« 20180119-21書の復活、8年ぶりの書の発表会 | トップページ | 書の作品2009 »

2018年1月26日 (金)

書の作品2017

2017年12月に仕上げた作品。

◎臨書「煙江疊嶂詩」趙孟頫
◎作者:趙孟頫(1254―1322)

中国、元代の政治家、書家である趙孟頫(ちょうもうふ)の行書。彼は浙江省蘇州生まれ、徹底的に王羲之に習い、復古主義に徹した。「蘭亭敘」の臨書、数百本と伝えられる。各書体に優れ、進士(科挙の科目)の試験答案用の文字は欧陽詢型から趙孟頫型に移っていったほどだという。方筆、独特の跳ね、堂々たる姿などが特徴だ。

※第16回天真書法塾 発表会
2018年1月19日(金)〜21日(日)
https://www.facebook.com/pg/tenshinkai.jp/photos/?tab=album&album_id=973166539506614

|

« 20180119-21書の復活、8年ぶりの書の発表会 | トップページ | 書の作品2009 »

Message メッセージ」カテゴリの記事

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/72787433

この記事へのトラックバック一覧です: 書の作品2017:

« 20180119-21書の復活、8年ぶりの書の発表会 | トップページ | 書の作品2009 »