« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

10/26巨樹めぐり in 福島「大悲山の大杉」

Simg_3878

大悲山(だいひざん)の大杉

(県指定天然記念物)
所在地/福島県南相馬市小高区泉沢

樹種/スギ(ヒノキ科)
樹齢/約1100
樹高/約45メートル
幹周り/約8.6メートル201410月現在)

今回の「FUKUSHIMA巨樹めぐり」の目的はこの大杉!

原発事故で通行規制されていた福島県内の国道6号線の二葉町~富岡町間が、2014915日、全線開通し、自由に通行が可能になったので、南相馬の「大悲山の大杉」まで行けると思ったからです。震災半年後は行けませんでした。

Simg_3871_2

じつはこの日も、浪江町側からでは途中で道が封鎖、国道6号線に引き返すことに。もしや会えないのでは!?と心配しましたが、ちゃんと行けました。ここまで来るにも何度か検問を通って進んできたのです。会えて、よかったconfident

Simg_3882_2

圧倒的な生命エネルギー! ここに来るまで、不思議な匂いが町の中でしていました。青くさいような、葉っぱのような。鼻のいい友人が、この神社に到着するなり、「この匂いだ!」と大杉をくんくん。樹齢1100年のスギの香は町じゅうに漂っていたんですね。
生命エネルギーに満ちているところを通ってきた私たち……。

地上3メートルのところで、枝が数本にわかれ、まるで、それ自体が生き物のようで、触手が動いているみたい。宮崎駿監督の映画に出てくるオームのよう!?

Simg_3888_2

古い立て看板にはこんなふうに書かれてありました。

「霊木
  樹令 壱千百余年
 大悲山の大杉 
 古くからお百度巡は
 特に縁結 安産 
 長寿満足に
    霊験あり
 大悲山慈徳寺」


Simg_3943

生きてる。あたりまえだけど、今にも動き出しそうで、神が意志をもって、スギの姿として現れたのだと思いました。

Simg_3901

薬師堂には石仏さまが並んでいらっしゃいました。この磨崖仏群は岩にそのまま彫られ、そこに社殿が建てられていたのです!

Simg_3903

ここを訪れるほとんどの人がこの石仏様を見にいらっしゃるのだろうけど、私たちは「大杉」が目的だったので、岩に掘られたまんまの石仏様を見たときは、ぎょっ、びっくりっ、感動happy02  
人間がつくったものとはすぐには信じられませんでした。

Simg_3969

小さな石仏さまも岩壁に。お百度巡りの石仏様もここに(写真中央あたりの石)。

Simg_3979

奥の社殿前には夫婦杉も立っています。

Simg_3983
Simg_3990

根元には、瞑想にちょうどいい形の石があって、とにかく座り心地がいいのよ~shine

Simg_4003

ほんの少し色づき始めたモミジも素敵。

Simg_3998

エリンギ岩。

Simg_3918

ご近所の方でしょうか、杖をついたおばあちゃん。大杉をしばらくの間、見上げていらっしゃいました。

Simg_3942

ああ、立ち去りがたい。

じつはこの大杉のとなりにも、1本立っていました。最初は「2本も大きい杉が一緒に立っててすごいなあ」と両方を一緒に見ていたのですが、だんだんと、大杉のエネルギーに圧倒され、「となりと一緒にするなよ~」という気が伝わってきました。

大杉の“想い”というか、“語りかけ”のような、言葉にならない何かが……。

帰る頃にははっきりと、「大悲山の大杉」こそ神宿る樹であり、他の杉とは別格の存在なのだ、ということがわかってきました。

それは、大杉が教えてくれたのです。

最後にしっかりと手を合わせ、さよならを言いました。

すばらしい出会いに感謝して。そして、ここまで一緒についてきてくれた相棒にも、ありがとうheart02













| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年10月30日 (木)

10/26巨樹めぐり~in 福島「中釜戸のシダレモミジ」

Simg_3516

中釜戸のシダレモミジ
(国指定天然記念物)
所在地:福島県いわき市渡辺町中釜戸字猿田21

樹種/イロハカエデ(カエデ科)
樹齢/不明◎樹高/6.8メートル
幹周り/2.75メートル
傘の広がり/東西約10m・南北約2m
2014年10月現在)


