« 20180111マリメッコ展でかわいいリスと出会う | トップページ | アナザースカイ<ウィーン>からブダペストへの旅 »

2018年1月13日 (土)

私にとってのアナザースカイ―ウィーン

Dh000078_r

私にとって、「アナザースカイ」って、どこだろう? と考えてみた。

ウィーン。ベルヴェデーレ宮殿。クリムトの美術館。

訪れたのは12月。市庁舎前のクリスマス・マーケット(写真)にわくわく。屋台で飲んだホットワイン。

連日連夜の音楽コンサート。ウィーン・フィルの学友協会ホール、オペラ座、ミュージカル「エリザベート」、宮殿コンサート。

ブダペストへの列車旅。

不思議な本屋さんに導かれた路面電車。初めての本を書き始めるきっかけとなった、ヤドリギの導き。

12月、童話の世界に迷い込んだようなウィーンで、わたしはたしかに妖精に出会ったのだ・・・。

Syadogigi
市庁舎前、ヤドリギの屋台。


Cnv000012_r
Cnv000006_r

ウィーン・フィルの本拠地、学友協会ホール。黄金の天上絵のあまりの美しさ! 音楽を聴く耳、美を観る感性はここでの感動が原点だと思う。

当時、私は編集者で、“自分の本を書く”という発想はなかった。けれど、この旅で出会ったあるモノからインスパイアされて、私は1冊の本を書いた。そして、ウィーンを旅した翌年、初めての本を出版した。

このとき体験した、自分の意志をはるかに超えた出会いの数々、不思議な導きは今も忘れられない。

その経験は、『古代ケルト聖なる樹の教え』のプロローグにくわしく書いたので、ぜひ読んでください。

日テレ「アナザースカイ」でアートディレクター森本千絵さんが登場。自身の創作の原点となるエストニアに旅した映像を見て、私のアナザースカイを考えてみました。

森本千絵さんの素敵heart04
・依頼以上のものを創る
・下絵さえ、アートとして存在し得る、すばらしい感性の持ち主!
・歯医者さんの内装のために、絵本も作った、歌も作った
・最初の仕事、腕時計の数字が動き出す、アニメーション。1ミリずつ動かす手作業で、1か月かかった。エストニアのアーティストとの共同作業
・15年前に一緒に仕事したディレクター3人との出会い
・創作の原点となったエストニアがアナザースカイ

笑顔が素敵!ただただ依頼された以上のものを創り出す、依頼主の想像を超えた作品群に圧倒されます。

森本さんの創造のエネルギー、仕事のやり方、インスピレーションの源をふり返ると、エストニアへの<旅>があった。

あなたにとって、アナザースカイはどこですか?


heart01アナザースカイ・ウィーン旅の思い出

Cnv000001_r
毎日がコンサートの旅。ウィーン到着して第1日目、コンサートホールの予約を入れました。連日連夜、夕方ホテルに戻ってドレスアップ、音楽を聴く旅note

Cnv000037_r
初オペラ。小澤征爾さんがウィーン国立歌劇場の音楽監督を就任なさった年でした。小沢さんの指揮による「さまよえるオランダ人」。

Cnv000036_r
オペラ座で着物。

Dh000048_r
Dh000049_r
ホーンブルク宮殿。フィアカー(観光馬車)の御者がお客さんを待っています。

Dh000061_r
ウィーンでいちばん好きな場所は、ベルヴェデーレ宮殿。クリムトの美術館もありますよ。

Dh000079_r
Dh000081_r
市庁舎前のクリスマス・マーケット。

Dh000073_r
地元の人がよく食べるというポテト料理を注文。

Dh000054_r
1794年に開業した「カフェ・モーツァルト」。

Cnv000009_r
ウィーンに行ったら絶対食べなきゃ、ザッハトルテ。お店はカフェ・モーツァルトじゃなかったかも。

Dh000002_r
ウィーンのメインストリート、ケルントナー通りのホテル。朝食がとてもおいしかったのhappy01

Dh000095_r
街はクリスマス。天使が歩いてたheart04

Dh000022_r
ウィーンから足をのばして、ブダペストへ。そのお話はまた今度。







|

« 20180111マリメッコ展でかわいいリスと出会う | トップページ | アナザースカイ<ウィーン>からブダペストへの旅 »

Message メッセージ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/72676645

この記事へのトラックバック一覧です: 私にとってのアナザースカイ―ウィーン:

« 20180111マリメッコ展でかわいいリスと出会う | トップページ | アナザースカイ<ウィーン>からブダペストへの旅 »