Celts ケルト

2019年4月23日 (火)

桐の花さん、ありがとう

1rqtwloyr82i4jkbxtc5a_r

ストロベリーカフェのすぐそばには桐の木があります。ちょうど満開。美しい紫色の花を咲かせていました。昨年も、私たちを待っていてくれたかのように、ちょうどケルト・セミナーのとき、咲きました。

桐は、東洋の聖なる樹です。シンボルは「高貴」。日本では女の子の成長を見守る木ですね。この日、風の杜への行き帰り、皆さんを見守ってくれていたようでした。

桐さん、ありがとう✨




| | コメント (0)

2019.4.20セミナー報告「吉見の森のおはなし会 古代ケルト聖なる樹の教え」第3回

Vtxqsc8yqswbbchzpolqaw_r_1

【ケルト・セミナーの報告】
★日時:2019年420()
★テーマ:光の半年
★キーワード:ドルイドの薬草学
★主催:カフェ「ストロベリー・フィールズ」(埼玉県比企郡吉見町)

I46mu8avrceei8encwb4dq_r

こんにちは!
420日(土)、拙著『古代ケルト聖なる樹の教え』(実業之日本社刊)をテーマにしたセミナーを行いましたので、報告します。

Av5fqhbitvi9fl0nogqt8w

数年前、カフェ・ストロベリー・フィールズのKaoru.Nさん(料理探究人)から声をかけていただいて、スタートしたこのセミナーも第3回目。年2回、10年続けよう!と目標を立ててている私たち。今回は第1回目から参加してくださっているMさんがお友達をたくさん連れてきてくださって、新しい方もいらして、前回の倍の人数でお迎えすることになり、嬉しい叫び声をあげつつ、2人で準備を進めました。

陽ざしが美しい季節の始まり。ケルトの暦でいうと「光の半年(5月1日~1030日)」のためのヒントをちりばめて、みなさまと楽しい1日を過ごしました。くわしい内容は参加してくださったみなさまとのヒミツ♪ 写真とともに少しだけご紹介します。

K5bodyvqvamdnpoezckdw_r
セミナーの始まりは森の中で。カフェから歩いて15分くらいのところに「風の杜(もり)という名前の素敵な森があります。風の音しかしない。ふわ~っと包み込むような風が吹いてきて、時々、小鳥の鳴き声。あ、うぐいす。喧騒から離れて、木々の声に耳を傾けるひととき。。。

58049047_344639152690701_868710720916475

森の中で、自然とたわむれるボディワーク。1本の大きな木になったつもりで。左がKaoruさん。photo by Y.S.



Cvchbvzqps0rskyv3xm_q_r-2

風の杜から散歩しながら、カフェに戻ってきて、ほっとひと息。サンザシの実のシロップを出しました。

このケルト・セミナーでは毎回1つ、とくに注目してほしい、ケルトの聖なる樹を紹介して、実際に料理やデザートでいただきます。今日は光の半年の始まりを象徴する「サンザシ(ハーブ名/ホーソン)」です。サンザシの実はKaoruさんのお庭から採ったもの。

サンザシを味わいながら、ケルトの聖職者ドルイドが大切にしていたとされる薬草・薬木について話しました。

おまちかねのケルティック・ランチタイム。ケルトの人たちが食べていたかもしれない食材を使ったり、ケルト文化や神話・伝説からのインスピレーションで、料理探究人のKaoruさんが創作しました。

35obmpq0sxgp6qeltv7k1q_r
Gnleewtwtgsgpyqfpmrxig_r
前菜「雪解けサラダの光降るジュレ」

Q0stabiqfa8reyzihqakg_r
メインディッシュ「森の使者のパイ包み~薬草の香りとともに~」

Mfy2un7hrmskbyqjac0thg_r
デザート「妖精のおうち ベリーの庭」&サンザシの花のお茶。

Kg8mbjywshenvhlbzpubma_r-2

そして、午後はみなさまに生まれた月日別「シンボルツリー」からのメッセージをお伝えしました。お1人お1人に伝える前に話したことがあります。
「シンボルツリーのメッセージはすべてが聖なる木々の知恵であり、大切なメッセージ。他人事と思わないで、みなさまへの言葉として受け止めてください」

あのとき、同じ空間にいた皆さま、心に響いた言葉をこれからの半年、毎日の生活で生かしていただけたら嬉しいです。

C2jrgqp4tgmsalste4llnq_r 

最後は皆さまに感想を言っていただきました。その1つ1つの言葉が私の心に深く深く、残りました。

皆さま、ありがとうございました。

次回は10月以降、「闇の半年(11月1日~4月30日)」を迎えるためのセミナーを行います。

みなさま、また秋にお目にかかりましょう。

 



| | コメント (0)

2018年12月 3日 (月)

2018.12.1【報告】吉見の森のおはなし会「古代ケルト 聖なる樹の教え2~闇の半年のために」

Img_1043_r_2
ケルトのシンボル「うずまき」を象徴する本をご紹介。


【ケルト・セミナーの報告】

こんにちは。今日は121日(土)に開催したランチ付セミナーの報告をします。埼玉県吉見町のカフェ「ストロベリー・フィールズ」のKaoruさんとのコラボ企画で、今春からスタートしたばかり。年2回行うケルトのおはなし&ケルトランチの会です。

吉見の森のおはなし会 2
「古代ケルト 聖なる樹の教え
~闇の半年のために」
杉原梨江子(文筆家)×中村薫(料理探究人)
日時:121日(土)10時~14時30分
場所:ストロベリーフィールズ(埼玉県比企郡吉見町) 
参加費:6800円(ランチ代含む)
■参加者:6名様
主催:カフェ「ストロベリー・フィールズ」

Img_1078_r_5
ケルトの聖なる果実・リンゴのパイとうずまきクッキー


万物に精霊が宿ると考えていた古代ケルトの人々に思いを寄せながら・・・。移りゆく黄葉が美しい森のそばにあるカフェで、私たちは自然ともに生きていることを実感する1日でした。

聖なる樹、果実、動物たち、アロマetc. 寒く厳しい冬となる「闇の半年」を元気に楽しく過ごすためのヒントをちりばめましたよ。「闇の半年」とは、111日から始まるケルトの新年から、夏至を迎える前、430日までの期間をさします。光の半年は51日から1030日まで。

古代ケルトの人たちは、「太陽は朝昇り、夕べに沈む」とは考えませんでした。沈んだ太陽は夜明けになると「闇」から出てきて、再び生き返り、明るく輝き始めるのです。闇から光へ、夜から朝へ、秋冬から春夏へ、死から再生へと、自然界を、対極をなす現象を繰り返すものとしてとらえていました。無限に続く流れの中で、再生が起こる直前の暗闇こそ、新たな始まりの時、と考えていたのです。そして、そのことを象徴する「うずまき」についても勉強しました。ケルト遺跡の渦巻文様、『ケルズの書』etc.

【今回のキーワード】うずまき

Img_1065_r
Img_1064_rImg_1058_r
「わたしのうずまき」の形は?クッキーに描いてみました。

【ハロウィンのホント】
10月の終わり、今年もかなり盛り上がっていたハロウィン、じつはケルトの風習だったと知っていますか?ケルトの新年111日の前日、1031日は異界と現世の境界があやうくなる時。異界から妖精、妖怪、魔女、死者などがこの世に現れてくると信じられていました。かぼちゃのランタン、仮装してお菓子を配る習慣などはケルトの人たちが行っていた風習の名残りなのです。

Img_1049_r
ハロウィンのかぼちゃ、じつは「かぶ」だったって、知っていました? ランチタイムのスープ。

【ケルトの木の暦】
誰もが1本の木を抱いて生まれてくる・・・。あなたのシンボルツリーからのメッセージをお伝えしました。今回の参加者は、ブドウ、ナナカマド、クリ、サンザシ、イトスギ3名様


【ケルト・ランチ&デザート】
古代ケルトの聖なる魚、野菜、果実をいただきました。

Img_1053_r
知恵の王者・サーモンソテー、知恵の実ハシバミ風味 緑のソース

Img_1046_r
ケルトの聖なる果実ハシバミのパン

Img_1070_r
聖なる愛のリンゴ・パイとサンザシ・ティー&うずまきクッキー(上写真)。

Img_1042_r

この世のすべての存在が聖なるいのち、魂。そして、あなた自身も聖なる存在です。

来年も「ケルト」をテーマに吉見の森でおはなし会を行います。光の半年が始まる4月と、闇の半年が始まる10月か11月を予定しています。詳しいことが決まったらお知らせしますので、どうぞお出かけください

Img_1039_r
Img_1038_r
木の香りのするカフェで行いました。

ケルト・セミナーのパートナーは、カフェ「ストロベリー・フィールズ」の料理探究人 Kaoruさん。今回もケルトのインスピレーションで、おいしくて、神秘的で、素敵な料理をありがとうございました

Img_1037_r_2

杉原梨江子著『古代ケルト 聖なる樹の教え』(実業之日本社刊)
【くわしくはこちらかどうぞ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

ささやかな一瞬が人生の宝物になる 2018.4.1

20170617_160159_r

一日の中で、いちばん豊かな時間はいつだったでしょうか。いちばん笑顔になれたのはどんなときだったでしょうか。この一週間のなかで、かけがえのない瞬間はだれにでもきっとありました。

わたしはこの間の日曜日を思い出します。薫さんの家でセミナーの打ち合わせをしていたときのことです。チュッチュ、チュッチュと小鳥の鳴き声が聞こえてきました。高く響く声はどんどん大きくなっていきます。

「あ、小鳥がヒナにエサをやっているんだわ。小鳥の巣が見えない?」

薫さんの家の前は小さな森のようになっていて、芽吹いたばかりの木々が空いっぱいに広がっています。その一本に小鳥の巣をかけたそうです。すると小鳥がやってきて巣をつくり、子育ての真っ最中。

チュッチュ、チュッチュッ、ピピピピ。

薫さんと耳を澄まして、しばらく小鳥の声を聞いていました。春の日差しが射し込む部屋でふたり、静かに、静かに。緑は透きとおって輝き、通り抜けていく風は芽吹きのエネルギーに満ちていました。

春の時間。大切な友だちと小鳥の声に耳を澄ますひととき。目にはまぶしい緑の光。このときの風景をわたしは一生忘れることはないでしょう。

ささやかな一瞬が人生の宝物になる、そんなことを思った一日でした。

今がどんなにつらい状況でも、抱えている問題で不安な夜を過ごしていても、自分の心をちょっと明るくする瞬間が、誰にでもきっとあると思います。

一日の中で、一週間の中で、心にポッと灯がともった瞬間を思い出してみてください。思い悩む人の行く道にも、ひと筋の光が差し始めると、わたしは信じています。

20170617_093101_r
薫さんの家の近く、一本道。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

2017.9.30吉見の森のおはなし会「花のいのち 木のたましい」


Img_4100_r


【セミナー報告】
吉見の森のおはなし会 第1回 「花のいのち 木のたましい」
◎日時:2017年9月30日(土)13時〜15時30分
※おまけ ティータイム
◎参加者:12名様
◎場所:ぐるめはうす (埼玉県)
◎主催:カフェ ストロベリー・フィールズ

ずっと心待ちにしていたセミナーでした 

埼玉県吉見町のカフェ、ストロベリー・フィールズの中村薫さんから声をかけていただき、「吉見の森のおはなし会」第1回にて、「花のいのち 木のたましい」というテーマでお話しさせていただきました。

薫さんの手作りケーキとお茶付きというおいしい時間もありましたよ

花、木、果実の聖なる存在を感じていただきたかったので、どんな話にする?という内容はもちろん、 ケーキの材料は何にする? お茶は?と、薫さんといろいろ相談しながら、当日を迎えたセミナーでした。朝、薫さんのカフェに到着すると、テーブル・セッティングをしてくださっていました。そこに、私のお土産<幸せの葉っぱ>をプラス

Img_4098_r

お土産に、マザーリーフ(セイロンベンケイソウ)と子宝ベンケイソウ。朝、私が摘んで、セットしました。葉のフチから小さな芽が出てくる、幸せの葉っぱです

Img_4103_r

当日の流れをお話しすると、
最初に、みなさんの自己紹介タイム、「いちばん好きな花」についても話していただきました。ハス、ポピー、スミレなどから、あじゅらといった珍しい花も登場しました。下写真は、自己紹介の時に出していただいた、さくら茶。

