« ウプサラに現存最古のスノッリの『エッダ』写本が!? | トップページ | 『ルーン塾』9月開講(9/28、10/5、10/12) »

2013年8月29日 (木)

スウェーデン日記6 再びルーン石碑 Rune Stones againe

Simg_5450

迷った迷ったhappy02 シンプルな道と小さな広場だけのウプサラ大聖堂のまわりで。とはいえ、どんなに迷っても、大聖堂を背にして下り坂を下りていけばウプサラ駅に着くはずなので、とりあえず裏側へと回ってみようと歩みを進めたところ、再びルーン石碑を発見したのだ。

Simg_5448

こちらは道なりに6つの石碑が並んでいた。もしも、帰り道を間違えなかったら、これらのルーン石碑とは会えなかった。

Simg_5455

人生には時にこういうことが起きる。自分では失敗や遠まわりと思うような出来事がのちに大事なものと出会うきっかけとなっていることがある。その回り道、迷い道がなければ出会えなかった、いくつものかけがえのない存在との逢瀬が。

このルーン石碑との出会いはまさに偶然といえる神秘的な巡り合わせ。ウプサラ大聖堂の周囲2か所に分かれてルーン石碑があるとは知らなかった。ありがとう。ルーンに導かれているように思うのはこんな時である。しかし、他にももっと、私が見過ごしたルーン石碑があったりして……。

Simg_5473
家族づれが石碑をじっくりと眺めていった。現地の人にとっても珍しいのかもしれない。

S20130702_122420_2
2013.7.2

|

« ウプサラに現存最古のスノッリの『エッダ』写本が!? | トップページ | 『ルーン塾』9月開講(9/28、10/5、10/12) »

Rune ルーン文字」カテゴリの記事

北欧」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/53052178

この記事へのトラックバック一覧です: スウェーデン日記6 再びルーン石碑 Rune Stones againe:

« ウプサラに現存最古のスノッリの『エッダ』写本が!? | トップページ | 『ルーン塾』9月開講(9/28、10/5、10/12) »