芸術

2017年1月29日 (日)

スウェーデンの切り絵作家アグネータさんのワークショップ


Agneta_and_rieko_sugihara_2017012_6


1月26日(木)、スウェーデンの切り絵作家Agneta Flockアグネータ・フロック さんのワークショップに参加しました。

チューリップ、ウサギ、小鳥など、スウェーデンの森にいる動物や花をモチーフに、ハサミ1本でいろいろ作りました。

紙を切って、糸で縫い合わせるというのが新鮮!針に糸を通したのは何年ぶり!?

日本にはあまりない習慣、窓を飾る切り絵とか、美しいデザインも教えてくださり、今までにない経験。

とっても楽しかったけど、ああ、私は切り絵の才能は全くないな、と実感してしまった。

アグネータさんの作品展は東急文化村ギャラリーにて、1月31日まで。北欧の自然、神秘的な動物たちと出会いに行ってみてください。
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/box_170121agneta.html
20170126_161922_r

Agneta san.Tack så mycket!! Vi ses

こんなの作りました。
20170127_110436_r_3
うさぎと、アグネータさんのお庭に咲いているチューリップ。

20170127_110550_r
ダーラヘストに
challenge.背には千代紙を貼りました。Chiyogami( Japanese papers) on the Darahest.

20170127_111049_r_r
小鳥。Yellow & sky blue & Green(chiyogami) blueはアグネータさんにいただいた雑誌の紙で作りました。下写真を見て。角度を変えると、空色の小鳥に。
20170127_111154_r_r_2
この切り絵作品は吊り下げて、ゆらゆら揺れるタイプ。

0170126_151610_r
アグネータさん、ぞうが間もなく完成。
20170126_151455_r
小さく、刃先が鋭利なハサミがベストです。

20170126_140420_r

20170126_140204_r
持参した千代紙が役立ちました。となりのダーラヘストはアグネータさんのお手本。わたいsのとは全然ちがいますhappy02

スウェーデンからいらしてくださったアグネータさん。スウェーデン語教室のH先生のウェディングパーティーで出会ってから、ずっとまた会いたいと思っていました。

やっと願いが叶いましたheart04









 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

いつかまた、「こだま」と

S20141130_181609

杉の木でオブジェをつくる造形作家、有馬晋平さんと。さっきまで、この「こだま」の中に入っていましたが、今は腰かけて。

S20141130_181452

偶然通りかかったギャラリーで、私は運命の「樹」たちと出会いました。

「樹」のたましいをそっととり出した、杉の「こだま」に。


1か月も行っていたという有馬さんの個展。最終日の前日、偶然入って、知りました。

「こだま」の中に入りたくて、最後の日にも行きました。

ひとつひとつ、かたちも、たましいも、ちがう「こだま」に座り、私はしばらく佇んでいました。

まるで、森の中で大樹に寄りかかっている時のように。

それから……とことん、「こだま」と遊んじゃいました!

S20141130_172901

「こだま」の中に入る。

S20141130_180437

「こだま」の中に、すっぽり。母親が両手で子供を抱きかかえるかたちだそう。

S20141130_180721

べッドにしたり。ちょうどいいくぼみがあって……。

S20141130_173024

「こだま」の中ですやすや……。気づくと1時間が経っていました。

あ、お気に入りの巨樹と出会った時といっしょ。洞に入ったり、根元に寝転んだりって、同じことしたなあ、私。

木目が生きている。

こだまの中は響いてる。

ひとつひとつのこだまに、杉の木が動いていたあかしが、ありました。

S20141130_180035_2

すばらしい出会いに感謝して……。

だれに? 

