« 映画「ひろしま 石内都・遺されたものたち」 | トップページ | スウェーデン日記2 北欧の神々の地―ウプサラUppsala »

2013年8月16日 (金)

スウェーデン日記1 北欧神話を旅して―出発

Simg_6541スターブ教会 in Norway

現代にも、北欧の神々が降り立つ場所はあり、精霊のささやきが聴こえる森があります。

ノルウェーの森、宇宙樹ユグドラシルが彫られたスターブ教会(世界遺産)、ヴァイキング博物館。

スウェーデンにあるルーン石碑群、神々の神殿があったと伝えられるウプサラ、雷神トールの息吹きを感じるビルカ遺跡(世界遺産)。

そして、「死ぬと森に還る」という北欧の死生観を象徴する、建築家グンナール・アスプルンドの森の墓地。

北欧神話の遺産やヴァイキングの遺跡をたずねながら、現代へと受け継がれている北欧の森の思想と人生哲学とを探る、10日間の旅の記録。

神話の時代から脈々と受け継がれている、神秘のエネルギーみなぎる旅にご案内しましょう。


Simg_6274

スウェーデン、ビルカ遺跡(世界遺産)で出会ったルーンRuneの遣い手、Sylvia Rodin.

1日目 71日(月)
11:40発 成田→スカンジナビア航空SK984便 デンマーク、コペンハーゲンへ。飛行時間:約11時間25分。隣りは韓国人の女の子。パリでダンスの勉強中。彼女はコペン乗り継ぎパリへ。
1605コペンハーゲン到着。時差:日本マイナス7時間。
◎乗り継ぎ→SK410便 1710発 スウェーデン、アーランダ空港へ。飛行時間:1時間10分。日本ビジネスマンがちらほら。
1820アーランダ空港到着 [注]BAGGAGEのピックアップ場所がわかりづらい。とても広く、1フロアではないことがやっとわかる。飛行機に乗り合わせた日本人の姿を見つけてホッ。
◎空港→アーランダエクスプレスでストックホルム中央駅へ。片道260kr。切符売り場横のエレベーターで地下に降りると乗り場に直行。約20分で到着。
◎徒歩でホテルへ。迷う。・・・無事ストックホルムに到着したものの、迷いっぱなしの北欧旅行の始まりを予感させる第1日目。
Rica Hotel Kungngsgatan泊 http://www.booking.com/hotel/se/rica-kungsgatan.ja.html

S20130701_105158
成田からコペンハーゲンに向けて出発。

S20130701_191614
無事に乗り継いで、スウェーデンに到着、空港からアーランダエクスプレスに乗って、ストックホルム中央駅に向かうところ。18時30分くらい。日本との時差7時間。

 

|

« 映画「ひろしま 石内都・遺されたものたち」 | トップページ | スウェーデン日記2 北欧の神々の地―ウプサラUppsala »

Rune ルーン文字」カテゴリの記事

北欧」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/52902788

この記事へのトラックバック一覧です: スウェーデン日記1 北欧神話を旅して―出発:

« 映画「ひろしま 石内都・遺されたものたち」 | トップページ | スウェーデン日記2 北欧の神々の地―ウプサラUppsala »