« アナザースカイ<ウィーン>からブダペストへの旅 | トップページ | 20180119-21書の復活、8年ぶりの書の発表会 »

2018年1月16日 (火)

20180107『夜の木』世界を変えるタラブックスの美しい本

20180107_164425_r

新年、結婚して初めての里帰り、東京に戻ってその足で向かったのは板橋区立美術館。

展覧会「世界を変える美しい本~インド・タラブックスの挑戦」へ。

20180107_144647

『夜の木 The Night Life of  TREE』という、木の美しい絵が集められた本。

昨年、大田区雪谷小学校の学校司書Mさんが連れて行ってくださった、子どもの本屋さんで出会いました。

濃い緑色の表紙、見たことのない木の絵、独特の紙の手ざわり。あまりの美しさに心奪われ、しばらく動けませんでした。

その本の原画が見られるというのです。

Gondゴンド族の民俗画家たちによる原画をもとに、手漉きの紙に1枚1枚、シルクスクリーンで印刷された絵が手作業で綴られ、1冊の本に仕上がります。

タラブックスは南インドの小さな出版社ですが、ここで作られる本を世界中の人が待っています。もちろん、わたしも。

さあ、紹介しましょう。

20180107_153745

「夜の木」、色がつけられる前の原画です。

インド中央部で暮らすゴンド族の芸術家たちが描いた絵。、

木は、再生と成長の力のシンボル。ゴンド族に伝わる聖なる木々の夜の姿をめぐる物語が、1枚1枚の「木」に表現されています。

絵には心そそるタイトルがつけられていました。

「闇夜に光る木」
「木の創造」
「リスの夢」
「うたの木」
「からみあう木」
「創造主のすみか」
「蛇の女神」
「飲みすぎにご用心」なんてタイトルも!


20180107_153443_r_2

『夜の木』の1枚。「蛇と大地」。
絵:バッシュ・シャーム。紙にペン、インク、アクリルで彩色。

20180107_164408_r
20180107_144311_r

「森でひとり」原画。
絵:バッシュ・シャーム
文:ギータ・ウォルフ(タラブックス創立者の1人)

20180107_162634_r

「母なる神の布」。表現したい内容によって、本の形はさまざまです。手染めの布でつくられた本。

20180107_155148_r_2
20180107_155111_r

ヒンドゥー教の女神ラクシュミーとも出会えました。

★「世界を変える美しい本」
場所:板橋区立図書館
会期:~1月8日(日)

|

« アナザースカイ<ウィーン>からブダペストへの旅 | トップページ | 20180119-21書の復活、8年ぶりの書の発表会 »

Books 」カテゴリの記事

Message メッセージ」カテゴリの記事

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/72690599

この記事へのトラックバック一覧です: 20180107『夜の木』世界を変えるタラブックスの美しい本:

« アナザースカイ<ウィーン>からブダペストへの旅 | トップページ | 20180119-21書の復活、8年ぶりの書の発表会 »