« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月23日 (月)

『バルテュス展』Balthus

Simg_0423_2
バルテュスが使っていた絵の具。
DITTA G.POGGI in ROMA http://www.poggi1825.it/

『バルテュス展』に行ってきました。東京都美術館(上野)で419日~622日まで開催されていた展覧会。いつものことながら、最終日にぎりぎり駆けこみました。開館と同時に行ったのに結構人が並んでいました。

S20140622_093213_2

バルテュスはずっと憧れていた画家でした……というよりも、私が惹かれたのは妻の節子夫人。美しく大胆な着物に身を包み、自己の世界を貫く画家に寄り沿いながらも、影の存在ではなく、凛と立つ女性の姿に。

その女性の夫、画家バルテュスは少女を描き続け、独特のエロスを醸し出す。ピカソをして「20世紀最後の巨匠」といわしめた画家である。

流れていた映像でバルテュスは「少女を描くことから私は誤解をされていることは知っている。しかし、私にとって少女は神聖な存在、その思いしかないのです」と語っていた。

その構図などを見ると、性の対象ではないことがにわかには信じがたい思いもするが、“だれの手によっても穢されていない少女”を描き続けた画家バルテュス。

彼は初めて日本を訪れたとき日本人形と出会い、強烈に心惹かれたという。その彼が50歳を過ぎて出会い結婚したのが、当時20歳の節子夫人だった。彼は、生身の“動く日本人形”を手に入れたのだ。初めて描いた節子夫人の顔のスケッチから、10年の歳月をかけて描いたという「朱色の机と日本の女」まで、彼はだれの手によっても穢されていない日本人形を愛し、触れ、抱き締め、究極の美ともいえる“日本人形”へと作り上げていったのではなかったか。

バルテュスの死後、60歳を過ぎてから夫の絵の保存とより深い理解のための活動を始めた節子夫人。今尚、美しく、若々しく、初々しく、可愛らしく、バルテュスの美意識のままに年齢を重ねていく姿に、愛される女性の真の美しさを感じる。

S20140622_093759

 この展覧会で初めて本物を目にした。少しずつ見ていくと、いつもと違うことに気づいた。そう、ガラスがないのだった。だから、彼の筆づかいをそのまま感じることができた。何度も塗られた絵の具の跡、盛り上がった絵の具、ひび割れた表面などがよく見える。著名な画家の展覧会でガラス越しではなく見られるのは珍しい。なんて贅沢なことだろう。

バルテュスの絵には生身の人間の息づかいを感じる。彼の分身という猫さえつい手を伸ばしたくなるほどだ。「生」「性」「聖」……を私も肉体で感じとりたい。彼の熱い思いはガラス越しでは伝わらなかったにちがいない。

とくに感動した絵は、「美しい日々」の暖炉の火の色。オレンジの美しさは少女がいつか大人になった日のためにとっておく火種のような感じがした。ヤケドしそうなほどの。

「地中海の猫」の虹から飛び出す自由な魚。でもすぐに食卓に連れて行かれるのに…。

「決して来ない時」のバタイユの娘ローランスとの肉体の触れ合いを感じさせる空気感。

「おやつの時間」のりんごのエロス。

「ジャクリーヌ・マティスの肖像」の気の強そうな少女の視線。

「猫たちの王」の、シニカルな表情の自画像と足に頭をすりつかせる猫の愛らしさとのアンバランス。

「黄色い着物を着た日本の女」の日本女性の美しさが立ち姿にあることを知っているかのような、川端康成の世界を思わせる余韻。

「モンテカルヴェッロの風景」の光る川。

「樹のある大きな風景(シャシーの農家の中庭)」の完璧な構図。

「《朱色の肌と日本の女》のための習作」の生々しい裸の線。


バルテュスよ、永遠に。そして、いつか再び、巡り逢いたい。

S20140622_112250

「夢見るテレーズ」

テレーズは最初の少女モデル。1936~1939年まで、幼い少女から大人の女性へと刻々と変わっていく姿を描き続けた。彼女との出会いがきっかけで、バルテュスは生涯、少女をテーマにすることとなったといわれる。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

@nifty「新おとなの学び場 杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る、森の知恵」

Simg_8861_2

621日(土)配信スタート
nifty「新おとなの学び場 
 杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る、森の知恵」


↓こちらから見本記事がご覧いただけます。
http://otomana.nifty.com/authors/rieko/
 

【1】巨樹、ご神木と出会う
(木の文化、神話、伝承)

もしもこの木と出会ったら、圧倒的なパワーを感じることでしょう。
ご紹介するのは、
①数百年以上生きている巨樹 
②神が宿ると崇拝されている木 
③古代からの伝承や神話がある木 
④神秘的な霊気を放っている木 
⑤艶やかな花を咲かせる巨樹 

⑥原爆から蘇った木「A-Bombed Tree被爆樹」

【2】木と花を愛した芸術家たち
ルノワールのオリーブ、シャネルの椿、ゴッホの糸杉、モリスの葡萄の木、宇野千代の桜etc。一本の木が救いとなり、一輪の花が人生を変える出会いになることがある……そのエピソードから、自分らしい生き方を貫く人生を学びます。木の知恵とともに。

【3】未来へつながる森づくり
フィンランド、スウェーデンに続き、森林面積は第3位の日本。世界有数の森林大国でありながら、日本で利用される木材のうち7割以上が外国からの輸入に頼っていることをご存知ですか? 一方で、北欧では動物や植物と共存する、持続可能な森づくりを行い、経済的にも成功しています。北欧の森づくりについて取材し、発信していく予定です。

Simg_6655
in Norway July 2013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@nifty「新おとなの学び場」で連載メルマガSTART!

Simg_9190_2

621日(土)から月2回、連載エッセイを配信します。

nifty「新おとなの学び場 
杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る、森の知恵」
 

木の力強い生命力を感じたくて、心通い合う木に逢いたくて。

いつの間にか、ご神木、巨樹、木に咲く美しい花を探して、日本中、いえいえ、世界中を旅していました。

私が出会って、圧倒的な力を感じた巨樹、ご神木などを紹介しながら、木という生命に秘められた知恵をお伝えしていきます。

大きな木を見に行きたい人、自然が好きな人、森を歩くのが好きな人、木と心を通い合わせたい人に読んでいただきたいメルマガです。

ご一緒に、すばらしい木と出会えた喜び、木の魅力をわかち合いたいと思います。

聖樹巡礼」とは、ただ大きな木をめぐる旅ではありません。

古代、神話の時代から現代まで、脈々とつながってきた木のいのちに触れる旅です。

人間よりも遥かに長い歳月を生きる木と心を通わせる時間にもなるでしょう。

あなたの心の中にも、一本の木が立っていませんか?

http://otomana.nifty.com/authors/rieko/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

6/4「東京巨樹の会」3日目in 秋田~山形

Simg_9642

6月4日(水)。ついに3日目がやってきてしまいました。23日の「東京巨樹の会」ラスト1日です。今日も巨樹を楽しむぞー!!


一里塚のケヤキ
所在地:秋田県湯沢市
幹周:不明 樹高:不明 樹齢:不明

 
Simg_9634_2

Simg_9633_2

しめ縄が張られていました。可愛いちょうちょ結び。なんて、言っちゃだめよね。「花結び」というお祝いの結び方です。何度も繰り返すという意味があり、出産、入学などののお祝いに使われる水引きの結び方ですね。