友人と福島の巨樹めぐりに出かけてきました。ずっとずっと会いたかったカエデの木にやっと会えましたwink

Simg_3406

白い幹、白い枝、曲がりくねりながら空へと昇っていくカエデ。枝がねじれ曲がった“シダレモミジ”は、本来のカエデにはない異形の姿。

私が立っているのは、一番上写真の幹からぐ~んと伸びた枝の一本なのです!! かなり離れているのに、同じカエデだったっ!驚いたshine

Simg_3493

このコったら、うさぎ?ポケモン? こんな可愛い顔して、精霊が宿っているに違いありません。

ああ、やっぱり。私はどこかへんてこりんな巨樹に心惹かれてしまうのですワ。

Simg_3527

この木のそばにもう一樹立っています。こちらもかなりの個性派です。一本の太い幹から滝のようにモミジの葉が垂れ下がっているのです。こちらの木のエネルギーのほうがビシバシきましたhappy02 友人がいなかったら、木の根元に横になって、いつまでも寝ころんでいたでしょう……。

Simg_3536_2

シダレモミジのエネルギーが降り注ぐ中に溶けこんでいきそうな私。

Simg_3396_2

こんな田園風景の中を通っていきます。左にいるのは人ではない。

Simg_3615

一緒に並んでみました!かかしさんとhappy02

Simg_3578

シダレモミジの赤ちゃんもいましたよheart04

Simg_3595

観音堂のそばに立っていたシダレモミジにさよならして、名残惜しくて、何度もふり返りふり返り、サヨナラしました。

Simg_3448_2

出会ってくれて、ありがとうconfident



| | コメント (0) | トラックバック (0)

薔薇づくしのウェディング・パーティー

S20141019_181333

今、スウェーデン語を勉強しています。大きな木が物語の中心にある北欧神話、世界樹から生まれたルーン文字など、私がさらに研究を続けていきたい資料にはスウェーデン語で書かれたものも多いのです。

「原書で読みたい!」
そんな思いで始めた勉強ですが、かなり難しい言語です。ま、気長にやっていきますhappy02

でも、嬉しいこともいっぱいで、スウェーデン語を通してたくさんのお友達と出会いました。この1年で外国人の友達がたくさんできました!

それを実感したのは、スウェーデン語を教えていただいている先生のアフター・ウェディング・パーティーに出たとき。

一年前だったら、壁の花になっていたところですが、スウェーデン人のお友達や、スウェーデンに関係する仕事をしている人にもたくさん会って、おしゃべり。いつの間に? 私、こんなにお友達ができてる
?! スウェーデンから来日したアーティストの方も紹介していただきました。すばらしい出会いをありがとうwink

(写真削除)

何よりも、そんなチャンスをくださったN
先生、ご結婚おめでとうございます!

この日、すばらしかったのは、花はバラだけ! なんて潔い! 髪を飾る花も手にした花もheart04

ドレスコードは、Red&Glamorous ということで、私、数年ぶりに着物を着てみました。

Simg_3336_2_2

N先生への花束も赤”で“ゴージャス”に! スウェーデン語の友人3人と相談して贈ったのはこんなバラのアレジメント。

S20141019_180435

色っぽいダークレッドのバラに、北欧で「絶対的な愛」の象徴とされる赤いリンゴを添えて。着物も花も、お祝いの席に華を添えることができたら嬉しいなと思ってapple 

 この夜、まさに赤い情熱がほとばしるゴージャスな時間でした。

N先生とYさまのお幸せを心からお祈りしていますhappy01


inスウェーデン大使館




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

大豆工房みやの「おからサラダ」のつくり方

S20141003_215758
 

「大豆工房みや」でいただいた“生おから”。

子供の頃におばあちゃんが作ってくれたお惣菜の思い出があるけれど、自分で料理したことなんてなかった。で、教えていただきました。

なんと、おからのサラダ!happy02 

「みや」さんで教えてもらったレシピをご紹介します。

<材料>
・ニンジン、玉ネギ、レタス、キュウリ

(季節の野菜でいろいろチャレンジしてね、と書いてありました)
・シーチキン
・マヨネーズ
・塩・胡椒

<つくり方>
①ニンジン、玉ネギは薄切りにし、軽く塩もみしてボールに入れる。
②レタスは大きめにちぎり、キュウリは薄切りにして①に入れる。
③シーチキンを入れる。
④生おからを入れる。
⑤マヨネーズであえて、塩・胡椒で味を整える。

※ポイント
・おからの量の倍くらいの野菜で和えるのがパサつかず、おいしくできます!
・おからは後から少しずつ入れるのがおいしく仕上げるコツ。

この日は冷蔵庫には野菜はほとんどなかったので(前もって用意しておくけどネ、普通は。レシピあるんだしsmile)、ピーマンを生で薄切りに、香菜(チャンサイ)をちぎってたっぷり入れて作ってみました。混ぜていると結構、かたくなってきて、あまりおいしくできなかったかな~と反省していたけれど……! 

