« 2017年あけまして、おめでとうございます。 | トップページ | 紅花紬の着物で新年ランチ会 »

2017年1月29日 (日)

スウェーデンの切り絵作家アグネータさんのワークショップ


Agneta_and_rieko_sugihara_2017012_6


1月26日(木)、スウェーデンの切り絵作家Agneta Flockアグネータ・フロック さんのワークショップに参加しました。

チューリップ、ウサギ、小鳥など、スウェーデンの森にいる動物や花をモチーフに、ハサミ1本でいろいろ作りました。

紙を切って、糸で縫い合わせるというのが新鮮!針に糸を通したのは何年ぶり!?

日本にはあまりない習慣、窓を飾る切り絵とか、美しいデザインも教えてくださり、今までにない経験。

とっても楽しかったけど、ああ、私は切り絵の才能は全くないな、と実感してしまった。

アグネータさんの作品展は東急文化村ギャラリーにて、1月31日まで。北欧の自然、神秘的な動物たちと出会いに行ってみてください。
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/box_170121agneta.html
20170126_161922_r

Agneta san.Tack så mycket!! Vi ses

こんなの作りました。
20170127_110436_r_3
うさぎと、アグネータさんのお庭に咲いているチューリップ。

20170127_110550_r
ダーラヘストに
challenge.背には千代紙を貼りました。Chiyogami( Japanese papers) on the Darahest.

20170127_111049_r_r
小鳥。Yellow & sky blue & Green(chiyogami) blueはアグネータさんにいただいた雑誌の紙で作りました。下写真を見て。角度を変えると、空色の小鳥に。
20170127_111154_r_r_2
この切り絵作品は吊り下げて、ゆらゆら揺れるタイプ。

0170126_151610_r
アグネータさん、ぞうが間もなく完成。
20170126_151455_r
小さく、刃先が鋭利なハサミがベストです。

20170126_140420_r

20170126_140204_r
持参した千代紙が役立ちました。となりのダーラヘストはアグネータさんのお手本。わたいsのとは全然ちがいますhappy02

スウェーデンからいらしてくださったアグネータさん。スウェーデン語教室のH先生のウェディングパーティーで出会ってから、ずっとまた会いたいと思っていました。

やっと願いが叶いましたheart04









 





|

« 2017年あけまして、おめでとうございます。 | トップページ | 紅花紬の着物で新年ランチ会 »

北欧」カテゴリの記事

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/69414077

この記事へのトラックバック一覧です: スウェーデンの切り絵作家アグネータさんのワークショップ:

« 2017年あけまして、おめでとうございます。 | トップページ | 紅花紬の着物で新年ランチ会 »