Simg_9637

木は車が走っている道路沿いに立っています。お地蔵さんが見守っていました。


吹張の大ケヤキ(秋田県指定文化財)
所在地:秋田県湯沢市愛宕町2丁目
幹周:22.75m 樹高:20m 樹齢:400

Simg_9658

幹から下に大きく張り出しているのは、根なのか、それとも幹の続きなのか? 住宅街にドーンとそびえています。

Simg_9681

団体行動でなくて個人で行ってたら、登っていたな、私。寝転んだり、仰向けになってへばりついたり。いろいろしたかった~。

って、してるじゃない!? 寄りかかってみました。

Simg_9688_2

今度はこっち側で寝てみました~。時間制限がなかったら、このまま眠っちゃいそうでした。

川連のホオノキ(湯沢市指定天然記念物)
所在地:秋田県湯沢市秋ノ宮字川連
幹周:10.7m 樹高:10m 樹齢:600

Simg_9766

とても有名な巨樹なんです。写真集などで何度も見ていたのに会えなかったホオノキ。やっと出会えました!

Simg_9697

女性かしら。木の精霊がすっと足を伸ばして座っているような足が見えます。

Simg_9698

ホオノキの花。大きいです。

Simg_9741

木の中心が空洞になっていたので、思わず入って座りました。気持ちよかった♪


向川寺のカツラ
(大石田町指定天然記念物)
所在地:山形県北村山郡大石田町横山字黒滝43752
幹周:9.8m 樹高:33m 樹齢:600

Simg_9895

主幹がしっかりとしたカツラ。珍しいそうです。

Simg_9804
勢いにのって映えてくる葉っぱ。らせんを描くみたいなデザインです。

Simg_9906

カツラの緑はどうしてこんなに純粋なんでしょう? 


向川寺のイチョウ(大石田町指定天然記念物)
所在地:山形県北村山郡大石田町横山字黒滝43752
幹周:7.1m 樹高:35m 樹齢:600


Simg_9851

乳柱をたくさん垂らしていました。

Simg_9837

参道には根っこが広がって伸び、道いっぱいに張り巡っていて、感動!

Simg_9867

向川寺の山門をくぐって少し歩いたところには前述のカツラの巨樹が立っていますよ。


東根の大ケヤキ(国指定特別天然記念物)
所在地:山形県東根市東根本丸南1丁目
幹周:15.77m 樹高:26m 樹齢:1500

Simg_0029
Simg_9955

日本一のケヤキ!! 

Simg_9961

注連縄もデカいっ!

Simg_0053

東根小学校の中に立っているんです。校舎には「夢きらり はじける笑顔 けやきっ子」の文字が。

Simg_9986

洞穴の中には水分が木全体によく行き渡るような工夫がされているのだそう。

「木のために自分の土地を削って、提供して、ケヤキを守っているんだよ」とすぐそばの家に住む女性。子どもたちも大切に手入れしています。

ここは人と木とが共存しているところです。子どもたちの心の中にはずっと、このケヤキの姿が残るんでしょうね。いいな。



大滝のカツラ(山形県指定文化財)
所在地:山形県東根市関山字滝沢山3172
幹周:13.2m 樹高:31m 樹齢:400

Simg_0193

今回の旅で、最も感動したカツラ。個人で行っていたら、私はこの場から永遠に動けなかったことでしょう。


巨樹写真家・高橋弘さん主催「東京巨樹の会」第43回 6月2~4日 in 山形~秋田~山形。

初参加の巨樹めぐり日記、ひとまずここで終了して、1樹1樹の詳しいエピソードは公式サイトで発表していく予定です。












































 


