Books 

2017年11月22日 (水)

2017.11ラジオ出演「ブック・アンソロジー」第5回

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

11月は「」についてお話ししますよ。

番組名:エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。

放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。 

★動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。
第4回 2017年11月21日(火)放送

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

2017.9.19ラジオ出演「ブック・アンソロジー」第3回彼岸花

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

9月は「彼岸花」についてお話ししましたよheart04

子供の頃から、花の中で、いちばん好きな花です。怖い花?不吉な花?いいえ、とっても素敵なシンボルをもつ花なのです。放送をお楽しみにhappy01

番組名:エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。

放送日:毎月・第3火曜日の19時25分から。

※日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。 

★動画ラジオも出来ました。YouTubeでお聴きください。
第3回 2017年9月19日(火)
https://www.youtube.com/watch?v=w7qKaNPa3JE


Img_8808_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

2017.8.22ラジオ出演「ブック・アンソロジー」第2回アサガオ

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

8月は「アサガオ」についてお話ししましたよ。

番組名:エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。

放送日:毎月・第3火曜日の19時25分から。

※日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。 

★動画ラジオも出来ました。YouTubeでお聴きください。
第2回 2017年8月22日(火)
https://www.youtube.com/watch?v=PTlXsuDgTAg

20080624_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

2017.6.20新刊『神話、伝説にみる 花のシンボル事典』

【新刊のお知らせ】

初夏、新しい本を出版します。

タイトル:『神話、伝説にみる 花のシンボル事典』 
発売日:2017年6月20日 
出版社:説話社 
本体価格:2,800円(税抜) 

薔薇は「愛」、百合は「純潔」、アイリスは「メッセージ」など約220種類。古代ギリシャ・ローマなどの花の誕生伝説や神話、古代文明におけるシンボル、歴史上の人物(マリー・アントワネット、ナポレオン皇后ジョゼフィ―ヌ、楊貴妃etc)の花のエピソードなど、古代から現代まで受け継がれる「花のシンボル」を集めた事典です。6月20日、大手書店に並びます♪

【表紙PDGはこちらをご覧ください】
20170522093644922Flower Symbols.pdf


↓アマゾンでご購入いただけます。ぜひ、ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

2017.3.1連載エッセイ「ハーブ・樹木の伝承と神話4」

1f30144fbf024c5ba30fe4faf5ba94e9_r

日本メディカルハーブ協会・会報誌 『MEDICAL HERB39』2017Spring号に掲載されました。
 
「 ハーブ・樹木の伝承と神話」
第4回「ダンディライオン(セイヨウタンポポ)」

Img_3903_r

学名:Taraxacum officinale 
キク科・多年草
シンボル:太陽、治癒、笑顔、悲しみ

ハーブや樹木の神話や伝承を調べているとあることに気づきます。薬効が優れたハーブほど伝説の数が多いということです。タンポポもその一つ。世界各地の伝統医学で自然薬として使われてきたこのハーブ。単なる物語ではなく、薬として信頼されてきた歴史を感じさせる伝説がさまざまに残っています。世界の伝説からさまざまに紹介しながら、古代から伝わる薬草の魔法と、科学的に証明された薬効との接点を探ります。

★詳細・お問合せはこちらから
➡ 日本メディカルハーブ協会ホーム―ぺージ 

Fd6f1fa5619e4b8ebc425b2fd20654ed_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

『花のシンボル事典』初夏出版予定

Img_1658_r_3

ここしばらく、向き合ってきた「花」たちの神話、伝説、古代文明の神秘……。

昨日、編集者Sさんに最終原稿を渡して、少しほっとしたところです。

この企画を出版社に持ち込んだのは2013年、出版までに長い時間がかかってしまいました。

やっと、やっと、1冊の本という形になります。

ずっと「木」を見つめてきた私に、花たちがささやいてくれたからでしょうか。

「花」に目をとめ、心を向けて、書き始めました。

タイトルは、『花のシンボル事典』 (説話社より)。

内容は、古代エジプト、古代ギリシャ・ローマなどの花の誕生伝説や神話、古代文明におけるシンボル、歴史上の人物の花のエピソードなど、古代から現代まで受け継がれる「花のシンボル」を集めた事典。

