« スウェーデン日記6 再びルーン石碑 Rune Stones againe | トップページ | スウェーデン日記7 バスでガムラ・ウプサラに向かう To Gamla Uppsala »

2013年8月29日 (木)

『ルーン塾』9月開講(9/28、10/5、10/12)

Simg_4232_2

杉原梨江子オフィス主催『ルーン塾』月開講します。

北欧の古代文字【ルーン】は、あなたの未来を創り出すパワーあふれるツールです。

ルーンを引いていると、次々と思いもかけない出来事や出会いが増えていきます。

そこで巡り合う新しいあなた自身。それこそが最も望んでいた未来の自分の姿だとある日、気づくのです。

ルーンを引くことは、あなたの内に秘められた才能やパワーに気づくきっかけになります。繰り返し引いていると、つねに正しい選択ができ、行動にも起こすこともできるようになるでしょう。

『ルーン塾』は、あなたとルーン、あなたとルーンマスター杉原梨江子との対話型(セッション)セミナーです。

25のルーンとともに、夢をカタチに! 

理想の未来を創り出すあなたに成長できることを、私は約束いたします。


開講記念講座「ルーン文字を読み解く」
9月28日、105日、1012日(いずれも土曜日・全3回)

ルーン文字の意味はある程度知っているけれど、実際にルーンを引いた時、「どう読み解いていいかわからない」「対面する相手に何を伝えればいいのかわからない」という人は多いと思います。そこで、ルーン塾のスタート講座では、『ルーン文字の読み解き方』のコツを3回にわたって伝授します。

前半は講義、後半は実際にルーンを引きながらリーディングを行う対話型(セッション)セミナー。実践としてすぐに役立つ講座を目指し、わかりやすく解説しますので、初心者も上級者もお気軽にいらしてください。
※ルーン石をご用意ください。お持ちでない方にはお貸しします。

第1回9月28日(土) 
今のあなたに必要なルーンを知る
1個のルーンを引いた時、質問によってメッセージは変わり、どう受けとめるべきか迷いますね。各意味を読み解くにはコツがあります。2013年下半期、あなたの成長に必要なパワーに焦点を当て、ルーンの解釈法を学びます。

第2回 105日(土)

メッセージの受けとめ方には3つある
私はこの7月、ルーン文字の故郷、スウェーデンとノルウェーを旅してきました。そこで出会ったルーンの神秘。講義の前半では、北欧の写真をお見せしながら、本場に伝わるルーン・メッセージをご紹介。後半では、ルーンが何を伝えようとしているかを受けとめる方法を伝授します。

第3回 1012日(土)
メッセージの伝え方、言葉の選び方
ルーンはまず、あなた自身のために使っていただきたいと私は思っています。次にあなたの大切な人や頼ってくる人のために。様々な人生を経てきた相手に対して、何をどう伝えたらいいか、迷うことはありませんか。自分と他者、25の意味の伝え方の違いを学びます。

◎日時
1回9月28日(土)1645191516:40 ~受付開始)
第2回105日(土)1515174515:10 ~受付開始) 
第3回1012日(土)1515174515:10 ~受付開始)
※開始時間が異なりますのでご注意ください。

◎場所:備屋珈琲店 恵比寿店2F 
ROOM EAST
東京都渋谷区恵比寿4丁目411 電話03-5488-1651
JR
恵比寿駅東口から徒歩3分 地図 http://www.binya-coffee.com/shop/

◎人数:10名様◎参加費:3回分 18,000円(+お飲物代)
◎支払い方法:第1回講義の時にお支払いください。

◎予約・お問合せEメール (
tree@rieko-sugihara.com)にて、
①お名前 ②電話番号 ③メール・アドレスをお知らせください。
詳細はこちらから連絡します。
 

テキストとして『古代北欧 ルーン占い』(1360円 実業之日本社)を使います。
Photo

 

 

 

 

|

« スウェーデン日記6 再びルーン石碑 Rune Stones againe | トップページ | スウェーデン日記7 バスでガムラ・ウプサラに向かう To Gamla Uppsala »

News ニュース」カテゴリの記事

Rune ルーン文字」カテゴリの記事

Seminar セミナー・講演」カテゴリの記事

北欧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/53061332

この記事へのトラックバック一覧です: 『ルーン塾』9月開講(9/28、10/5、10/12):

« スウェーデン日記6 再びルーン石碑 Rune Stones againe | トップページ | スウェーデン日記7 バスでガムラ・ウプサラに向かう To Gamla Uppsala »