« 被爆の人体への影響がわかるのはいつ? | トップページ | フクシマのこと »

2016年2月26日 (金)

東日本大震災を生き延びた木 「天神大杉(陸前高田)」

Img_3998_r


天神大杉(てんじん・おおすぎ)
 
所在地:岩手県陸前高田市気仙町 今泉天満宮

樹齢:約800年
 

希望の一本松から車で10分ほど、今泉天満宮のご神木。

津波によって、社殿も鳥居も石の階段も一切が流されました。

小高い丘の上、このスギの木と、口の欠けた狛犬だけが残りました。

この木も、地域の人々にとっての「希望の木」です。


残念ながら塩害で枯死し、今年伐採されることが決まったそうです。
毎日新聞ニュース「樹齢800年の大杉、無念の枯死」(2016年1月26日付)

|

« 被爆の人体への影響がわかるのはいつ? | トップページ | フクシマのこと »

ご神木」カテゴリの記事

今日、出会った樹木」カテゴリの記事

東日本大震災ボランティア」カテゴリの記事

コメント

毎日新聞の記事は'16/1/26付け、
その記事を受けての話の先の記事は15/07/28付け。
よみがえるもなにも、時系列おかしいです。

>塩害を受けているため、魔鏡に刻むことによって御神木を未来へ残していきたいという想いが込められています。

想いを曲げないで。
馴染みある地名があって読みましたが、こんな形で書かれると残念です。

投稿: | 2017年5月10日 (水) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/64149611

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災を生き延びた木 「天神大杉(陸前高田)」:

« 被爆の人体への影響がわかるのはいつ? | トップページ | フクシマのこと »