« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月 6日 (月)

2018年8月末まで 展示「原爆を生きのびた木、咲いた花」in 日比谷図書文化館

「原爆を伝える2018-原爆を生きのびた木、咲いた花」
▼会期:717日(火)~831日(木)
▼場所:千代田区立日比谷図書文化館 3階図書フロア
(千代田区日比谷公園1-4(最寄り駅:霞が関、内幸町)
▼写真・解説:杉原梨江子
▼無料
内容
194510月、アサガオの花が咲いた
・被爆後の植物の状態、斑入りのフジバカマ
・「原爆の絵」と木
・被爆者が語る木
・絵本『おこりじぞう』最後の1枚 etc.

Img_0320_r

Img_0327_r
併設展示
「詩画人・四國五郎が伝えたかったこと」
同館で85日に開催された、講演会に関連する書籍を展示。息子、光さんのお話と、女優・木内みどりさんによる絵本『おこりじぞう』朗読。こちらの展示も合わせて、ご覧ください

 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.8.6『絵本おこりじぞう』最後の1枚に描かれた白い花

2018dsc022342_r_2

詩画人・四國五郎さんの『絵本おこりじぞう』

最後の1枚に白い花が描かれています。

四國さんはどんな思いでこの1枚を描かれたのでしょうか。

息子・光さんと、絵本を企画した当時の担当編集者、斎藤雅一さん(金の星社会長)からのメッセージをパネル展示しました。

被爆樹木の写真と合わせて、どうぞご覧ください。

「原爆を伝える2018-原爆を生きのびた木、咲いた花」
▼会期:717日(火)~831日(木)
▼場所:千代田区立日比谷図書文化館 3階図書フロア
(千代田区日比谷公園1-4(最寄り駅:霞が関、内幸町)
▼写真・解説:杉原梨江子
▼無料

併設展示「詩画人・四國五郎が伝えたかったこと」

 

 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月6日8時15分、原爆が落とされた日

Richo10882_078honoo

2018年8月6日8時15分。

73年前、被爆した叔父は90歳になりました。ガンと闘いながら、被爆証言を続けています。

原爆を直接知らない世代がしっかりと被爆者の声を聴き、伝えていくこと。

「核」を使うことを決して許さないこと。

戦争へ向かおうとする人々、世論を許さない、と言い続けること。

それは勇気のいることですが続けていきます。

人間が残酷に焼き尽くされた大地で、再び芽吹いた木のいのちを通して。

Img_2988_r_2
広島平和大通り、白神社前のムクノキ。爆心地からの距離530メートル



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

2018.8.21ラジオ出演「ブック・アンソロジー」第14回ヒマワリ

Img_5164_2_r


【ラジオ出演のお知らせ】


月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

8月は「ヒマワリ」についてお話しします。

シンボルは「太陽」。

あざやかな黄色が目にまぶしいヒマワリは、まさに夏のシンボルですね。

この花を愛した画家ヴァン・ゴッホについてお話しします。有名な「ヒマワリ」の絵をご覧になったことはありますか。世界で7枚残るうちの1枚が東京の「東郷青児記念 損保ジャパン日本東亜美術館」で見られますよね。

ゴッホは花の黄色を出すことに情熱を燃やしたといわれています・・・。続きはラジオでどうぞ。

◎番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
◎放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。
第12回 2018年8月21日(火)放送

★ヒマワリ(キク科・1年草)
学名:Helianthus annuus
シンボル:太陽、情熱、誠実な愛
裏シンボル:偽りの富、高慢

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »