« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月24日 (日)

小林和彦さん「反核兵器反原発ドイツ講演報告会」

Img_3856_r

2015年1月24日(日)
「小林和彦さん 反核兵器反原発ドイツ講演報告会」に参加しました。
場所:神奈川県民サポートセンター

参加者のお一人がライブのように報告していました。
こちら→ http://togetter.com/li/929629

私の感想はまたあらためて書きます。

photo: Ookuma-machi in Fukushima (September,2014)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月21日 (木)

foomii第38回生命の樹シリーズ‹2›サカキ―神迎えの木

Img_2398_2_r

【メルマガのお知らせ】

foomii杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る森の知恵』
 
39生命の樹シリーズ〈2
〉サカキ―神迎えの木
 
World Tree Series Cleyera

日本人は常緑の木や季節の草花に神様が降臨してくると信じてきました。

「神の依代」としてのサカキのいちばんの特徴はそのつややかな葉。つるっとした手触りがあり、表面はピカピカと光っている。

この生き生きとした緑あふれる姿ゆえ、常緑樹の霊力は優れ、永遠であると日本人は考えてきたのでしょう。

京都にある縁結びの賢木、『古事記』の天岩戸伝説に登場するサカキ、『万葉集』のサカキの歌などをひもときながら、わが国のご神木を通して「生命の樹」について考えます。

花の裏シンボル図艦は「カモミール」です。

【ご購読はこちらからお入りください】
http://foomii.com/00086 


 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月18日 (月)

foomiiメルマガ「生命の樹シリーズ」始めます

Img_8179_r

【メルマガのお知らせ】

第38回「foomii杉原梨江子の聖樹巡礼―巨樹が語る、森の知恵」
 生命の樹シリーズ〈1〉イチイ―死と再生の木

 
World Tree Series 1Yew

毎月2回(6日、21日)配信中の連載フォトエッセイ

今年から「生命の樹World Treesシリーズ」を始めます。

2014年6月21日から始めたこの巨樹メルマガ、1月6日で38回を迎えます。

今までは日本のご神木を中心に、日本の木の文化と歴史について書いてきました。今年から、世界の樹木崇拝に目を向けてみたいと思います。

Jag skriver om träd på värld. Yggdrasill av nordisk mytologi,lind i Indien, fikon i Egypten.(Swedish)

 
I'm going to write about the world of trees. Ash of Norse mythology, linden of India, Fig of Egypt etc.

 

「生命の樹」って、知っていますか? 世界樹、宇宙樹とも呼ばれます。

“大きな一本の木が世界を支えている”という樹木神話が世界各地にあります。

たとえば、北欧神話に登場する世界樹ユグドラシルのトネリコ、お釈迦様が悟りを得たインドのボダイジュ、古代エジプトに壁画が残るイチジクの木……。

毎回1つの樹種を取り上げて、木の文化と歴史、神秘の物語世界へお連れします。


1年を通して、「生命の樹」をたどっていくと、日本のご神木と海外の聖なる樹との共通点が見つかるかもしれないと、私自身、とても楽しみにしています。

2016年スタートは「イチイ―死と再生の木」です。寒い季節にも緑をたやさない針葉樹で、真っ赤な実をつけます。ヨーロッパ各地で聖なる樹として崇拝されている木。樹齢2000年をこえる長寿の木です。

【ご購読はこちらからお入りください】
http://foomii.com/00086/2016010622300030747


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016明けましておめでとうございます!

Sricho10882_282_3

新年あけましておめでとうございます!

2016年がスタートしました。

あなたの心の中にある、世界にひとつだけの花、

1年をかけて、どんな色に染めますか?

Gott nytt ar!

Sricho10882_280
Atomic Bombed Trees in Hiroshima.
被爆樹-広島平和記念公園の白いキョウチクトウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »