« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月26日 (水)

ルーンを訪ねる、北欧への旅

Srimg0003

この写真に写っているのは、日比谷公園のルーン石碑。

昨日、「ありがとう」を伝えてきました。まもなく、本当のルーン石碑に出会いに行きます。

この度、大変お世話になったのは、北欧旅行のスペシャリスト、ツムラーレのNさんと、ルーンが好きとおっしゃる旅行コーディネーターのMIKIさん。

昨日朝、事務所にお伺いして、いろいろと教えていただきました。

資料の中でしか知らなかった、北欧神話の神々が息づく場所にやっと訪れることができます。

オーディン、トール、フレイの姿が刻まれた神殿が立っていたと伝えられるウプサラ。

ルーン石碑群のある場所。トールのハンマーが発見されたビルカ遺跡。中世の面影を残した街ガムラスタン。

それから、精霊たちと出会えそうなノルウェーの森。

あと、ムンク生誕120年の今年。オスロではさまざまなイベントが行われています。国立美術館「ムンクの部屋」、ムンク美術館、「叫び」の舞台となった場所・・・。こちらもしっかり味わってきたいと思います。

多くの人にアドバイスをいただいて出かける北欧への旅。

感謝とともに、導かれるままに、歩いてきます。

★北欧旅行のスペシャリストが集まる旅行代理店ツムラーレ。
「導きとした思えない」という体験を経て、この会社に入られたNさんに昨日もいろいろ調べていただきました。ありがとうございます。http://www.tumlare.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

北欧の女神のシンボル

S2010_0612_113723rimg0010_2
ちっちゃなまんまるい実のワイルドストロベリー。

今、「北欧の女神とルーン文字」講座を全3回で行っています。この真っ赤なベリーは女神に捧げられた果実なんです。

愛と豊穣の女神フレイヤ、母なる女神フリッグのエピソードをお話しながら、ルーン文字を深めていきたいと思いましたが、みなさん、いかがだったでしょうか?

次回は女性戦士・ヴァルキューレのブリュンヒルドです。人間に恋をして、悲劇の運命へと突き進んでいく聡明な女性。

もう一人は若返りのリンゴを手にしているイズン。

それにしても、ルーン文字講座で全3回って、短いな。

初めての人にもっともっと伝えたいことがあるんだけど。長~く勉強している人にもね。とにかく、あと1回、みなさんが楽しめる授業を考えますネheart04

S2010_0612_113528rimg0007
結婚と恋愛の願い事を叶えてくれる、女神のシンボル「ワイルドストロベリー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

古書オークションに参加

Simg_5145

 慶應愛書家倶楽部に参加させていただきました。

貴重な古書を手にとることができる“書物好き”の会。

中世英文学者で慶應義塾大学名誉教授、高宮利行先生のご好意で、初参加でした。

ご紹介いただいた古書の中で、圧巻は15世紀半ばの羊皮紙の写本。


Simg_5156

お、おもいっ! 5kgはある古書。この謂れを高宮先生の解説つきで拝見するという、贅沢な時間でした。

Simg_5149
後半は古書オークションthunder 世界的な洋古書コレクターでもある高宮先生の蔵書から、11冊の本が並びました。

私の研究テーマである「北欧サガ」も登場しましたが、決断できず、購入断念despair

1896年出版、トールキンの友人であるRichard M.Dawkins所有だったという非常に貴重な本…。

ああ、いつかきっと!の思いを引きずりながら、会場を後にしました。

代わりに、バーン・ジョーンズの可愛い本と、美しい本を集めたピラージュ氏の古書目録を手に入れて、家で早速うっとり眺めながら時を忘れた私です。

Simg_5137

「The BOOK」という西欧の書物の印刷について
書いた本。とても厚い本で、図版もいっぱい。長期間にわたるベストセラーだそう。これは他の人の手に渡ったのだけど、目に焼きつけました。

よく見て! ルーン文字が描かれていますheart04


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

「ミズポト」取材受けました

Simg_5067_2

ブログを全然書けないうちに、怒涛のごとく、日が過ぎてゆきます。

先週から、人に会う機会が多くて、そのたびに感動するのだけど、それを書く時間がないままに、思い出だけが積み重なっていきます。

今週月曜日6月10日は、「ミズポト」という雑誌の取材でした。

テーマは、“植物の声を聴く”。

まさに私のテーマではありませんか! 植物の声に耳を傾けることで、自分の心が安らかになったり、豊かになったり・・・。

取材をしてくださったのは、ご夫妻で編集者という、とても素敵なお二人。

質問されるままに答えたという感じでしたが、どんなふうに誌面に表現されているのか楽しみです。

水、木、風、土・・・。聴く、触れる、見る、嗅ぐ、味わう。

そして、目には見えない、耳には聞こえない、何かと何かとで、通じ合うこと。

自然の中に身を置いて、植物と私たちとは、この地球上にともに生きていることを感じながら生きていきたいと思います。

それがきっと、ひとりひとりの本当の平和につながるんじゃないかなと思います。

Sdh000085
in venice

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

森からのお便り

Simg_4939_2

奥多摩の小菅村から嬉しいお便りが届きました。

おいしい料理をつくってくださった利江さんから、森のお散歩写真とともに。

先月、仙人とみなさんと歩いた小菅村の森を思い出して、嬉しくなりました。

大地から次々と芽を出していた、小さな木の赤ちゃんのかわいい姿。

緑の匂い、木々の肌ざわり、野の花。

水がとってもおいしかったこと。自然の恵みをたくさんいただいたこと。

なかなかお返事が書けなくてごめんなさい。

いつか、近いうちに・・・きっともうすぐ、またあの森に行くような気がします。

Simg_4315

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

ルーン・ファミリー

Sssimg_7201

今日、朝日カルチャーセンターの6月期、ルーン講座がスタートしました。

いらしてくださったみなさま、

ありがとうーheart04

久しぶりにお目にかかる方、全く初めての方、嬉しい出会いですhappy01

つぎも楽しみにしていてくださいね!

ルーンをまだ持っていない方は、いっしょに作りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »