« 2016.3,6メルマガ「foomii聖樹巡礼」第42回東日本大震災を生き延びた木 | トップページ | 2016,5.3広島フィールドワーク 「被爆樹木から学ぶ原爆と人と」 »

2016年3月11日 (金)

東日本大震災から5年

Sp1000909

2011年3月11日 東日本大震災から5年が経ちました。

犠牲となられた方々へ追悼の意を捧げます。

東北から遠く離れた自分に何ができるのだろう。どんな言葉が伝えられるのだろう。考え続けても、明確な答えはでません。それでも、遠ざからないで、今からできることを伝え続けていきたいと思います。


整体師のSさんをリーダーに、整体ボランティアを続けていきます。

S
南三陸・歌津地区の仮設住宅にて。

Ssp1000934
福島県・大玉村の仮設住宅で、健康体操&整体マッサージ。(共通の黄色いTシャツはボランティアグループ・チーム天真)

そして今、放射線被ばくについての勉強会に参加しています。放射線の木々への影響についても取材を続けていきます。

原爆と原発は表裏一体。ヒロシマ取材を続ける私が伝えられることは何か? 今はまだ模索していますが、ヒロシマからフクシマへ、これから発信していきます。

Simg_0527_2


福島県双葉郡広野町 原発からの距離23.3km

津波の跡が残る町で、いつもの春と変わらず、花は咲いていました。(当時、緊急時避難準備区域。2011年4月15日撮影)

 

|

« 2016.3,6メルマガ「foomii聖樹巡礼」第42回東日本大震災を生き延びた木 | トップページ | 2016,5.3広島フィールドワーク 「被爆樹木から学ぶ原爆と人と」 »

原発」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

東日本大震災ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/64395989

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災から5年:

« 2016.3,6メルマガ「foomii聖樹巡礼」第42回東日本大震災を生き延びた木 | トップページ | 2016,5.3広島フィールドワーク 「被爆樹木から学ぶ原爆と人と」 »