« 2017.9.2講演会の報告「トークセッション・ヒロシマ連続講座第32回 原爆から蘇ったヒロシマの木」in 駒込 | トップページ | 2017.9.19ラジオ出演「ブック・アンソロジー」第3回彼岸花 »

2017年9月 8日 (金)

城山国民学校の双子クス in 長崎市

Img_2968_r_2_2

1945
年(昭和20)年891102分、原子爆弾が投下されました。焼け野原となったナガサキの街で、再び芽を吹き返し、今も生き続けている木々があります。クスノキ、カキノキ、タイサンボク……。被爆後に芽吹いた、小さな緑に、多くの人が生きる力と希望を見い出しました。

爆心地から約2キロ以内で被爆し、現存する約31本を、長崎市は「被爆樹木」として登録しています。長崎市が本格調査をスタートした20176月、私も1本1本を訪ね歩き始めました。今後、すべての被爆樹の写真を撮影し、被爆の記憶のある人や、木を守っている人々に話を聴く予定です。

小学校へと登る坂道の入口で、毎朝、子どもたちを迎えている被爆クスノキについて、公式サイトで紹介しました。どうぞ、ご覧ください。

こちらdown
http://rieko-sugihara.com/photo_essay/j_tree/nagasaki/

07c4a3c6bb95459aa6b1f92c2ef93017_r


|

« 2017.9.2講演会の報告「トークセッション・ヒロシマ連続講座第32回 原爆から蘇ったヒロシマの木」in 駒込 | トップページ | 2017.9.19ラジオ出演「ブック・アンソロジー」第3回彼岸花 »

Atomic Bombed Trees」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/71650352

この記事へのトラックバック一覧です: 城山国民学校の双子クス in 長崎市:

« 2017.9.2講演会の報告「トークセッション・ヒロシマ連続講座第32回 原爆から蘇ったヒロシマの木」in 駒込 | トップページ | 2017.9.19ラジオ出演「ブック・アンソロジー」第3回彼岸花 »