22155478_1939072429665480_1523777_2

今日のお話をただ一方的に聴くものではなく、心とカラダで感じてほしかったから、動く瞑想を体験していただきました。大地に根を張る瞑想、葉っぱの手のひら体操、そして、相手を癒す手のひら・・・。どの方法もご自宅でもできることですから、行ってみてくださいね。

花のシンボルについては、家に飾ったり植えたりするのに身近なバラ、ユリ、ポピーなどを紹介しました。

22155107_1939072326332157_160099660

お楽しみのお茶タイム。愛のシンボル・りんごのマフィンと、無農薬のバラの花びらだけで入れたローズティー。りんごとバラの物語を紹介しながら

Img_4096_r

後半は、私の本『古代ケルト聖なる樹の教え』から、誕生日別の木のメッセージをお伝えしました。会場には、私の著書を並べてくださっていました。

Img_4106_r

最後に、花の瞑想で終了です。おひとり一輪、リンドウかガーベラを手に、体験していただきました。

Img_4102_r

セミナーの後、お時間のある方はカフェルームに移動して、おしゃべりティータイム。皆さんのご感想を聴かせていただきました。

Img_3909_r

思いがけず、私が「木」の生きる力や知恵をお伝えするきっかけとなった出来事についてもお話しすることに・・・。私自身、初心に戻れた時間でした。

Img_3907_r

秋の休日、ゆったりと優雅な時間を過ごしていただけたでしょうか。

薫さんの手作りマフィンやクッキーもご用意。古来、ヨーロッパで聖なる果実、聖なる花と呼ばれているものを選んで、作っていただきました。

Img_4111_r

皆さま、ありがとうございました

22157080_1939072419665481_192587652






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

古代ケルトの森のことばと、竪琴ライアーの響き

S10003516_545589482222248_128419167
photo by Sonoko san

ありがとう。Go raibh maith agat.(ゲール語でありがとうございます)

人とつながることが、人と響き合うことが、こんなに嬉しいことだとふたたび感じている朝です。

今、部屋には竪琴ライアーの音が響いています……。

taotaoの千絵子さんとspaceトネリコの地子さんが開いてくださった、春分の日の一日が終わり、まだ余韻に浸っています。

場所は茅ヶ崎にある「Space トネリコ」。この木のおうちは自然素材でリノベーションしたばかりだそう。駅まで迎えにいらしてくださったご主人によると、家の床はすべてナラ材。ナラはまさにケルトの森の王様オークです。この木のおうちは古代ケルトの聖なる樹木の力を秘めているんですね。「Space トネリコ」始まり記念のイベントに呼んでいただいたことを幸せに感じています。


「聖なる樹木の声を聴く
 ~古代ケルトの呼び声を今に伝える
 詩人 杉原梨江子の世界~」

◎日時:3月21日(金)春分の日 
   14時~17時 その後、懇親会でおしゃべり
◎場所
:「ヒト モノ コトをつなぐ Space トネリコ
    (
JR東海道線茅ヶ崎駅北口よりバス

前半では、私が「樹木」をテーマとして活動する原点となった、バリ島で運命の出会いをした神宿るガジュマルの木について、お話ししました。

木々の呼び声は古代ケルトの森だけではなく、この地球上の木々、草花、風、水…すべての存在が私たちに囁きかけていることをお伝えしたかったからです。

それから、ケルトの森のおはなし。「ケルトの人々が住んでいた国って?」とか、いろいろ。深い森を感じるオークモスの香りとともに。(この場にいらしてくださった方のためにくわしくはナイショ♪)

そして、生まれた月日で知るシンボルツリー(守護樹)からのメッセージ。

後半は、竪琴ライアー弾きの宮田美岳(みやたよしたけ)さんのおしゃべりから始まり、ライアーの音楽をたっぷり、樹木の瞑想、そして、木々のささやきを詩にして読みました。

皆さまと過ごした時間はかけがえのない思い出になっていきます。終了後は、千絵子さん、地子さん、新海かおりさんが美味しい料理とワインでもてなしてくださいました。受付で私の本を販売してくださった小川さんにも、ありがとうございました。

Ryouri
Olives_2

おだやかな夕べ、本当に楽しかった……。

ライアーの音色が心と体のなかで響いている感覚、この部屋いっぱいに響いているのを感じながら、おしゃべりしました。ここに集った人々が響き合い、それぞれの人生に戻っていっても、響きの環は続いていくでしょうね……。

