« 2016年7月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

TOKYO聖樹巡礼1「都立図書館前のイチョウ」

20170130_123803_r_3

TOKYO聖樹巡礼 1 】
「都立中央図書館前のイチョウ」

▼樹種:イチョウ(イチョウ科)落葉高木 
▼学名:Ginkgo biloba
 
▼シンボル:長寿、生命力 
▼所在地:東京都都立中央図書館の前

大好きな木に久しぶりに会いに行きました。都立図書館前に立つ、大きなイチョウの木。巨樹が好きな人には、こんな小さな木じゃつまんないってことになるのでしょうが、私のお気に入りの木。

天然記念物に指定されるような「巨樹」じゃなくても、ご利益をうたう「ご神木」でなくても、すばらしい木は世の中にたくさんあるのですhappy01

このイチョウもその1本。堂々とした幹。美しい樹冠は宇宙の法則を守ったように、正確に、枝々が広がっています。(落葉樹の枝のデザインは、人間の肺の血管の形とそっくりなのです。海のサンゴもね)。秋には黄金色に染まり、それはそれは美しい。

何よりも、この木を好きなのは、苦しむ人をあたたかく迎えてくれるからです。

10年以上前のことですが、この木に会いに通ったなあ。泣きに……。ちょうど裏側にまわると、幹は女性1人のカラダがすっぽりと隠れるくらいの太さがあって、誰にも見つからずに、この木の下にずっといられるのです。

イチョウの下に立っていると、自然と涙があふれてきました。ほろほろ、ほろほろ、いくらでも流れてきます。木は、静かに、静かに、私の涙を受けとめてくれました。いつまでも、いつまでも。

あなたも……
悲しいとき、誰にも言えない迷いがあるとき、自分を信じられなくなったとき、このイチョウに会いに行ってみてください。きっと、あなたの心に、いのちの灯をともしてくれると思います。

新しい時を刻む、小さな種を心に蒔いてくれると思いますconfident


当時、つくった詩があります。


樹木よ
目に見える悲しみ
目に見えない悲しみ

目に見える苦しみ
目に見えない苦しみ

根っこの果てまで
人とわかち合うのはむずかしい

けれど、だれの人生にも
悲しみや苦しみはあって
樹木は目に見えない
痛みも受けとめてくれる



原点に戻ろう。2016年の終わりに思ったことでした。

「木はひとの魂を救ってくれる」―そのことを伝えたいと思って、「木」のことを書き始めたことを。

本の木のなかに、多くの人の人生がつまっています。

今日、紹介したイチョウはTOKYOの歴史を見つめてきた木です。この地域に生きる人々の暮らしを見てきたのです。それぞれの土地でともに生きてきた、「ひとの心」と「木のこころ」のふれあいを書いていきたいと思います。私たち人間よりも遥かに長い歳月を生きる、木が見てきたものを。

ここ数年は故郷ヒロシマの被爆樹(Atomic Bomved Trees)を中心に巡ってきました。

2017年、日本全国の、人とともに生きる木々と、出会う旅を再スタートします。

地域に根ざした、木々の声を聴く旅へ。

美しい木、びっくりするほど大きな木、不思議な形の木、精霊や妖怪のウワサがある木、歴史的な謂れのある木ナドナド。

何よりも、私と木との心がふっと通い合えた瞬間のことをお話ししたいと思います。

あなたの街にも訪ねるかもしれません。そのときは、素敵な「木」のことを教えてください。

20170130_123915_r


今、執筆中の本のため、昨日はこの図書館にこもっていました。久しぶりに来たら、カフェもあって、過ごしやすくなっていましたheart04


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

花のいのちを身にまとう幸せ

20170101_144853_r

きものを着ることは、花のいのちを身にまとうこと。

公式サイトの「木に咲く花の文様」で、きものの思い出とともに、ツバキ文様の力についてエッセイを書きました。

こちらをご覧ください。
http://rieko-sugihara.com/tree_flower/camellia/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅花紬の着物で新年ランチ会

Img_0132_r

1月28日(土)は北欧の古代文字「ルーン文字」を学ぶ【ルーン塾2017】の新年ランチ会。

お正月、今年こそ「きもの生活」を始めようと決意して、その第二弾。イタリアン・レストランへ、着物を着ていきました。

20170128_141409_r_2

ルーン塾の主宰をしている私と、塾生のみなさまheart04  北欧の古代文字「ルーン文字」と北欧神話を勉強しています。

Img_0133_r_2

着物は紅花紬。初めて、自分で買った着物です。今はなき、銀座並木通りの「きしや」さんで、ひと目ぼれ。

080402_79_r

帯にはチューリップの花が描かれた名古屋帯を選びました。帯締めはペパーミントグリーンで芽生えの色。帯揚げは淡いピンク色にブルーの絞り。春らしいピンク色の色合わせに、優しい若芽をプラスして、春の草原をイメージしてみました。

塾生のYさんのご主人のお店バジリコさんでおいしい料理をいただきました。
20170128_121545_r_2
前菜の盛り合わせ。

20170128_124520_r
トマトソースのパスタ。

20170128_130917_r
チキンのホワイトソースかけ。何よりおいしかったのはポテト。ボイルしただけということですが、あの独特の甘さはどこからくるんでしょう。

20170128_135521_r
切る前のケーキ。カットした後は、チョコレートで描いたワン・オラクル。

20170128_141304_r_2
ルーン塾の皆さま。心もおなかもホッとした幸せなひととき。楽しい時間をありがとうございました。

20170128_153109_r_2
小田急線・新百合丘駅から徒歩2分。

【ルーン塾2017ランチ・リーディング】
主催:ルーン塾長 杉原梨江子
■日時:1月28日(土)12時~1430分 
■場所:
バジリコ(川崎市麻生区万福寺1-12-3 東亜新百合ヶ丘ビル103 小田急線 新百合丘駅徒歩2
https://r.gnavi.co.jp/6k057ajh0000/
 

























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

スウェーデンの切り絵作家アグネータさんのワークショップ


Agneta_and_rieko_sugihara_2017012_6


1月26日(木)、スウェーデンの切り絵作家Agneta Flockアグネータ・フロック さんのワークショップに参加しました。

チューリップ、ウサギ、小鳥など、スウェーデンの森にいる動物や花をモチーフに、ハサミ1本でいろいろ作りました。

紙を切って、糸で縫い合わせるというのが新鮮!針に糸を通したのは何年ぶり!?

日本にはあまりない習慣、窓を飾る切り絵とか、美しいデザインも教えてくださり、今までにない経験。

とっても楽しかったけど、ああ、私は切り絵の才能は全くないな、と実感してしまった。

アグネータさんの作品展は東急文化村ギャラリーにて、1月31日まで。北欧の自然、神秘的な動物たちと出会いに行ってみてください。
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/box_170121agneta.html
20170126_161922_r

Agneta san.Tack så mycket!! Vi ses

こんなの作りました。
20170127_110436_r_3
うさぎと、アグネータさんのお庭に咲いているチューリップ。

20170127_110550_r
ダーラヘストに
challenge.背には千代紙を貼りました。Chiyogami( Japanese papers) on the Darahest.

20170127_111049_r_r
小鳥。Yellow & sky blue & Green(chiyogami) blueはアグネータさんにいただいた雑誌の紙で作りました。下写真を見て。角度を変えると、空色の小鳥に。
20170127_111154_r_r_2
この切り絵作品は吊り下げて、ゆらゆら揺れるタイプ。

0170126_151610_r
アグネータさん、ぞうが間もなく完成。
20170126_151455_r
小さく、刃先が鋭利なハサミがベストです。

20170126_140420_r

20170126_140204_r
持参した千代紙が役立ちました。となりのダーラヘストはアグネータさんのお手本。わたいsのとは全然ちがいますhappy02

スウェーデンからいらしてくださったアグネータさん。スウェーデン語教室のH先生のウェディングパーティーで出会ってから、ずっとまた会いたいと思っていました。

やっと願いが叶いましたheart04









 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

2017年あけまして、おめでとうございます。

20170101_125325_r

2017 新年あけまして、おめでとうございます。

今年こそ、きもの生活を復活しようと、初詣、着ていきました。

白の大島紬に、ツバキのちりめん名古屋帯。帯揚げは白の絞り、小さな緑の点が散っています。その緑は芽吹きに見立て、帯揚げは清めの水を意識して縹色(はなだいろ シックな青)

このお正月、着物のコーディネートをいろいろしてみました。

色の組み合わせで早春の草花をイメージさせたり、同じ着物と帯を帯締め1本で粋に、はんなりに…。

「日本女性に生まれてよかった」と心から思う、幸せなひととき。

月に何度も着物を着てた(雨が降っても着てた頃が懐かしい)、そんな生活は今難しいけど、時には着物でお出かけしようと決めたお正月でした。

今年も、すばらしい大樹と、美しい花と、素敵な人たちと、絆を結ぶ一年にしたいと願う、年の始まりです。

Fullsizerender_r










| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2017年2月 »