« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

2016,5.30平和学習「原爆からヒロシマの木」in 星槎国際高等学校

20160530_092554_r_4

ご縁があって、高校3年生を中心に星槎の皆さまに「被爆樹」について講演する機会を得ました。

星槎国際高等学校 修学旅行事前学習「平和学習」
「原爆から蘇ったヒロシマの木」
日時:2016年5月30日(月)
        1040分~1230分頃
●場所:高尾キャンパス ログハウス
主催:
星槎国際高等学校 八王子学習センター

前半:スライドで、原爆、被爆樹の特徴などを紹介。
10分休憩
後半:被爆樹の写真パネルをご覧いただきながら解説。

現在、「ヒロシマ被爆樹写真展」を開催中。
会期:2016530日~未定
場所:
星槎高尾ホール(新制作座・劇場)にて 

20160530_094420_r

木の香りのするログハウスでお話ししました。ここは30年近く前、日本全土を大きな台風が襲い、九州ではスギの木が多数倒れて、山をもつ人たちが大変な状態になったとき、倒れた木を買い取って造られたそうです。

ヒロシマ被爆樹の写真パネルはここから少し歩いた、劇場のエントランスホールに飾ってくださいました。

Img_7283_a_r_2

幹に原爆の傷あとが残るシダレヤナギ。




















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日)

2015.8.5 読売新聞に『被爆樹巡礼』が掲載されました

昨年夏、出版した『被爆樹巡礼~原爆から蘇ったヒロシマの木』が様々な新聞で紹介されました。

昨年の今頃は広島市に通い、取材、撮影を続けていました。

被爆70年目の被爆樹
Atomic Bombed Treesの姿を撮っておこうと、路面電車に乗り、歩き、58か所約170本の一樹一樹を撮影。被爆の記憶のある方、木を守っている方々にお話を聴き……と、本の校了ぎりぎりまで取材を続けました。

掲載された記事をまとめてみたいと思います。


読売新聞 全国版 書評欄 201585日付
戦後70年の夏、2か月連続で「戦争を考える本」を特集されました。「戦争を考える本<上>」で、表紙に取り上げたユーカリの写真を掲載していただきました。


YOMIURI ONLINEでご覧いただけます。
・記事本文
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/column/honline/20150727-OYT8T50226.html 
・ライフにて、書籍『被爆樹巡礼』の紹介
http://www.yomiuri.co.jp/life/photonews/article.html?id=20150727-OYT8I50107

以下、つづく。 

Hibakuju_bool_2










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

2016.5.2 暁の星 「いのちの力~聖母マリアの花と被爆樹」 in Fykuyama

2

福山暁の星 聖母祭
「いのちの力~聖母マリアの花と被爆樹」

●日時:2016年5月2日(月)    
           8時40分~9時50分頃
●主催:福山暁の星女子中学・高等学校

聖母祭の第一日目、母校で講演をしました。 マリア様を象徴する「花」と、原爆から蘇った「被爆樹Atomic Bombed Trees」を通して、いのちの力についてお話しました。

同時に、「被爆樹写真展」を開催しています。
●会期:2016年5月1日~中旬
●場所:校内のエントランスホールにて 

暁の星学院ホームページで掲載されましたheart04
5月4日 行事紹介 聖母祭オープニング
http://www.akenohoshi.ed.jp/schoollife/schedule/view.php?id=1211 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016,5.3広島フィールドワーク 「被爆樹木から学ぶ原爆と人と」

ゴールデンウィークの5月3日、広島市内で被爆樹めぐりをしました。そのときの様子が読売新聞、中国新聞で掲載されました。

中国新聞
「img182201654.jpg」をダウンロード

読売新聞広島版 5月4日付 YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/local/hiroshima/news/20160503-OYTNT50154.html


~被爆樹木・被爆建物を巡るフィールドワーク~
「被爆樹木から学ぶ原爆と人と」


日時:2016年5月3日(火・憲法記念日)
9時30分~11時30分頃

案内者:杉原梨江子(文筆家。木の文化研究)
主催:多賀俊介(旧被服支廠の保全を願う懇談会、廣島・ヒロシマ・広島を歩いて考える会)

【ルート】白島地域の被爆樹めぐり
9:30集合 被爆アオギリ二世と被爆建物の逓信病院旧外来棟
➡禿翁寺(被爆カエデ、被爆地蔵等)
➡碇神社(被爆ソメイヨシノ等)
➡光明院(被爆ナツミカン、ツバキ)
➡宝勝院(被爆ツバキ、ボダイジュ)
➡被爆建物の安楽寺(被爆イチョウ)
  ※前住職の登世岡さんの被爆証言を聴きました
➡饒津(にぎつ)神社(被爆マツの年輪等) 
解散希望者は二葉の里へ、
明星院➡鶴羽根神社➡東照宮➡1号街区➡広島駅解散

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »