« 【ルーン塾】vol.4「ルーン呪文のつくり方―力を高める組み合わせ」全2回 | トップページ | 2014.5.18【ルーン塾】vol.4「ルーン呪文のつくり方①」報告 »

2014年4月20日 (日)

ツツジの色に酔いしれる in 有栖川宮記念公園

Simg_7303

2014年4月16日、ツツジに感動!

有栖川公園に行ったとき、ツツジの花が満開だったのです。きっと、今もまだ大丈夫だから、あなたも行ってみてください

Simg_7285

真っ赤なツツジ、1本だけがぴょこーんと飛び出したツツジがあちこちに。こんなツツジ、初めてみました。

じつは私、今まで、「ツツジ」に心惹かれたことはないんです。なんとなく、地味~な印象があって・・・。

でもでも、この日は違いました。あまりにも鮮やかなツツジの満開尽くしに感動!! 撮っても撮っても撮りきれないくらい、花の色に魅了されました!

「躑躅色(つづじいろ)」という色の名前があることをご存知ですか。紅花と紫根(しこん)で染めるとできあがる、紫がかった明るい赤のことをそう呼びました。

平安時代には、十二単衣の色合わせにも「躑躅」の組み合わせはあるのです。表が蘇芳(すおう・紫がかった青色)、裏が深緑色。“花の色を衣装”で表現するという、和の色彩コーディネートが日本にあったんですよね。

日本って素敵だな、と思うのは、こういう繊細な美の表現を知ったとき……。

出会ったツツジをご紹介しましょう。

Simg_7317

あでやかなピンク色。こぶりの花でした。

Simg_7325

こちらは花びらの先がほんのりと染まり、中心に飾りのように散ったピンクの模様が。

Simg_7331

花びらが透きとおるようなピンク色。 小さな花がふたつ。

Simg_7328

いくつもの鮮やかなツツジが一緒に咲いていました。

Simg_7311


白いツツジも素敵です。中ほどに紅紫色が散っています。花の精霊がふわっと姿を現しそうな予感……。



★有栖川宮記念公園への行き方はこちらをご覧ください。
東京メトロ日比谷線広尾駅 徒歩5分
http://www.arisugawa-park.jp/index.php










|

« 【ルーン塾】vol.4「ルーン呪文のつくり方―力を高める組み合わせ」全2回 | トップページ | 2014.5.18【ルーン塾】vol.4「ルーン呪文のつくり方①」報告 »

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/55855723

この記事へのトラックバック一覧です: ツツジの色に酔いしれる in 有栖川宮記念公園:

« 【ルーン塾】vol.4「ルーン呪文のつくり方―力を高める組み合わせ」全2回 | トップページ | 2014.5.18【ルーン塾】vol.4「ルーン呪文のつくり方①」報告 »