文字」カテゴリの記事

Seminar セミナー・講演」カテゴリの記事

北欧」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/50878001

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧 ルーン石碑を訪ねる旅:

« ダブリンをつくったのは北欧ヴァイキング | トップページ | 運命を受け入れる、という生き方 »