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

6/3「東京巨樹の会」2日目午後 in 秋田

Simg_9126

6月3日(火)午後。あがりこ大王さまで感動して、美しい藤の花に酔って、鳥海山を眺めながら、次の巨樹へと向かいました。

千本カツラ(秋田県指定天然記念物)
所在地:秋田県由利本荘市鳥海町栗沢
幹周:17.6m 樹高:30m 樹齢:800

Simg_9161

たくさんのひこばえが絡まって、太い幹を形づくり、その姿から「千本カツラ」と呼ばれています。

Simg_9136

ヘビを連想させるので、「蛇喰(じゃばみ)の千本カツラ」という異名も。

Simg_9149

太い幹からすーっと伸びている枝にはカツラ独特のハート形の葉がいっぱい。

この緑のハートの中に立って、私、本当にカツラの木が好きだなあって、しみじみと思った時間でした。

Simg_9263

鳥海山を見渡せる小高い丘の上に立っています。

Simg_9277
Simg_9283

クローバーの小道を登って行った先に立っているの。両脇にはたんぽぽの綿毛がいっぱい♪


石沢館(いしさわだて)のイチョウ
所在地:秋田県由利本荘市東由利
幹周:不明 樹高:不明 樹齢:不明

Simg_9354

赤い鳥居の前にまんまるい樹冠が見えました。

Simg_9321

幹からも、根っこ辺りからも、新芽が次々と!


岩館のイチョウ(秋田県指定天然記念物)
所在地:秋田県由利本荘市東由利岩館
幹周:9.27m 樹高:24m 樹齢:500

Simg_9448
Simg_9445_2

「お乳がよく出ますように」というお願いをきいてくださるイチョウさま。白布でヌカを包み、乳首を付けた乳房の形代を奉納して祈願すると、乳の出ない女性でも乳が出るようになるとの言い伝えがあるそうです。

Simg_9443

木の枝につけられた、この鈴、鳴らしてみました。

Simg_9421

私が夢中で写真を撮っている間、イチョウの木の下でのんびり眺めている人たち。心地いい時間が流れて行きます。


法内の八本スギ(秋田県指定天然記念物)
所在地:秋田県由利本荘市東由利法内字臼ヶ沢国有林
幹周:11.66m  樹高:48m  樹齢:500年以上

Simg_9545

8本が高さを競うように成長していたとされる杉。今は6本が元気に生育中です。

Simg_9557

石橋を渡り、木の鳥居をくぐって、坂道を登って行った先に聳えています。


筏の大杉(秋田県指定天然記念物)
所在地:秋田県横手市山内筏字植田表56
幹周:11.82m  樹高:50m  樹齢:1000

Simg_9569

2本の合体木のスギの巨樹。

Simg_9572

かつては、二又に分かれるところに山桜が着生し、「桜の咲くスギ」と愛されていた時代もあるそう。ところが、桜の成長とともにスギに亀裂が入り、危険な状況となってしまったため、伐られてしまったとか。ここまで案内してくださった高橋弘さんもその姿は見ていないそうです。

今もほら、別の木が伸びてきています。強風時には「ギイギィ~」と杉が泣くような音が聴こえてくるそう……聞いてみたい。

Simg_9588

三十番神社の境内に立っています。おもしろい顔をした彫り物がいっぱい!神様?精霊?

Simg_9585

一か月を30の神さまが見守ってくださっているという三十番神社。訪れた3日は賀茂神社のご祭神さまが守護してくれる日。

Simg_9586

境内から石段を下りていくと、のどかな風景が広がっています。

Simg_9622

今日も素晴らしい巨樹と巡り合わせてくださって、ありがとうございました。





















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

7/2「東京巨樹の会」2日目 in 秋田

Simg_9003

6月3日(火) 巨樹写真家・高橋弘さん主催「東京巨樹の会」2日目は、秋田へ。

Simg_8865
Simg_8836

鳥海山のふもとにある「懲戒自然休養林」の中へと入っていきました。ここは、ブナの巨樹の森なのです。

奇形巨木ブナ「燭台」
所在地:秋田県にかほ市象潟町字中島台 
鳥海山北麓の中島台レクリエーションの森内 


Simg_8916

西洋のロウソク立ての形に似ていることから「燭台」と名づけられました。

Simg_8911

私が顔をちょこんと出しているところ。右の枝がとくに太くて、木の精霊が座れるようになっていることから「ニンフの腰掛」とも呼ばれているんですよ。

Simg_9041
こっちから見たら、パオォ~ン。ぞうさんみたいです。

あがりこ大王森の巨人たち100選)
所在地:秋田県にかほ市象潟町字中島台 
鳥海山北麓の中島台レクリエーションの森内

Simg_8938

幹周:7.62m 樹高:25m 樹齢:300年 
写真ではよくわからないのですが、「燭台ブナ」より、ずっとずっと大きいんです!

Simg_8961_2
Simg_8958

木の精霊!?

Simg_8965

地面には足の指が…。

Simg_9004

 触れずには、寄りかからずには、いられません。いつまでも寄りそっていたかった、ブナの王様、あがりこ大王さまっ!

Simg_9045

鳥海山北麓の森では木道を歩きます。川の流れる音、鳥の鳴き声、とんとんとんと歩く私の足音。

Simg_9050

揺れる木の橋を渡って。

Simg_9062
Simg_9064
Simg_9078_3

みんなと離れて迷子になったのに、のんびり森を散策しながら、「わ~ん、きれい!」「かわいい!」あちこちで叫んでいた私です。

Simg_9083

1人で歩いていても、ひとりぼっちの気がしない、鳥海山麓の森。

Simg_9105

森の最後で見せてくれました。出会わせてくれました。大きな大きな藤の木。花の咲く木の中で2番目に好きな藤。(あ、1番目は椿です)

Simg_9112
Simg_9115

みなさんとやっと合流して、Ogawaさんに写真を撮っていただきました。

Simg_9111

さてさて、午後からはどんな巨樹と出会えるでしょうか。

といっても、ちゃんとランチをするわけじゃなくて、バスの中でおにぎりをほおばって、次の巨樹へと向かいます。できるだけ多くの巨樹と出会うため、時間短縮です。



















 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

東京巨樹の会に初参加!6月観察会(山形・秋田)

S
photo by Hiroshi Takahashi

巨樹写真家の高橋弘さん主催の「東京巨樹の会」に初めて参加しました。

高橋さんとは2011年に出版した『聖樹巡礼』(PHP研究所)で、掲載写真のご協力をいただいたご縁。

今まで一人で行っていた巨樹めぐり。初めて大勢の人と、しかも知らない人ばかりとご一緒することになって、最初はちょっぴり不安でしたが、巨樹めぐりが始まるとすぐに吹き飛びました。

“巨樹大好き!”という気持ちが伝わってくる人たちばかりで、写真を撮るのも好き、見上げるのも触るのも好き。私と一緒…すっかり溶け込んで楽しめました 

皆さんに聞くと、この会は6~7年前から始まったそう。高橋さんに会った時から参加していればもっとたくさん見られたのに、なぜ行かなかったんだろう……とちょっぴり後悔。でもね、私ね、誰かと巨樹を観に行く気になれなかったんだから仕方ないよね。独り、黙々と、巨樹に会いに行く旅、それも忘れがたい、いい思い出です。ひとりで樹木と向き合う時間が今の私をつくっているのだと思うから。

ともかく、今回はにぎやかな巨樹めぐり。まずは第1日目に出会った巨樹をご紹介します。

2014年62日(月)に出会った巨樹。

万正寺の大カヤ(福島県指定天然記念物)
所在地:福島県伊達郡桑折町万正寺字大榧

Simg_8444
Simg_8456


幹周:
8.85m 樹高14m 樹齢伝承1000年 

Simg_8490
Simg_8483

精霊がいっぱい!? 他にもいろいろ会いました!



