芸術

2019年2月 4日 (月)

2019.1.12トークイベント報告「北欧神話を紡ぐ」with仙波るいさん

2019112p1010397_r

【トークイベントの報告】

「仙波るい個展 紡戯ごと~北欧神話を紡ぐ」トークイベント
日時:2019112(土)15:00~

場所:
CASEギャラリー(代々木八幡or代々木公園駅)

1月、アーティストの仙波るいさんと行ったトークイベント、とても楽しい会になりました。

「北欧神話」をテーマにつくられたテキスタイル・アート。るいさんの作品に描かれた女神さまや動物たちの物語を11つご紹介しながらお話ししました。

2019112p1010445_r

写真は、宇宙樹ユグドラシルの枝に、神話に登場する動物たちがのっかっているのですが、どのコにも神秘的な物語があります。食べても食べても蘇るヤギ、馬より早く走る黄金のイノシシ、躊躇する者という名のシカ。指さしているのは、女神フレイヤのネコetc.

Img_1169_r

それから、人間の寿命を決める運命の女神さま等々。

布に絵を描き、染め、さらに、糸をさすという、果てしない工程を経て作られたるいさんの作品は、あたたかで、やさしくて、なんてかわいい世界。「北欧神話」といえば、漫画『進撃の巨人』やゲームなど、神さまVS巨人のようなバトル世界というか、戦闘のイメージが強いけれど、じつはこんなにほのぼの、かわいい世界もあるんです。北欧の自然の色や空気感、北欧の幸福感もちゃんと表現してくださったことが本当に嬉しかったです。

2019112p1010399_r

なんといっても、私が知りたかったのは、どうして、「糸をさす」という表現を選んだの?ということ。「糸」でひと針、ひと針・・・。

質問すると、るいさん、ご自身のアートの始まりや制作過程のことなど、丁寧にお話ししてくださいました。同じ緑色の糸でも濃い緑、淡い緑と色味を変えたり、同じ色でも、糸の太い細い、さす本数を変えて表現しているという制作秘話には感動しちゃいました。パッと見ただけではわかりません。トークのあと、目を近づけて、じーっと見つめる人が続出!

2019112p1010407_r

布の絵本も素敵でした。北欧神話は時系列に並んでなくて、さまざまな物語が集まって、1つの神話になっているのですが、エピソードの1つ「雷神トールの妻シブが丸坊主にされる事件」が、かわいい、かわいいアートになっていました。物語の中でいちばん印象に残ったから、選んだそう。

上の写真は、ノルウェーのオスロ市庁舎前にある北欧神話の木彫り壁画。雷神トールが空を駆けるようすが彫られています。皆さまに、旅したときの写真を見せながら、トールがどんな神さまなのかを話しました。

「ほかにも、いろんな物語が絵本にできるよね、第2弾、第3弾が楽しみね!」とトークは締めくくられました。

蘇るヤギの話とか、若返りのリンゴをもつ女神イズンの話とか、トールが巨人にだまされる話とか、、、。

新しい楽しみが生まれた時間。

2019112p1010435_r_3

るいさん、いらしてくださった皆さま、ありがとうございました

いい1日でした。

主催のCASEギャラリーYukawaさん、ありがとうございました。


2019112p1010400_1_r

2019112p1010458_r
※写真はるいさんのだんな様の撮影です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木)

2018.5水墨画作品の展示報告inチェコ・ノヴァフラディ城

Img_5637_r

今年、嬉しかったことの1つ。

墨で描いた彼岸花、作品名「Lycolis(彼岸花)」が、ベラ・チャスラフスカさんを追悼して行われた「日本を愛してくれてありがとう展」に展示されました。チャスラフスカさんは、1964年の東京オリンピックの金メダリスト、チェコスロバキアの体操選手です。

◎展覧会:ベラ・チャスラフスカさん追悼「日本を愛してくれてありがとう展」
◎作品名「Lycoris(彼岸花)」(写真の左側)
◎会場:ノヴァフラディ城(リトミシェル)
◎会期:2018510日~31
◎主催:ベラ・チャフラスカ基金会
※写真協力:AIACC国際書道文化発展協議会

チャスラフスカさんってどんな人?出会いは? 詳しくは杉原梨江子オフィシャルサイトを読んでください。

http://rieko-sugihara.com/information/2018510-31Suibokuga%20inVera_Lycoris.html

Img_8239_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

2018.6.19FMラジオ出演ブック・アンソロジー第12回ヤグルマギク

Img_7569_r2

【ラジオ出演のお知らせ】


月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

6月は「ヤグルマギク」についてお話しします。

シンボルは「永遠の愛」。

1922年に、ツタンカーメンの墓が発見されたとき、彼の胸元に置かれた小さな花輪の中に、ヤグルマギクの花も入っていました。しかも、その花びらには、かすかに青色が残ていた、と伝えられています。18歳でこの世を去った若きファラオを王妃さまとのエピソードをお楽しみください

◎番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
◎放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。
第12回 2018年6月19日(火)放送
https://www.youtube.com/watch?v=6i02I7MO3tw

ツタンカーメンと王妃のエピソードは、私の本『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』の序文でも紹介しています。ぜひご覧くださいネ

★ヤグルマギク(キク科・1年草)
学名:Cenaurea cyanus
シンボル:永遠の愛、誠実、死と再生
裏シンボル:独身のみじめさ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

2018.5.15FMラジオ出演ブック・アンソロジー第11回ボタン

Rimg0040_r_2

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

5月は「ボタン」についてお話しします。

シンボルは「冨と豊穣」。古代から花の王様として、成功と出世とをもたらす花といわれてきたボタンのエピソードをお楽しみください

◎番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
◎放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。
第11回 2018年5月15日(火)放送

※私の本『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』200ページもあわせてご覧くださいネ

★ボタン(ボタン科・落葉低木)
学名:Paeonia suffruticosa
シンボル:富貴、最高の美人、権威
裏シンボル:日本男児

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

2018.4.17FMラジオ出演ブック・アンソロジー第10回スミレ

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

4月は「スミレ」についてお話ししました。

この小さく、可憐な花を愛した人物は、あのナポレオン。その皇后ジョゼフィ―ヌとの恋の物語とともにお楽しみください

番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。

放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。

第10回 2018年4月17日(火)放送

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

2018.3.20FMラジオ出演ブック・アンソロジー第9回

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

3月は「サクラ」についてお話ししました


番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。

放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。

第9回 2018年3月20日(火)放送
https://www.youtube.com/watch?v=Bl33fAeS1BM



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

2018.2.13ラジオ出演ブックアンソロジー第8回チューリップ

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

2月は「チューリップ」についてお話ししました。

咲いた、咲いた、チューリップ。

昔、イギリスでは「妖精のゆりかご」と呼ばれていたんですよ

おやゆび姫を見た人、本当にいたのかも!?と信じたくなる素敵な物語をお聴きください。


番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。

放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。

第7回 2018年2月13日(火)放送
https://www.youtube.com/watch?v=bcxMNSYZw54



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

2018.1.23FMラジオ出演ブック・アンソロジー第7回ツバキ

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

今年第1回目は「ツバキ」についてお話ししました。

この花を愛し、名言を残した女性について話しました。さて、誰でしょう?

ヒント:白いカメリアを飾りたくなりますよ、きっと


番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。

放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。

第7回 2018年1月23日(火)放送
https://www.youtube.com/watch?v=mxVeg5evgqo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

書の作品2007

過去の作品を並べてみた。

<2007年>
書いていて、とにかく楽しかった「金文(きんぶん)」。

饒舌な文字たち。文字の1つ1つが動き出し、私に話しかけてくるようだった。文字に生命が宿っているように見えませんか?

◎臨書「金文」
殷代から周代にかけて青銅器に刻まれた文字。金文は甲骨文字の次の時代にあたる文字である。

※第6回天真書法塾発表会
https://www.facebook.com/pg/tenshinkai.jp/photos/?tab=album&album_id=482799308543342

2007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書の作品2008

過去の作品。

<2008年>
甲骨文や金文、石鼓文など、骨や青銅器、石などに刻まれた中国初期の文字の稽古を終えて、書家の臨書へと移っていった最初の作品。

◎臨書「急就章」宋克
◎作者:宋克(1327-1387)
明代の書家。書法は草章。彼の代表作がこの「急就章」である。

※第7回天真書法塾発表会
https://www.facebook.com/pg/tenshinkai.jp/photos/?tab=album&album_id=482800365209903

2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