たぶん、杉の神さまに。


S20141129_191812

「有馬晋平展 こだまのここち」
 in ギャラリーYUNOR(ユノア)2014年10月31日~11月30日 

私を撮影してくださったのはユノアのやまざきますみさんです。素敵な写真をありがとうheart04


| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉の「こだま」の中へ

S20141130_172948


杉の「こだま」のなかに入りました。


しばらくすると、心にこんな情景が浮かんできました。

落ち葉のじゅうたん。杉の木が連なる森。

見えるのは木の根元から少し上くらいまで。杉の木々は斜めに傾いています。下から見上げたみたいな感じ。

もしかすると、この木が倒されて、地面に横たわったときに見た風景なのかな……。

それから、木の上のほうを見上げようとしたけれど、情景が動かなくて、どうしても見ることはできませんでした。

そんな不思議な映像が見えたのです、と有馬さんに伝えると、

「あ、それは僕が根元しか見ていないからかもしれません。この杉は上を見たことがない……、だから」。

この杉のこだまの記憶が、私の心に映像となって映し出されたのでしょうか。

そんなことを考えました。

S20141130_173015

in GYALLERY YUNOR(白金台)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

有馬晋平展―こだまのここち

S20141129_190939

「樹」と向き合って、作品をつくる人と出会った。

こういう出会いがあるとき、自分が辿ってきた道が正しいと、

そして、これから進もうとする道も正しい、と信じられる。

だから安心して進んでいきなさい……と天の神さまから背中を押される瞬間がある。

今日はその日だ。数か月の間でいちばん、心ふるえる、嬉しい出会いだった。

造形作家、有馬晋平さん。



杉の木から、こだまをかたちづくっていく。

杉の木の“たましい”をすっと取り出したかのような、

丸い、それぞれに木目がちがう、

いのちのしずくの一滴のような……。

杉の木はもうそこに立っていないのに、森で生きていた何本もの杉のいのちがたしかに、そこに在った。

有馬さんがリーフレットに書いたことばをそのまま伝えます。


杉の木から生まれた こだま 

それは、杉が生きてきた時間を削り出した かたち 

その ここちを感じてほしいと思っています。

―こだまのここち―


涙があふれそうになるのを、私は何度もおさえなければならなかった。

「樹」と向き合う人がここにもいる。

私と同じように、「樹」といういのちに心惹かれる人がいる。

そのことが、ただ嬉しかった。

私もまた、「樹」のいのちのしずくをとり出してみたいと、

「樹」のたましいをことばにかえて、永遠に、

人と樹との間に残してみたいと、心から思った。

そして、その言の葉はまだ、小さな芽ひとつ出してはいないのだという現実も。

ギャラリーを出て、すばらしい巡り合いをありがとう、と空を見上げた。

誰かが私を導いている。私もまた、

「樹」と向き合い、何かを伝え続けるために生まれてきた人間なのだ。

すべての時を、「樹」とともに生きていこう。

今日からふたたび。

★有馬晋平さんの作品は明日11月30日(日)まで
ギャラリーYUNOR(白金台)で見られます。
東京都港区白金台5511 
h
ttp://gallery-yunor.com/web_arima/shimpei_arima_exhibition_.html

S20141129_191603

有馬さんが育てた杉の子ども。


大分県に工房を構えていらっしゃる有馬さん。いつか訪ねて、杉の森を一緒に歩いてみたい。

S20141129_191756

ふと覗いたら、「樹」でつくられた、心地よさそうな丸い何かが目に飛び込んで、思わず入ったギャラリーでした。

「ギャラリーYUNOR」の宮原貴寛さんも、樹が好きな、素敵な人でした。もうおしまいの時間に入れてくださって、ありがとうございました。

天の神さまはこうやって、時々、私が大切なものと出会わせてくれるのですよねconfident

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

『バルテュス展』Balthus

Simg_0423_2
バルテュスが使っていた絵の具。
DITTA G.POGGI in ROMA http://www.poggi1825.it/

『バルテュス展』に行ってきました。東京都美術館(上野)で419日~622日まで開催されていた展覧会。いつものことながら、最終日にぎりぎり駆けこみました。開館と同時に行ったのに結構人が並んでいました。

S20140622_093213_2

バルテュスはずっと憧れていた画家でした……というよりも、私が惹かれたのは妻の節子夫人。美しく大胆な着物に身を包み、自己の世界を貫く画家に寄り沿いながらも、影の存在ではなく、凛と立つ女性の姿に。

その女性の夫、画家バルテュスは少女を描き続け、独特のエロスを醸し出す。ピカソをして「20世紀最後の巨匠」といわしめた画家である。

流れていた映像でバルテュスは「少女を描くことから私は誤解をされていることは知っている。しかし、私にとって少女は神聖な存在、その思いしかないのです」と語っていた。

その構図などを見ると、性の対象ではないことがにわかには信じがたい思いもするが、“だれの手によっても穢されていない少女”を描き続けた画家バルテュス。

彼は初めて日本を訪れたとき日本人形と出会い、強烈に心惹かれたという。その彼が50歳を過ぎて出会い結婚したのが、当時20歳の節子夫人だった。彼は、生身の“動く日本人形”を手に入れたのだ。初めて描いた節子夫人の顔のスケッチから、10年の歳月をかけて描いたという「朱色の机と日本の女」まで、彼はだれの手によっても穢されていない日本人形を愛し、触れ、抱き締め、究極の美ともいえる“日本人形”へと作り上げていったのではなかったか。

バルテュスの死後、60歳を過ぎてから夫の絵の保存とより深い理解のための活動を始めた節子夫人。今尚、美しく、若々しく、初々しく、可愛らしく、バルテュスの美意識のままに年齢を重ねていく姿に、愛される女性の真の美しさを感じる。

S20140622_093759

 この展覧会で初めて本物を目にした。少しずつ見ていくと、いつもと違うことに気づいた。そう、ガラスがないのだった。だから、彼の筆づかいをそのまま感じることができた。何度も塗られた絵の具の跡、盛り上がった絵の具、ひび割れた表面などがよく見える。著名な画家の展覧会でガラス越しではなく見られるのは珍しい。なんて贅沢なことだろう。

バルテュスの絵には生身の人間の息づかいを感じる。彼の分身という猫さえつい手を伸ばしたくなるほどだ。「生」「性」「聖」……を私も肉体で感じとりたい。彼の熱い思いはガラス越しでは伝わらなかったにちがいない。

とくに感動した絵は、「美しい日々」の暖炉の火の色。オレンジの美しさは少女がいつか大人になった日のためにとっておく火種のような感じがした。ヤケドしそうなほどの。

「地中海の猫」の虹から飛び出す自由な魚。でもすぐに食卓に連れて行かれるのに…。

「決して来ない時」のバタイユの娘ローランスとの肉体の触れ合いを感じさせる空気感。

「おやつの時間」のりんごのエロス。

「ジャクリーヌ・マティスの肖像」の気の強そうな少女の視線。

「猫たちの王」の、シニカルな表情の自画像と足に頭をすりつかせる猫の愛らしさとのアンバランス。

「黄色い着物を着た日本の女」の日本女性の美しさが立ち姿にあることを知っているかのような、川端康成の世界を思わせる余韻。

「モンテカルヴェッロの風景」の光る川。

「樹のある大きな風景(シャシーの農家の中庭)」の完璧な構図。

「《朱色の肌と日本の女》のための習作」の生々しい裸の線。


バルテュスよ、永遠に。そして、いつか再び、巡り逢いたい。

S20140622_112250

「夢見るテレーズ」

テレーズは最初の少女モデル。1936~1939年まで、幼い少女から大人の女性へと刻々と変わっていく姿を描き続けた。彼女との出会いがきっかけで、バルテュスは生涯、少女をテーマにすることとなったといわれる。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

ツツジの色に酔いしれる in 有栖川宮記念公園

Simg_7303

2014年4月16日、ツツジに感動!

有栖川公園に行ったとき、ツツジの花が満開だったのです。きっと、今もまだ大丈夫だから、あなたも行ってみてください

Simg_7285

真っ赤なツツジ、1本だけがぴょこーんと飛び出したツツジがあちこちに。こんなツツジ、初めてみました。

じつは私、今まで、「ツツジ」に心惹かれたことはないんです。なんとなく、地味~な印象があって・・・。

でもでも、この日は違いました。あまりにも鮮やかなツツジの満開尽くしに感動!! 撮っても撮っても撮りきれないくらい、花の色に魅了されました!

「躑躅色(つづじいろ)」という色の名前があることをご存知ですか。紅花と紫根(しこん)で染めるとできあがる、紫がかった明るい赤のことをそう呼びました。

平安時代には、十二単衣の色合わせにも「躑躅」の組み合わせはあるのです。表が蘇芳(すおう・紫がかった青色)、裏が深緑色。“花の色を衣装”で表現するという、和の色彩コーディネートが日本にあったんですよね。

日本って素敵だな、と思うのは、こういう繊細な美の表現を知ったとき……。

出会ったツツジをご紹介しましょう。

Simg_7317

あでやかなピンク色。こぶりの花でした。

Simg_7325

こちらは花びらの先がほんのりと染まり、中心に飾りのように散ったピンクの模様が。

Simg_7331

花びらが透きとおるようなピンク色。 小さな花がふたつ。

Simg_7328

いくつもの鮮やかなツツジが一緒に咲いていました。

Simg_7311


白いツツジも素敵です。中ほどに紅紫色が散っています。花の精霊がふわっと姿を現しそうな予感……。



★有栖川宮記念公園への行き方はこちらをご覧ください。
東京メトロ日比谷線広尾駅 徒歩5分
http://www.arisugawa-park.jp/index.php










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

古代ケルトの呼び声を今に伝える詩人 杉原梨江子の世界~竪琴ライアーの響きとともに

Simg_8083
Srimg_8528_2
 ケルトの故郷の一つ、チェコの国樹・菩提樹の声に耳を澄ませて。遠いケルトの森のささやきが聴こえてきます…2014321日、あなたに伝えましょう。


昨日7日夕方、ドイツの竪琴ライアーの奏者である宮田美岳さんと打合せをしました。321日春分の日の“音楽と詩”のコラボレーションのために……。

taotaoのパク・チエコさんとSpace トネリコの地子Yoshidaさんが企画してくださり、素敵なタイトルをつけてくださいました。
「聖なる樹木の声を聴く
 ~古代ケルトの呼び声を今に伝える詩人
  杉原梨江子の世界~」

木々が語りかけてくれた言葉を私が詩に託して語るとき、ライアー弾きの宮田さんが木の葉のささやきのように音楽を奏でてくださいます。

当日初めて会って即興で、というのは私にはとてもとても……と思ったので、チエコさんにお願いして、一度お目にかかることになりました。

初めて会ったのに、すっとお話ができました。
宮田さんからのメッセージは、、、

音楽と、詩と、その場に集う人々と、響かせ、溶かし合ってゆく。

共鳴。

音が消えていった先の無・無・無・・・・・・。

聴こえなくなってからも、耳を澄ます……その先のイメージ。

響いている音の奥の奥、聴こえない音の奥に、心の響く音色が静かに流れていく。

お話を聴きながら、とてもわかち合える部分がいっぱいあるなと嬉しくなりました。

無……ということ。「無」とは何もなくなるのではなく、魂が在ることを強く感じることだと私は思います。

私の詩も消え、ライアーの音も消えてからの時間を大切にしたい。

しんと静まり返った森の中でも、誰もいなくなったわけではなくて、いのちは生きている。木々も草花も動物たちも、私たちもそこに存在することを。

昨日の打合せの静かなひとときを思い浮かべながら、何かが響き始めた、廻り始めた……と感じました。

今日一日を宮田さんの弾く音色を思い出しながら、1冊の本を久しぶりに手にしてめくってみました。そうそう、こうしている今も音はないのに、ライアーの弦の音が耳の奥で鳴っているみたい……。

染色家、志村ふくみさんの『一色一生』。パッと開いたページにあったのは、ドイツの詩人ノヴァーリスのこんな詩の一節。

すべてみえるものは、みえないものにさわっている。
きこえるものは、きこえないものにさわっている。
感じられるものは感じられないものにさわっている。
おそらく、考えられるものは、考えられないものにさわっているだろう。

この詩に続けて志村さんはこんなふうに書いています。

本当のものは、みえるものの奥にあって、物や形にとどめておくことの出来ない領域のもの、海や空の青さもまたそういう聖域のものなのでしょう。」と。

いつも、宮田さんの感じていること、と、私が感じていること。

すべてを言葉に表し、共感し尽くすことはできなかったけれど、言葉にならない響きはきっと伝わる……心の奥で響き合うものがあると感じました。

それは、どんな時もどんな人とも。321日、いらしてくださるお一人お一人、心の奥にあるはずの森の中へすっと入りこんでほしいな。

もしかすると今はまだ眠る森? ライアーの響きと、木々のささやきに耳を澄ませながら、森のいのちが輝き始めるといいなとも願っています。

321日(祝)春分の日。
「ヒト モノ コトをつなぐ 」Space トネリコ(茅ヶ崎)にて。
イベントの詳細はこちらをご覧ください。
http://rieko-sugihara.com/information/2014321taotao_Celtic%20tree%20news.html

 Simg_7376
菩提樹の木の下で会いましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

スウェーデン日記16 建築家アスプルンドのストックホルム市立図書館 Stadsbiblioteket

Simg_5942_2

図書館に身を置くとき、私は森に還るような想いにあふれます。

一冊の本のなかに、木々の息づかいが聴こえてきます。

かつて大地に立っていた木、青空を見上げていた木のいのちが形を変えて、現代を生きる私たちの手の中に立ち続けてくれるのです。

環境保護の立場からすると木を伐り倒し、パルプを作ることは、木にとって残酷なことかもしれません。

けれど、そこに文字が刻印されると、今を後世の人々へとつなげていく知の財産となっていきます。

一冊の本を読むことは、数百年も前の人の思いを心の耳で聴くこと。木のささやきに耳を澄ますようにページをめくっていく至福の時間。

そしてここ、「ストックホルム市立図書館」は、“図書館宇宙”と呼びたいほどの知の空間が広がっています。建築家グンナール・アスプルンドが建てた世にも美しい図書館です。

Simg_6007

エントランスを入り、まっすぐ伸びる細い階段を上っていくと突然、光にあふれる書架が広がる空間に導かれます。

Simg_5958

高い天井の下にカーブを描いた壁一面に、360度ぐるりと本が並べられ、まさに本の宇宙。

Simg_5956

壁に並ぶ一冊一冊の本は、まるで木の葉がいっせいに、私に向かってささやきかけてくるようでした。図書館という大きな木の中心に立った私に。

海外を旅すると、決まって図書館に立ち寄ります。今回の旅でも必ず訪れようと決めていました。あなたもご一緒に、知の宇宙を訪れてみませんか。

Simg_5972

Simg_6023
読み聞かせの部屋には幻想的な絵が飾られていました。子どもたちに絵本を読む人々はこの絵を背にして物語を読むのです。

Simg_6025

子どもの図書館では小さな男の子がずっと絵本で遊んでいました。


Simg_5939

★ストックホルム市立図書館への行き方:ストックホルム中央駅からメトロに乗り、ロードマンスガータン(Rådmansgatan)駅へ。天文台のある小高い丘の公園の中に建っています。
photo by Rieko Sugihara 3.July.2013

 

3月28日(金)
言葉という木の葉のささやきを聴きにいらっしゃいませんか?
天童大人プロデュース シリーズ第1071
Projet La Voix des Poétes(詩人の聲)
「目の言葉」から「耳のコトバ」へ
木のことばを読む詩人
杉原梨江子の聲Vol.14「いのちの木と生きる」
原爆から蘇った木、東日本大震災後も立ち続ける木など、人々に生きる勇気を与えた木を詩にたくして読みます。
◆日時:2014年3月28日(金)
開場1830分 開演19
◆場所:Cache-cache d'Art(カシュカシュダ―ル)
自由が丘駅から徒歩3
◆ご予約&お問合せは公式サイトをご覧ください 
http://rieko-sugihara.com/information/2014328poetes14_Bombed%20tree.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

3月28日(金)La Voix des Poétes(詩人の聲)Vol.14「いのちの木と生きる」

Simg_5155_2
The Bombed tree in Hiroshima,photo by Rieko.S.

328日(金)東京・自由が丘のギャラリーにて、木の詩を声にのせます。木々の響きと、わたしの心の響きが、共鳴するとき、どんな響きをあなたに届けることができるでしょうか。どうぞいらしてください。

天童大人プロデュース シリーズ第1071回 
Projet La Voix des Po
étes(詩人の聲)
「目の言葉」から「耳のコトバ」へ

 
杉原梨江子の聲Vol.14「いのちの木と生きる」
今回は、原爆から蘇った木、東日本大震災の後も立ち続ける木など、人々に生きる勇気を与えている木を詩にたくして読みます。

◆日時:2014年3月28日(金)
        開場1830分/開演19
◆場所:Cache-cache dArt
      
(カシュカシュダ―ル)
    自由が丘駅南口より徒歩3分 
    https://www.facebook.com/CacheCacheDArt
◆入場料:予約2,700円 当日3,000
◆ご予約&お問合せ
・杉原梨江子 
tree@rieko-sugihara.com
・北十字舎 電話03-5982-1834FAX 03-5982-1797 
Cache-cache dArt 電話08034552111(担当:西端)
※詳細はこちらをご覧ください。
 
http://rieko-sugihara.com/information/2014328poetes14_Bombed%20tree.html
 


 

 

 

 

 

 

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

La Voix des poètes(詩人の聲) 自分の詩を声にのせるということ

Simg_4201
photo by Rieko Sugihara in Kosugemura


先週の今日、「La Voix des poètes(詩人の聲)「目の言葉」から「耳のコトバ」へ」に参加し、“聖なる樹のものがたり”を詩に託して読んできました。

いらしてくださった皆さま、ありがとうございました。

読んだ詩の中には、日本の巨樹、ご神木もいくつも含まれていました。それを写真などで紹介しながら読むとよかったかな? と反省もありますが、プロデューサーの詩人・天童大人さんからいつも「詩を読むことに徹して」と言われているので、ただただ読むことに専念しました。

このプロジェクトに参加し始めたばかりの頃、私は戸惑っていました。

芝居でもなくパフォーマンスでもなく、“肉声で自分の詩を読む”こと。それを聴いていただくこと。数多くの一流の芸術をご覧になってきた皆さまの目に、耳に、どのように伝わるだろうかと。

お客さまの中に勇気をくださる方がいらっしゃいました。「今まで経験したことのない、純粋に朗読だけの会に伺うことができ、楽しませていただきました。声はとてもよく響いていました。実際の声の素晴らしさを再認識した時間でした。」とおっしゃって、いくつかのアドバイスをくださいました。そして、私がこの活動をしていることについて、「まったく知りませんでしたので、素直に嬉しく思いました」という言葉も本当に嬉しかったです。

それから“樹のこと、樹のものがたり”が知りたくて、いらしてくださった方もいました。その夜のうちにくださった感想には「何度もウルウルとして。帰り道も。人は樹から生まれた、とか。自分は樹だったようなイメージだったり。ほんとは号泣しながら聴きたかったです() 今日の夢は樹が出てくるかもしれないです」と。

自分を信じて、樹木の世界を描いていこう、伝えていこうと思えるメッセージでした。

「目で読む詩」と「耳で聴く詩」との言葉の違いをもっと意識していきたいと思います。

戸惑っていた自分は去り、今は純粋に、声を磨き、編んだ詩を声にのせていこうと決めました。

2014年、私は“自然からの響き”とともに一年を過ごすことをテーマにしています。

次回の「La Voix des poètes―杉原梨江子の聲(こえ)」は3月28日(金)、木々からの響きを詩にたくして読んでみたいと思います。

あなたも一度、声の響きのなかへ入ってみませんか。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