津金沢の大杉
(山形市指定天然記念物)
所在地:山形市南部の津金沢集落のはずれ、熊野神社の鳥居脇に立つ

Simg_8563


幹周 9.18m 樹高 38.5m 樹齢 1000

Simg_8565

木の下に立つと強烈なパワーが胸にずしんと届くよう、幹に触れるとピリピリきました。

Simg_8559

境内全体が神域であることが心身に伝わってくる聖地でした。


山五十川の玉杉(国指定天然記念物)

所在地:山形県鶴岡市山五十川字臼井266

Simg_8580


幹周
10.91m 樹高40m 樹齢1500

Simg_8632

遠方から望むと、玉のような半球形の樹形に見えることから、玉杉の名前がつきました。でも、この位置からだと「玉」には見えないのが残念! 根元は緑のスカートをはいているよう!

Simg_8630

切り株には小さな杉の赤ちゃんが♪

Simg_8648_2

急な石段を登っていくと玉杉の姿が見えてきます。


熊野神社の大杉(石山の大杉)
(国指定天然記念物)
所在地:山形県鶴岡市水沢字熊野前

Simg_8670

幹周 10.70m 樹高 24m 樹齢 推定2000

Simg_8704

周囲の石の垣根を越えて、根がぐんぐん伸びていました。


湯田川の乳イチョウ(山形県指定天然記念物)
所在地:山形県鶴岡市湯田川由豆佐売神社

Simg_8767

幹周
7.6m 樹高37m 樹齢推定2000

Simg_8804

乳柱が垂れ下がっています。鋭いっ。

Simg_8776

この草むらを歩いていった先には……。

Simg_8780

モミのご神木がそびえていました。

Simg_8824_2

巨樹が立っている周辺は温泉街。ひなびた街並み、この石畳の参道を歩いていくと、「湯田川のイチョウ」が立つ由豆佐売神社に着きます。

Simg_8821

帰りも同じように石畳の小道を通って行くと、日帰り入浴施設「正面の湯」がちょうど正面に見えてきます。湯から上がったばかりのおばあちゃんたちがおしゃべりしてました。

少々ひなびた、のどかな温泉街をあとにして、温泉入りた~い気持ちを胸に……今日の巨樹めぐりは終わりです。











 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

20140601【ルーン塾】ルーン呪文のつくり方②報告

S20140601_155541

6月1日(日)「ルーン呪文のつくり方~力を高める組み合わせ」2回のうち、第2回が終わりました。

今日は、実際に碑文に描かれたルーン呪文について解説しました。願いを実現する“自分だけのルーン呪文”をつくるために役立ててください。

思いがけず楽しかったのは、MIHOさんがヴァイキング時代の音楽をバイオリンで奏でてくれたこと。

S20140601_155525

ノルウェーの民族楽器「ハルダンゲルバイオリン」で演奏される北欧民謡や、フェロー諸島に伝わるヴァイキング時代の「チェインダンス」の音色。

遠い古代にふっと身をおいたような、原始的なエネルギーに包まれるような気持ちになりました。

みなさまはいかがだったでしょうか。MIHOさん、貴重な体験をありがとう!

2回にわたってお伝えしてきたルーン呪文がみなさまの人生に役立つことを願っています。

実際に「ルーン呪文をつかって効果が現れた…」というお話も期待しています。

前回、「宿題を描いてきてください」と頼んでいたルーン・シンボル。

S20140601_144742

KIKUさん作。「健康」の願いをこめて、太陽をイメージして、ルーン文字を組み込みました。オレンジと黄色の組み合わせが温もりを感じて、カラダもぽかぽか内からあたたまりそうですね。

S20140601_144826_2

HIMOさん作。オリジナルのジュエリーをつくり続けているMIHOさんならではのインスピレーションと発展のルーン・シンボルです。

次回は来週。6月8日、22日(日)「ルーン文字 25の聖なる知恵」基礎Ⅰ

「今のあなたに必要な“力”は何ですか?」をテーマに、ルーン文字の意味とパワーを勉強します。

みなさまとお目にかかれるのを楽しみにしています。

S20140601_155512_2

ドリンク付き。あなたの人生に役立つセッション・セミナーです。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://rieko-sugihara.com/information/













| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »