« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月21日 (土)

2015.2.15竹原のお抱え地蔵さま

Simg_9930

願い事を胸に祈りながら、お地蔵さまを抱えると、お願いごとを叶えてくれるというお地蔵さま。

Simg_9933

石段を少し上がったところにあります。行列ができていました!

Simg_9932

石段の途中にも、小さな鬼がわら、ちびお地蔵さまがぽつんぽつんといらっしゃいましたよhappy01

Simg_9927

お願いごと、きっと叶いますheart04

Simg_9929

かわいい、かわいいお地蔵さまですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.2.15竹原のご神木たち

Simg_9942_2

初めての竹原ゆき。いちばん嬉しかったのはこの連理のイチョウと出会ったことかな。

Simg_9859_2
Simg_9858_2

伝統的建造物の保存地区をてくてく。マッサンの生家で立ち止まる人々。どんな大きな木と出会えるかな、とちょっぴり期待していました。

Simg_9897

まず出会ったのは不思議なフシギなこの木。

☆聖樹巡礼2015-17
「西方寺の松」竹原の清水寺・西方寺の境内に松!? これって、なんだろ? 

Simg_9907

松ぼっくりがこんなところに!? なぞのまま、東京に帰ってきてしまいました。
 

Simg_9914

次に会ったのも不思議な物体。
竹でつくったスカイツリーって、書いてありました。

Simg_9921

そばには柑橘。はっさくかな。

Simg_9924

竹原市民俗資料館で、マッサンのウィスキーづくりの歴史を見てきました。

Simg_9925

マッサンと妻リタの物語もいっぱい。この写真は「りんごに埋もれた余市蒸留所」

Simg_9926

「1940年頃のウィスキーの瓶づめ作業」等々の昔の写真や、リタの手紙なども展示されていました。

竹鶴だから、鶴亀で、テレビではマッサンの名字は「亀やま」。サントリーの鳥井社長は「鴨い」さん。いろいろ考えてるんだなあ、と感心。でも、養女の女性はその後マッサン夫婦と折り合いが悪くなり、晩年まで関係が修復しなかったため、ニッカの歴史にはあまり登場しないのだとか。複雑なんだなあ、これからの朝ドラでそこまで描かれるんだろうか? などと想像しながら、資料館を後にしました。

Simg_9948

☆聖樹巡礼2015-18
「照蓮寺の連理のイチョウ」
所在地:広島県竹原市本町3131

資料館から少し歩いて、保存地区のいちばん奥にあるお寺「照蓮寺」。大きな幹のとなりにヒコバエがすっくと伸びています。

こういう形を「連理」のイチョウといって、縁結び、夫婦和合の御利益があるのですよねhappy01

Simg_9950_2

木の根元に鬼がわら! 竹原、石段の通りとか広場とか、あちこちに鬼がわらがありました。

Simg_9968

☆聖樹巡礼2015-19
「楠神社のクスノキ」
所在地:広島県竹原市忠海長浜 
樹齢:
不明 幹周り:8.6m 樹高:32m

地元で親しまれている、大きなクスノキさん。春には子ども神輿が行われるそう。小さな境内には社もあったけど、このクスノキさんのためだけの土地ですね。

Simg_9969

電線やら石塀やらにはばまれて、狭苦しそうだったけど、元気で生き生きしてました。

Simg_9984

楠神社の目の前に流れていた川。鷺が飛び立った!


 

 


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

2015.2.15マッサンの故郷、竹原散歩

Ssssimg_0008_2

バレンタインデーから3日間、故郷の広島へ帰ったついでに、ちょっと足を伸ばして竹原まで行ってきました。

マッサンの故郷。道の駅には等身大のポスターがheart04

Simg_9836_2

昔ながらの町並みを歩いていると、

 Simg_9849

竹鶴酒造の看板を発見。

Simg_9850

いたるところにマッサンがいました。

Simg_9840

懐かしい木造家屋の窓からのぞいている犬。きょろきょろ。

Simg_9845_2

Simg_9999

さすが、竹の町。郵便受けも竹で作られていました。


Simg_9879_2

西方寺へ行きました。「小京都」と呼ばれるこの土地で、竹原の清水寺といわれています。

Simg_9878

石窟の中に不動明王さまと観音さま。

Simg_9894

赤い舞台から見下ろしたら、瓦屋根の連なりが美しい風景が広がっていました。左手には海も見えました。

Simg_9901

梅の花がちらほら、咲き始めていましたよconfident












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

なにかがかわるとき

Simg_4788

しずかに、しずかに・・・・・・。

心がかわっていく。

そんな感じ、今。

やっと。

ながい、ながい歳月を

他人の目のなかで生きてきた

そんな感じ、だった。



わたしの目で、「木」を見つめたい。

これからの人生はずっと。

あかるくないといけないとか

前向きなことばじゃないといけないとか

思いすぎていた、かな。


わたしが

「木」に惹かれたのは

「木」がだいじだったのは

ひとりぼっち

だったから。

「木」だけが、あたたかかった。

寄り添っていたら、

からだがぽかぽかしてきて

心臓がどくんどくんいって

こころのいのちが、生きかえった。

だから・・・・・・。


だれにでも、孤独のじかんはあって、

わたしは、

「木のそばにいたら、元気が出てくるよ」って

伝えたかっただけなのに。

なんだか、遠い、遠い、

場所まで、きてしまっていた。

原点にもどろう。

「木」と「わたし」とふたりきりだった

あのころのきもちに。

Srimg1047_2












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

2015.2.5「東京巨樹の会」in 伊豆奥地の大杉2

Simg_9784

☆聖樹巡礼2015-16
シラヌタの大杉
 
所在地:静岡県賀茂郡東伊豆町大字奈良本
    
奈良本国有林 
樹齢:1000 
幹周り:
8.4m 樹高:41m

Simg_9675

千手観音杉から2キロ歩いて、奈良本国有林の中へと入っていきます。こちらの巨樹も山奥にあるのです。

Simg_9679

山道を歩いていく。ざっくざっく、雪の中。木の橋とんとん。早い早い、ぐんぐん進む白髪の女性、強しcoldsweats02

 Simg_9824
Simg_9683

川越え、山道歩き、後ろから来た人に追い越されつつ。またしても、負けとられんと奮起してついていく。まだかな、まだかな。

Simg_9756

やっと出会えました「シラヌタの大杉」。急斜面に立っています。根が守られ、近くまではいけませんでした。

Simg_9751

太い幹の左側、細い幹とつながって“連理”の姿をしています。別々に立っていた2本の木が途中で一緒になることを連理といいますが、この木はいずれは一体となっていることでしょう。それがいつかのことかは想像もつかないくらい長い歳月がかかるはず。数十年後か、数百年後か、私が生きているうちに一緒になるでしょうか?

立ち去るのは名残惜しい。振り返り振り返りしつつ、帰路に着きました。

Simg_9811

山道の途中、こんな素敵なケヤキにも会いましたよ。

Simg_9816

雪の山をぐんぐん歩いて、会いに行った、2本のスギ。奇跡のような出会いでした。

巡り合いにありがとうshine 

いつかまた、あたたかい季節に、緑の山で会いたいなconfident

 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.2.5「東京巨樹の会」in 伊豆奥地の大杉

Simg_9609

巨樹写真家・高橋弘さん主宰「東京巨樹の会」に9回目の参加。伊豆奥地の大杉の報告します。

雪、雪、雪の中で、美しい杉の木と出会いました。

「千手観音杉」を見上げた感動! さらに歩いてもう一本は連理の姿をした「シラヌイの杉」。不思議な形に惹きこまれました。

でもこの日、前日までの快晴とはうってかわって、雪の予報。今回の観察はたった2本で、しかも高橋さんいわく、
「山奥にある巨樹に2キロ(!)歩いて会いに行く」
というもので、巨樹好きでもあきらめるほど不便な場所に立っているという。だから、雪の中では無理かも…とちょっぴりあきらめていたのです。途中のサービスエリアでも高橋さんから、「雪が心配なので、別の巨樹に変更するしかないかなあ」なんて言葉も出て、え~行かないの!?と思いましたが……snow

雪がだんだんひどくなる中、熱海が近づき、海を眺めながら、ともかく稲取まで行き、お昼ごはんは食べようと予約してくださったお店へ。

なんと、そのお店、絶品ではありませんか!

S20150205_113059

私が食べたのはイクラ丼。見て!この大漁盛りhappy02 お刺身もたっぷりでごはんになかなか辿りつけませんでした。

S20150205_113027S20150205_112630
S20150205_113145S20150205_115939

他にもウニ丼も鉄火丼もアジ丼も山盛り! 

S20150205_113509_2

それから別注した、金目鯛の煮つけも口の中でとろとろ、とろけるようで、おいしかった~heart04 

というわけで、おなかいっぱい。満足満足で、別の巨樹でもまあ、しかたないか、雪で帰れなくなるより……なんて思いかけ、バスに乗り込む頃には雪が止んで、すぱーっと青空、辺りが急に明るくなったではありませんか。

するとバスの中であちこちから「行こう、行こう」の声があがり、高橋さんの「行きたい人、手をあげてー」の呼び声に速攻で勢いよくほぼ全員の手が挙がったのでした。そんな中、私。心の中で「えっ、今晴れてるけど、雪がひどくなって帰れなくなったらどうするのよ~!」とおそるおそる手を上げると、多数決で行くことになっちゃいました~coldsweats02 

今回の旅は約28名、平均年齢70歳!恐るべし面々。

ああ、おじいちゃまたちに負けとるわ~あたしっ。
へなちょこじゃ~coldsweats01 
尻ごみばっかりの人生を振り返ってしまいましたわ、反省。
で、気を取り直して、雪の中へGO!! 

Simg_9664

立ち入り禁止の看板もなんのその。歩くぜーshoe ざっくざくっ。

Simg_9507

ヤドリギ発見! 枝に雪がふわふわ積もっててきれいshine

Simg_9492

ああ、いつまで歩くのか? 

ざっくざっく、ざくざく。雪を踏む足音しかしない……。2キロって、どのくらい?

Simg_9514_2

あ、やっとだ。看板発見!「オバケスギの入口」。

☆聖樹巡礼2015-15
千手観音杉 
所在地:静岡県賀茂郡東伊豆町大字奈良本 
樹齢:1000 
幹周り:
6.5m 樹高:27

Simg_9545

この巨樹、「お化け杉」では色気も何もない、ということで、今では「千手観音スギ」が通称となっています。幹から何本もの枝が出ているから、千手観音さまにあやかって、高橋さんのお友だちが名づけたと聞きました。それが今では全国区の名前に!すごいことだ!

本当に美しい。すっくと立った杉の幹から四方八方に枝が伸びています。若々しい青年のような……森の女神さまのような……。

Simg_9547

角度を変えて見ると、また違う美しさが。雪をかぶってこその優雅さも。

Simg_9585

祈る人。

Simg_9563

森の奥深くに入っていくと、3
本の杉が仲良く立っています。雪景色。銀世界。

突然、「叫ぼうか?」と隣に立っていたカワイイおばちゃん。大きな木のそばで、いつもだんなさんの名前を叫ぶのだ、このおばちゃん。今日もまた叫ぶらしい。そこで私も“叫ぶ”仲間入り。

「愛してるよ~~~」二人で叫んだ声が雪に吸い込まれていきました……。

Simg_9574

みんなで見上げる……。

この会でしか会わない人たちだけど、巨樹が大好きな人と、大好きな木を見上げるって、いいなあといつも思う。

Simg_9668

帰りもまた2キロ、歩いて歩いて、ざっくざっく、雪の中…。次の巨樹目指しましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »