« 2018.2.22戦火を生きのびた木 in 前橋 | トップページ | 2018.3.19読売新聞に書籍「花のシンボル事典」が掲載されました »

2018年2月28日 (水)

2018.2科学ジャーナリスト塾 作品発表のお知らせ

2017年9月から2月中旬まで半年間通った「科学ジャーナリスト塾」。全10回のカリキュラムの後半、文章チームとプレゼンチームに分かれて作品を制作しました。炎の文章教室を経て完成した原稿が「日本科学ジャーナリスト会議」のホームページに掲載されています。ご一読ください。

第16期科学ジャーナリスト塾 
・塾長:室山哲也氏(NHK解説委員)
・塾生:13名
・場所:プレスセンタービル8階 特別会議室
・主催:JASTJ日本科学ジャーナリスト会議

<作品発表はこちらから>
タイトル
「禎子さんのエノキ~原爆を生きのびた木の使命」
(取材:放射線医学総合研究所・福島復興支援本部)

日本科学技術ジャーナリスト会議ホームページ
http://jastj.jp/tcsj  

※私の原稿は文章チームの2番目に登場します。半年間の塾の様子、学んだ内容なども掲載されています。全体写真は黄色いセーターが私。

この度入塾したのは、「なぜ、被爆樹は蘇ることができたのか?」を科学的に検証し、発信したいと思ったからです。作品原稿はこの視点からは少し離れましたが、放射線の木々への影響について取材し、まとめました。

プレゼンチームの2番目の作品「放射線治療を切り開く炭素イオン」は私も一緒に取材したので、映像に結構映っています。ガン治療の最先端「炭素イオン線治療」について。体へのダメージが少ない放射線治療として注目を浴びている方法をわかりやすく解説してあります。こちらもぜひご覧ください。

科学ジャーナリスト塾に通って何よりよかったのは、科学の現場で仕事をしている人たちと知り合えたこと。文系は私1人。彼ら、彼女らの質問の仕方、企画の発想など、とても勉強になりました。また今年も入塾したいと考えているところ♪

 

|

« 2018.2.22戦火を生きのびた木 in 前橋 | トップページ | 2018.3.19読売新聞に書籍「花のシンボル事典」が掲載されました »

Atomic Bombed Trees」カテゴリの記事

News ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/73015043

この記事へのトラックバック一覧です: 2018.2科学ジャーナリスト塾 作品発表のお知らせ:

« 2018.2.22戦火を生きのびた木 in 前橋 | トップページ | 2018.3.19読売新聞に書籍「花のシンボル事典」が掲載されました »