« 2018.2.13ラジオ出演ブックアンソロジー第8回チューリップ | トップページ | 2018.2科学ジャーナリスト塾 作品発表のお知らせ »

2018年2月23日 (金)

2018.2.22戦火を生きのびた木 in 前橋

20180222_155454_r_2

新しい出会いがありました。昨年末から月1回、上毛新聞で記事を書かせていただくようになり、読者の方からご連絡をいただき、お目にかかることになったのです。

とても気さくで楽しいご夫妻でしたhappy01 ほっ。

ご自宅でおしゃべりしたあと、前橋市内の「戦災を生きのびた木」のある場所をご案内してくさいました。

その1本が「熊野神社のケヤキ」(上写真)。看板には「欅和合(つきのきわごう)」。ここは小さな神社ですが、サッカーチーム・ザスパ草津の皆さんが試合前にお参りに来る神社です。

傷あとはそれほど激しくありませんが、幹の途中から変わった形で枝が伸びています。前橋空襲による火災で焼けたか折れたかしたあと、芽を出して伸びたため、不自然な形になった可能性があります。定かではありません。

20180222_154323_r_2

次はこちら、前橋八幡宮のイチョウ。推定樹齢300年。幹には火災で焼かれたようなヤケドあとが残っていました。それでも痛々しい感じはぜず、威風堂々という言葉がぴったりの大きなイチョウです。幹からは次々と、老樹ならではの乳柱(ちちゅう)が出ています。

20180222_154305_r_2






|

« 2018.2.13ラジオ出演ブックアンソロジー第8回チューリップ | トップページ | 2018.2科学ジャーナリスト塾 作品発表のお知らせ »

ご神木」カテゴリの記事

今日、出会った樹木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168036/73135291

この記事へのトラックバック一覧です: 2018.2.22戦火を生きのびた木 in 前橋:

« 2018.2.13ラジオ出演ブックアンソロジー第8回チューリップ | トップページ | 2018.2科学ジャーナリスト塾 作品発表のお知らせ »