Smiyata
photo by Sonoko san

space
トネリコの素敵なおうちの前で竪琴ライアーを弾く宮田美岳さん。

宮田さんのことをもっと知りたい方はサイトをご覧ください。
http://leier-in-the-sky.jimdo.com


Sspace
photo by Chiko san

この場所―「ヒト モノ コトをつなぐ Space トネリコという名前は、私との出会いからヒントを得られたと聴きました。本当に幸せです。

トネリコは天と地とをつなぎ、私たちを見守り続ける聖なる樹木、と神話は語ります。


主催してくださったお二人と、
一緒に響きを奏でることができた宮田美岳さんと、
いらしてくださった皆さまお一人お一人に、心から感謝のことばを伝えたい……。
本当にありがとうございました。

S_2
photo by Hiromi Yamazaki sanfbでつながり、お目にかかったことはなかったHiromiさんがいらしてくださり、撮影してくださった写真です。ありがとうございました。こんなご縁も素敵ですね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

ケルトの森の中で、耳を澄ませて

Simg_4474

あしたはとても大切な一日になる予感。

茅ヶ崎の里山。

木のおうち。

花と木と香りを愛する女性2人が声をかけてくださった時間。

たくさんの人が私の話を聴きにいらしてくださるって。

わたしの…というよりも、ケルトの森に棲む精霊たちが、いえ、自然のすべてのいのちが魂をもって、私を通して、みなさまに何かを伝える、と言ったほうがいいように感じています。

今まで、自らケルトの話をしようとしたことはないんです。何か大いなるものに、背中を押されるようにここまで来ました。

あした、私の言葉はケルトの森からの呼びかけです。

あなたの耳にはどんな囁きが聴こえるでしょうか。

宮田美岳さんの弾く、竪琴ライアーの響きとともに、あなたに贈ります。

Srimg0114
木々や草花の精霊と出会ってください。きっと、あなたなら・・・。


聖なる樹木の声を聴く
~古代ケルトの呼び声を今に伝える
  詩人・杉原梨江子の世界~[満員御礼]
http://rieko-sugihara.com/information/2014321taotao_Celtic%20tree%20news.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

古代ケルトの呼び声を今に伝える詩人 杉原梨江子の世界~竪琴ライアーの響きとともに

Simg_8083
Srimg_8528_2
 ケルトの故郷の一つ、チェコの国樹・菩提樹の声に耳を澄ませて。遠いケルトの森のささやきが聴こえてきます…2014321日、あなたに伝えましょう。


昨日7日夕方、ドイツの竪琴ライアーの奏者である宮田美岳さんと打合せをしました。321日春分の日の“音楽と詩”のコラボレーションのために……。

taotaoのパク・チエコさんとSpace トネリコの地子Yoshidaさんが企画してくださり、素敵なタイトルをつけてくださいました。
「聖なる樹木の声を聴く
 ~古代ケルトの呼び声を今に伝える詩人
  杉原梨江子の世界~」

木々が語りかけてくれた言葉を私が詩に託して語るとき、ライアー弾きの宮田さんが木の葉のささやきのように音楽を奏でてくださいます。

当日初めて会って即興で、というのは私にはとてもとても……と思ったので、チエコさんにお願いして、一度お目にかかることになりました。

初めて会ったのに、すっとお話ができました。
宮田さんからのメッセージは、、、

音楽と、詩と、その場に集う人々と、響かせ、溶かし合ってゆく。

共鳴。

音が消えていった先の無・無・無・・・・・・。

聴こえなくなってからも、耳を澄ます……その先のイメージ。

響いている音の奥の奥、聴こえない音の奥に、心の響く音色が静かに流れていく。

お話を聴きながら、とてもわかち合える部分がいっぱいあるなと嬉しくなりました。

無……ということ。「無」とは何もなくなるのではなく、魂が在ることを強く感じることだと私は思います。

私の詩も消え、ライアーの音も消えてからの時間を大切にしたい。

しんと静まり返った森の中でも、誰もいなくなったわけではなくて、いのちは生きている。木々も草花も動物たちも、私たちもそこに存在することを。

昨日の打合せの静かなひとときを思い浮かべながら、何かが響き始めた、廻り始めた……と感じました。

今日一日を宮田さんの弾く音色を思い出しながら、1冊の本を久しぶりに手にしてめくってみました。そうそう、こうしている今も音はないのに、ライアーの弦の音が耳の奥で鳴っているみたい……。

染色家、志村ふくみさんの『一色一生』。パッと開いたページにあったのは、ドイツの詩人ノヴァーリスのこんな詩の一節。

すべてみえるものは、みえないものにさわっている。
きこえるものは、きこえないものにさわっている。
感じられるものは感じられないものにさわっている。
おそらく、考えられるものは、考えられないものにさわっているだろう。

この詩に続けて志村さんはこんなふうに書いています。

本当のものは、みえるものの奥にあって、物や形にとどめておくことの出来ない領域のもの、海や空の青さもまたそういう聖域のものなのでしょう。」と。

いつも、宮田さんの感じていること、と、私が感じていること。

すべてを言葉に表し、共感し尽くすことはできなかったけれど、言葉にならない響きはきっと伝わる……心の奥で響き合うものがあると感じました。

それは、どんな時もどんな人とも。321日、いらしてくださるお一人お一人、心の奥にあるはずの森の中へすっと入りこんでほしいな。

もしかすると今はまだ眠る森? ライアーの響きと、木々のささやきに耳を澄ませながら、森のいのちが輝き始めるといいなとも願っています。

321日(祝)春分の日。
「ヒト モノ コトをつなぐ 」Space トネリコ(茅ヶ崎)にて。
イベントの詳細はこちらをご覧ください。
http://rieko-sugihara.com/information/2014321taotao_Celtic%20tree%20news.html

 Simg_7376
菩提樹の木の下で会いましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

クリスマスにはヤドリギの魔法をかけて in Wien

S

数年前に訪れた、ウィーンのクリスマス。市庁舎の前のクリスマス・マーケットの写真です。

リースやお菓子、ホットワインの屋台がたくさん並んでいる中で、ひときわ輝いていたのが“ヤドリギの屋台”でした。


Syadogigi

緑色のみずみずしいヤドリギが吊り下げられていたり、大きな缶にさしてあったり、お花屋さんの店先のようです。

古来、ヨーロッパではヤドリギを家の中央に飾り、その下を通るたびに、家族や恋人同士でキスをすると幸運が訪れるという魔法の木。

葉のすっかり落ちた木々ばかりのウィーンの街で、緑をたやさないヤドリギの花束は、まるでそこだけが春のように輝いていました。

ヤドリギに願いをかけて、、、私はケルトの木のおはなしを本にすることができました。ありがとう

ちなみに、
ウィーンという名前は、ケルト語で「美しい街」という意味なんですよ。

S_2


ヤドリギが木に宿っている時はこんな感じ。まんまるい形をしていて、かわいい! 

あ、この写真はウィーンじゃなくて、伊勢神宮のおかげ横丁、五十鈴川のほとりに立っていた落葉樹のヤドリギです。ちょうど今頃、行くと見られるかも!



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

ストロベリーフィールズカフェからの手紙

S2010_0612_113528rimg0007

「杉原梨江子のおはなし会」を主催してくださった、ストロベリーフィールズカフェの中村薫さんから、すてきな手紙が届きました。私のブログを読んでくださっている皆さまとも喜びを分かち合いたくて、紹介します。

 
昨日は、素敵な時間をありがとうございました。
会が進んでいくうちに、ここに集まっている人=樹木

 
それぞれ、違う香りがして、違う花を咲かせ、違う実をつける
 
人は、ぞれぞれが違うんだと分かっているつもりでしたが、それを体全身で心からから感じました。
 

 
時には、風に身をまかせ、時には降りかかる雪を払いのけ
 
時には寒さのなかじっと耐え、その瞬間がきたら
誰もがうらやむような、
美しい花を咲かせ、恵みの実をつける。

 
そんな人(樹)でありたい。
 
私の心にも、一本の木がやっと見えた気がします。
 

 
参加者の皆さんの心に、愛の種が蒔かれましたね。
 
どんな芽を咲かしていくのか、楽しみです。
 

 
本当に、ありがとうございました。

こちらこそ、本当にありがとうございました。

ケルトの森の物語が多くの人の心に届きますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