« ルーン文字講座のために<2>ヴァイキングの文字 | トップページ | スカンジナビア政府観光局に本が紹介されました »

2013年4月 8日 (月)

映画『パパの木』の取材を受けました

Simg_1461

今日は、『週刊朝日』の取材を受けました。

新日本映画社エスパース・サロウさんにて、インタビュアーは中村千晶さん。“筆しごと”という肩書の名刺をいただきました。かっこいい…。

映画『パパの木』についてコメントしました。

突然、パパを亡くした少女の物語。家のそばに立っている大きなゴムの木にパパの霊が宿っている!と信じて、おしゃべりをするんです。

その秘密はママにも打ち明けます。夫を亡くして苦しむママもまた、大きな木の根元に寝転んだり、枝に寄りかかったり。

大きな木の力が物語の中に散りばめられ、美しい映像で表現されています。

といっても、ほのぼのした内容では終わらない、厳しい現実と直面する物語です。

もっともっとお知らせしたいのだけど、それは見てのお楽しみにhappy01

近々記事になるはず。決まったらお知らせします。

映画『パパの木』公式サイト、ちょっと覗いてみてください。http://papanoki.com/

 

 

 

|

« ルーン文字講座のために<2>ヴァイキングの文字 | トップページ | スカンジナビア政府観光局に本が紹介されました »

News ニュース」カテゴリの記事

ご神木」カテゴリの記事

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/51149884

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『パパの木』の取材を受けました:

« ルーン文字講座のために<2>ヴァイキングの文字 | トップページ | スカンジナビア政府観光局に本が紹介されました »