バラ、ユリ、スミレなど身近な花から、日本ではなじみがなくても、世界では聖なる花とされるギンバイカ、クサノオウなどまで、約220種類の花を紹介しますheart04

初夏5月頃、出版予定です。

少し先ですが、お楽しみに待っていてくださいネhappy01

 







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

20166,6,11 朝日新聞に『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』が掲載されました

Img_5177_r


Img_5175_r

6月11日、朝日新聞に新刊『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』(幻冬舎)を紹介していただきましたheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊「自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉」をあなたに

Hokuo_0511_01_r_2

この本は、人間の善意を信じて生きてきた人にこそ、本書を読んでいただきたいと思います。

和を尊び、自分よりも人の立場に立って物事を考える人、思いやりの心をもった優しい人。

しかし、人を信じたゆえに悲しい思いもたくさんしてきたあなたに、神々は語りかけています。

もうそろそろ、自分の思うがままに人生を歩いてもいいのではないですか、と。

自分自身の人生を歩こうと決めたあなたに、本書を捧げます。


幻冬舎より6月9日出版
『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉」』

※書店の自己啓発コーナー、アマゾンでご購入できます。

https://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%92%E4%BF%A1%E3%81%98%E3%82%8B-%E8%B6%85%E8%A8%B3%E3%80%8C%E5%8C%97%E6%AC%A7%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8D%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89-%E6%9D%89%E5%8E%9F-%E6%A2%A8%E6%B1%9F%E5%AD%90/dp/4344029585/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1465657621&sr=8-1&keywords=%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%92%E4%BF%A1%E3%81%98%E3%82%8B

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

2016.6.9 新刊『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』

20160601_182737_2_r

新しい本を出版します。17時、編集者のKさんが持参してくださいました。

◎タイトル:『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』
◎出版社:幻冬舎
◎本体価格:1200円+税

「北欧神話」と出会って、どれくらい経つだろう。いちばん、伝えたかったこと、いちばん、感動していたこと、この一冊にぎゅっとつめました。

「自分を信じる。それができれば、人生は孤独な戦いではなくなるのです。」 (本書より)

6月9日(木)、書店に並びます。アマゾンで発売開始されます。

本の出版にあたり、幻冬舎ホームページでも記事を配信します。アップしたらお知らせします。

お楽しみにhappy01 ・・・って、本屋さんに並ぶのも、HPでの記事配信も、誰より、わたしがいちばん楽しみですheart04





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

新刊NEWS 『被爆樹巡礼~原爆から蘇ったヒロシマの木と証言者の記憶』

617uih0lxll__sx351_bo1204203200_

新しい本を出版しました。

『被爆樹巡礼~原爆から蘇ったヒロシマの木と証言者の記憶』
(実業之日本社刊)
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-00881-3 

原爆ドームから歩いて5分ほど、相生橋のすぐそばに一本のシダレヤナギが立っています。爆心地からわずか370メートルで被爆し、一瞬にして幹のほとんどを失いながら、翌年の春に芽を吹き返した木です。今はなにごともなかったように揺れています。

1945年8月6日8時15分、原爆が投下されました。

爆発の瞬間、強烈な熱線と放射線、すさまじい爆風、さらに猛火が、生身の人間に襲いかかりました。

その年の12月末までに約14万人の人が亡くなったとされています。

辺り一面、焦土と化したヒロシマの街。

「七十五年間、草木も生えない」と言われた大地で、芽を吹き返した木々がありました。

クスノキ、イチョウ、サクラ、ツバキ、ソテツ、アオギリ……。

爆心地からおよそ2キロ以内で被爆し、再び芽吹いた木々を広島市は「被爆樹木」として登録しています。

58か所で被爆し、今も生き続けている約170本を訪ねて撮影し、被爆を体験なさった方々、所有者の方々にお話を聴いてまとめました。

一樹一樹に物語がありました。木々たちの無言の証言をお聴きください。

この一冊があなたの心の中に、新しい“平和の種”を蒔く、きっかけになればうれしく思います。

Simg_3116
青少年センター西側のシダレヤナギ。爆心地から約370メートルで被爆。拙著P8~11掲載。

| | コメント (0) | トラックバック (0)