口に入れたら、ふわっふわっ。口の中でおからが溶けるみたいに広がって、なんて、おいしいのheart04

こんな感触は食べたことがないかも。とりあえず入れた生ピーマンの辛みがぴりっと効いて、チャンサイの独特の香りも生きて、絶品サラダになりましたconfident

作り終えて、すぐまた作りたくなっちゃった。レタスと玉ネギはあったほうがいいかも。またチャレンジしようっと! 少し水気が出る野菜と組み合わせるともっとおからがふわふわになると思います。

S20141003_214919_2

こちらは油揚げを焼いただけ。油抜きしないで使ってね!と言われたとおり、そのまま、ちょっと焦げ目をつけるくらいに焼いて、生姜醤油でいただきました。ビールに合います。

豆腐づくしのこの日の夜ごはんでしたhappy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/4おいしいお土産 in 大豆工房みや

Simg_3191

東京巨樹めぐりのおまけhappy01

「大豆工房みや」に立ち寄って、美味しいお土産いっぱい買いました。店に入って、目にとまったのは「ご自由にどうぞ」の文字。みんなで、梅水をぐいぐい。配られた豆乳もごくごく。のどが乾いていたので、梅水は5~6杯、おかわりしちゃいました。

Simg_3189_2

手づくり豆腐、種類いろいろ。

Simg_3190

豆腐を使ったお菓子もいっぱいheart04

Simg_3320

買ったもの。黒ごま豆腐(ゴマの粒々も感じるこっくり豆腐)、油揚げ(焼いて食べたら絶品)、納豆(とろっとろ。これ、本当に納豆!?)、豆乳!!!(ジュレみたいにとろっとして、こってりまろやか、また飲みたいhappy02)、そして、おから。お店でもらった「おからサラダ」のレシピで作ってみたら、ほっこりふわふわサラダのできあがり。最高です、このお店。

★大豆工房みや
埼玉県入間郡越生町堂山178-7
http://www.shokokai.or.jp/50/113271S0007/index.htm


| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/4東京巨樹の会 in 埼玉県ときがわ町

Simg_2592_2

木が叫んでるっ! 

この日、出合ったのはこんなカシの木。

巨樹写真家の高橋弘さん主宰「東京巨樹の会」5回目の参加です。あれからもう2週間も経ってしまった……かなり忘れている。やっぱりすぐに書かないと感動が薄れるなあ、と反省しつつ。埼玉県ときがわ町の巨樹めぐりです。

八神神社のイチイガシ
(鳩山町指定天然記念物)
所在地:埼玉県比企郡鳩山町高野倉 
幹周:5.2m 樹高18m 樹齢600

Simg_2644_2

カシの巨樹を見たのは初めてでした。幼いころに夢中で見た「樫の木モック」の樫の仲間だよね、この木の種類。すらっとしていて、美しい木でした。心に思い描いたカシよりも小さいですが、日本最北のイチイガシの巨樹だそうです。

Simg_2652_2Simg_2651

イチイガシの葉っぱ。葉の周りがギザギザになっているのが特徴です。

児持杉(こもちすぎ)
(ときがわ町指定天然記念物)
所在地:埼玉県比企郡ときがわ町西平 萩日吉神社 
男杉・左
/幹周:6.54m 樹高36m 樹齢800年 
女杉・右/幹周:
9m 樹高49.5m 樹齢800年

 
Simg_2660_2

右の女杉のほうが勢いよくて、男杉のほうが細めです。木の世界もかかあ天下のほうがうまくいくということかしら。

Simg_2677

男杉、女杉、両方にお願いをすると子宝に恵まれると言い伝えられています。

Simg_2686_2_2

西平の大カヤ
(埼玉県指定天然記念物)
所在地:埼玉県比企郡都幾川村西平 
幹周:6.7m 樹高21m 樹齢:1000年

Simg_2715

児持杉から少し歩いたところに立っていたのは、森の王様のような風貌をして、あったか~い心が伝わってくるようなカヤ。幹にはちょうど座れるこぶがあって、そこにいるといつまでもいたくなりましたheart04 

Simg_2813

離れがたくて、写真を撮る高橋さん。今回の旅は20人近くいたのだけど、最後までこの木に残っていたのは4人。どうして……こんなに気持ちのいいオーラを放っている木なのに。今でも、この木が放つ気が一帯に満ち満ちていたことを触感として思い出します。

Simg_2848

児持杉の立つ萩日吉神社で偶然見つけたご神木。根張りが凄かった!

超沢稲荷の大杉
所在地:埼玉県ときがわ町 
幹周:6.21m 樹高25m 樹齢500

Simg_2933

枝垂れ杉なんて、初めて見た! 長い枝が下に向かって、ぐんぐんと伸びていますぅ~。

Simg_2961

杉の前には「山猫電鉄バス」の停留所が!? 来るの? ネコバス!?happy02

Simg_3021

オレンジ色のコスモスが連なっていました。

10月の巨樹めぐりベスト1heart04
姥樫(うばっかし)
所在地:埼玉県ときがわ町 
幹周:6.32m 樹高15m 樹齢600

今回のメイン・ツリーはこの「うばっかし」。おどろおどろしいよ~とみんなから言われていた、どんな姿をしているのでしょうか!? ドキドキしながら訪ねたら、、、

Simg_3060

怪物くんcoldsweats02 つり上がった目でぎろっとにらんでるような、からかっているような「顔」がくっきり見えるカシの古木でした。

幹は根元からぐい~んとねじれて、らせんを描きながら生長した様子が見えます。

Simg_3154

巨樹好きは必ず見に来るという姥樫。こんなに凄い巨樹なのに天然記念物指定にならないこともあるのね……。枝は苔むして尚、エネルギッシュな気をビュンビュン放っていましたshine

上谷の大クス
(埼玉県指定天然記念物)
所在地:埼玉県 
幹周:9.2m 樹高28m 樹齢:伝承1000年

Simg_3202

ダイナミックなクスノキ。全国を見渡してもかなり大きい方で、北限域のクスノキの巨樹。

木道が整備されたばかりできれいすぎる感があったけど、このクスノキへの崇拝がこの木道を造らせたのでしょう。20年前は猟師さんが鉄砲を持ち歩いているような山奥だったのだそう。

クスノキのそばまで行けないのは少々残念。結局、みんなで下の広場へ降りて、全体を見上げることにしました。すぐそばで木道から見上げるよりも、クスノキの近くにいるような感じがしたのが不思議でした。

Simg_3197

秋も深まり、最後の彼岸花が咲いていました。

★「東京巨樹の会」第47回観察会 
私の参加:5回目                              
埼玉県ときがわ町の巨樹めぐり:6樹

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

2014.10.9出版『ゲーム制作者のための北欧神話事典』

20141009

『ゲーム制作者のための北欧神話事典』

◎出版社:翔泳社
◎監修:杉原梨江子 著者:松之木大将
◎価格:2800
◎詳細はこちらをご覧ください
http://books.shoeisha.co.jp/book/b183289.html

109日、新しい本を出版しました。北欧神話に関する本の2冊目です。

「木」をテーマに書いている私がなぜ、北欧神話?と聞かれることもあるのですが、北欧は“樹木崇拝”の頂点ともいうべき「宇宙樹(世界樹、生命の樹、Tree of Life)」の思想が根づいている地域です。

“天と地とをつなぐ大きな木が宇宙を支えている”と古代北欧の人々は考えていました。その木の名前は、宇宙樹ユグドラシル。北欧神話はこの宇宙樹を中心とした独特の世界観が物語のベースとなっています。

今回の本はとくに、ゲームのクリエイターを対象として作成しています。というのも、ゲームやアニメなどの世界では、北欧神話に興味を抱く人が増え、インスピレーションの源となっています。今、大ヒットしている漫画『進撃の巨人』も北欧神話がネタ元といわれていますよね。

天地創造から最終戦争、そして、世界滅亡までが描かれる壮大なスペクタクル・ストーリー。

非常に複雑でわかりづらい北欧神話をわかりやすく解説しながら、ほぼ全ての登場人物を網羅して、キャラクター作りにも役立つように工夫しました。

とくに北欧神話に惹かれるところは、物語の主人公である神々が非常に力強く、人間くさいところです。神々は欲望に忠実で、欲しいものは必ず手に入れます。滅びへと向かいながらも、勇ましく生きていきます。何が起ころうと、自分を絶対的に信じ、意思を貫いていく。エピソードの数々には、本当に自分が納得する人生を生きていく、力強い知恵が散りばめられていると思います。

日本ではほとんど知られていない北欧神話。日本の神話ともギリシャ神話ともまるで違う北欧神話の世界へ入ってみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »